宇月田麻裕
ホリプロ所属
「自分の存在を人々の幸せに役立てたい」という
願いより、1991年に「ハッピネスファクトリー」を設立。

幼少の頃から不思議な体験を数多くする。その経験により現職を意識するようになった。
皇室関係の家庭(父親が侍従)で育ち、大学卒業後、広告業界でキャリアを重ねるかたわら、宿曜経、各東洋占術、各西洋占術などの専門的な占いを学ぶ。
ときを同じくして、チャリティコンサートにヴォーカルとして出演して、収益金を発展途上国に寄付。里親活動や保健施設などの建設にも努めた。

1991年1月27日、そのプロセスにおいて「自分の存在を人々の幸せに役立てたい」と願うようになり、ハッピネスファクトリーを設立。「世の中にあるすべての素材から人々を幸せにできる方法」を研究すべく「開運研究家」という独自の分野を確立する。

執筆活動、テレビ出演、講演活動、コンテンツプロデュース・監修など幅広い分野で活動し、恋愛、結婚、動物をテーマにしたものを多く発表。
占いの世界では、あらゆる占法をカバーしつつも、宿曜占星術や音霊姓名判断の若き第一人者として知られるようになった。
また、音楽制作、ナレーション、イラストなど、アーティストとしても活動。引き続き、ボランティア活動も積極的に行い、捨てられた動物の保護活動や犬のドッグトレーニング、寄付活動もしている。
宇月田麻裕の記事一覧