プロポーズ間近?「結婚」を考えている男性の7つの行動
結婚を考えている男性は、恋人に対していくつかサインを見せ始めることがあります。ですので男性が行動してきたら、プロポーズされるのはもう目の前だと思っていいでしょう。是非、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

真面目に貯金をし始める

結婚を考えている男性のサインで分かりやすいのは、「貯金」です。基本的に男性は、独身を続けたいと持っている場合、自分のためにしか使わないのであまりお金を貯めようとはしないことが多いのです。しかし、結婚したい女性が現れた途端、真面目に貯金をし始めたり、ある程度のお金があることを伝えてきたりします。

やはり結婚となると、結婚生活や結婚式、子育て等色々と費用がかかりますし、相手の両親にも安定しているところをアピールしたいといった思いもあるでしょう。すでに同棲していても、お金に対する考え方がシビアになってきたり節約への意識が高まってきたら、将来の結婚資金を貯めている可能性があります。

家族や友人を紹介、会いたいと言う

自分の家族や友人を恋人に紹介するようなことがあれば、プロポーズ間近だと言えるでしょう。もしくは、相手の友人や家族に会わせて欲しいと言ってくることもあります。自分から会うなんてことは、よっぽと相手のことを信頼し、長く付き合っていきたいと思える人でないと中々できない行動ですからね。

まずは相手の家族や兄弟に対して、「自分は結婚相手にふさわしい」「幸せにしてくれそう」といった好印象を残したいと思っています。ストレートに「会わせて欲しい」と言ってくることもありますが、男性側の家族に会わせるときは「実家に帰るからついてきて欲しい」などと誘ってくることもあります。

こうした言動もまた、結婚を考えている相手にしかしないものにあたります。もし誘われてあなたも同じ想いなら、相手の両親や兄弟に認められるように振る舞ってみて下さい。

将来の仕事について話す

結婚を考えている男性は、結婚したいと思える相手がいれば将来の話をします。これは逆に考えると、結婚を考えていない男性であればしない話題ということも言えるでしょう。

ですから例えば、人生プランや仕事の話、将来の希望や収入について具体的に話すのは、女性との未来を真剣に考えているからこそ。「自分には一定の稼ぎがある」「ゆくゆくはこうなりたいと思っている」など自分の内面を話すことで、結婚したい女性を安心させようとしているのです。

中には独立を考えている男性なら、今付き合っている女性が「その夢についてきてくれるか」「支えてくれそうか」などを見極めたい気持ちもあるかもしれません。将来の話は、男性にとって非常に大切なことですし、誰にでも話すことではないのでしっかり聞いてあげましょう。

子どもについての話題が上がる

将来の話をする以外にも子供についての話題が上がれば、これも結婚をかなり意識している証拠だと言えます。やはり、結婚をすれば子供の有無や子育てに関する問題はつきものですからね。

例えば、真剣な雰囲気でなくても、「将来、子供が欲しいと思うか」「知人や親戚、仕事仲間の子供について」などで意見を求められたり、話題に上がったりしたことはありませんか?他にも、「具体的に何人くらい子供が欲しいか?」という質問があったり、小さな子供に対して「かわいいね!」などと可愛がっていると、子供好きをアピールしている可能性が非常に高いですよ。

結婚したい女性と実際に結婚してから、子供の有無で意見が食い違うことはよくある話ですからね。プロポーズする前にお互いの意見をすり合わしたい思いもあるのでしょう。

同棲の提案をしてくる

同棲の理由は人それぞれですが、将来的に結婚したいから一緒に住んでおきたいと考えて始めるカップルは多いもの。だからこそ、男性の方から「一緒に住まない?」などと同性を提案されれば、少なくとも相手との結婚を考えているサインなのです。

すでに同棲中の場合は、子供ができた時用のために、今より大きな家に引っ越さないかと言ってくることもありますよ。プロポーズしてくれたらいいのにと思ってしまうかもしれませんが、やはり結婚は大きな決断。将来をきちんと考えているからこそ、同棲によってお互いの価値観をより見極めようとしているのです。

ただし、女性の家に転がり込むようにして同棲を始めるような男性には気を付けて下さい。これに関しては、男性側の金銭面が苦しくなったからだと考えられるので、結婚願望は低いと言えます。

結婚に関する情報収集をしている

男性は結婚を意識し始めると、自分なりに結婚生活についての情報収集を暗に行っていたりします。ですから、先輩や上司から結婚について語られたという話や、結婚観を女性に聞いてくるようであれば、プロポーズ間近!遠回しに「自分たちもそろそろ…」といった意識をさせようとしているのです。

他にも、男性の友人の結婚式に呼んだり、結婚に関する情報を自発的に調べ始めている様子などからも、結婚への本気度がわかります。親しい友人や家族に女性を紹介するのは、自分もまたこの相手のことを大切にしたいと思っているからこそ。男性の中ではすでにその女性は結婚したい女性であり、覚悟や決意がかなり固まっていると言えます。

好みのジュエリーブランドを聞いてくる

相手の好みのジュエリーブランドをチェックするのは、まさにプロポーズ間近の男性しかしない行動。結婚指輪はプロポーズには必要なアイテムですが、なかなか一目見た時では判断しづらいもの。女性の指のサイズや好みのブランドもあるでしょうし、へたにサプライズにすれば失敗するリスクの方が高いですからね。

基本的に男性は女性のアクセサリー事情に疎く、結婚指輪ともなるとデザインの種類も多いので、女性の気に入ったものでプロポーズを成功させたいのです。

一方、その相手と結婚したい気持ちがなければ、男性はこういった質問をして来ることは無いでしょう。「指輪=結婚」というイメージから、ここではあえてハッキリとしたプロポーズはしないものの、男性には確実な想いがあると気づいてあげて下さいね。

男性が結婚を意識する女性って?

意中の相手から結婚したいサインが送られたり、結婚相手にする言動や行動が増えてきたら嬉しいですよね。では、そんな男性が結婚を意識する女性はどんな人を指すのでしょうか?

やはり王道ではありますが、家庭的な所は外せないでしょう。加えて子供を望む男性なら、女性が子供好き・世話好きであって欲しい気持ちもあるかもしれませんね。また、一緒に連れ添うことを考えれば、一般的なマナーや常識があることや、女性にも金銭的・精神的な自立心も必要だと考える男性も少なくありません。

逆に、あまりにも生活感が無さすぎたり、非常識な行動ばかりとるのであれば、交際相手ではよくても結婚相手としては見れないでしょう。>結婚生活は二人で作っていくものなので、そもそも二人の価値観が似ているかまとめ

結婚を考えている男性は、貯金、結婚の話、友人や家族に結婚したい女性を紹介するなど、未来に向けての行動や言動が目立ち始めます。

また、プロポーズ間近では相手に対してヘタに隠そうとはせず、ストレートに結婚生活や子供、指輪の好み、同棲の提案などについて聞いてきたりするでしょう。結婚相手としてふさわしいと思われるために、もし結婚願望があるのならあなたも家庭的なところなどをアピールしてみてもいいかもしれませんね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム