「こういう意味だったの?」男性の言葉のウラに隠された本音を大暴露!
「あのときの彼の言葉はどういう意味だったのだろう……?」と考えてしまうことってありますよね。実は、男性がよく使うセリフの中にはひとつひとつ直接言えない本音が隠されているのです。今回は男性がよく使う言葉の意味を集めて、それぞれの意味を解説しているのでぜひ参考にしてみてください!

「忙しくて…」

「仕事が忙しいんだ」「バタバタしてて……」という場合は、本当に忙しい場合もありますが、それを理由にLINEの返信がないときは脈なしの可能性が高いです。なぜなら、どんなに忙しくても相手のことが好きならば、男性は時間を惜しんででも連絡するからです。行動に移さないということは相手のことをたいして好きではないということ。

また、付き合っている仲であれば、本当に忙しくて仕事やプライベートなど何か他のことに力を注いでいる場合が多いです。男性が忙しいのにLINEの返信を催促したり、さらにメッセージを送ってしまうと男性はうんざりしてしまいます。男性が忙しいのなら自分は自分で充実した生活を送るのが一番ですよ。かまってアピールはかえって逆効果となるので要注意。

「俺、昔は〇〇だったんだよね」

「俺、昔は○○だったんだよね」というのは、相手に自分のことをきちんと知ってもらいたい気持ちの表れです。話の内容が失敗談であれ、成功談であれ「自分のことをあなたに知ってもらいたい」という強い意志が隠れています。そのような話をされたときに、男性に強い関心を示してあげると会話が広がりますし、男性との距離も縮めることができます。

反対に、あなたの反応が薄いと男性はがっかりしてしまうので、もし男性に気があるのであれば、しっかりと相槌などをしてあげて下さいね。男性の話が成功談のときはたくさん褒めて、悲しい話や面白い話の場合は大きなリアクションや共感を示すのがポイントです。とにかく大きく反応をすることで、男性も「自分のことをわかってもらえてる」と嬉しくなるはずです。

「割り勘でいい?」

「割り勘でいい?」という男性の本音は「自分たちは友人関係としてフェアに付き合っていきたい」ということです。相手に対して、「恋人関係になれると期待しないでほしい」という男性側からの意思表示であり、相手を傷つけないための気遣いの言葉でもあるのです。男性におごって当たり前という考えを持っていると、男性側に非があるのではないかと感じる人もいますが、逆パターンであることが多いのです。

あなたが男性に好意を持っていて、割り勘にされたときはとりあえず今は脈ナシだと思った方が良いでしょう。男性のことを諦められないのであれば、まずは告白する前に異性として見てもらえるように努力してみることからはじめてみてください。

「また誘って」

「また誘って」という言葉は「もう一度あなたから誘ってくれたら、自分に気があると思っていいよね?」というあなたの好意を確かめようとしている時に使われがちの言葉です。「また誘って」というのはデートに誘うのが照れくさい男性や、そこまでまだ進展していない男女の会話で使われることが多いです。

「男性側から誘ってくれたらいいのに……」と思うかもしれませんが、よほど積極的な性格でない限り、男性はシャイな性格な人が多いと考えたほうがいいでしょう。男性ともっと距離を縮めたかったり、男性に好意があったりする場合は、あなたからもう一度誘ってみると恋の進展が早くなります。再び誘うのは勇気がいるかもしれませんが、恋を叶えるためだと思って誘ってみましょう。

「なんで別れちゃったの?」

「なんで別れちゃったの?」と過去の恋愛について聞いてくるのは、ずばり男性があなたに対して気がある証拠。気のない女性の過去の恋愛なんてはっきり言ってどうでもいいですし、そこをあえて聞いてくるのはあなたに好意を持っているからです。また、過去の恋愛について聞いてくる理由としては、あなたが付き合ってきた元カレのタイプが自分とどのくらいマッチするのかが知りたかったりするというものがほとんどです。

女性はSNSなどを使って相手の過去の恋愛について知ろうとする傾向にありますが、男性は女性の過去の恋愛について、ストレートに聞いてくる人の方が比較的多いです。過去の恋愛について聞かれたら、あなたに興味があると思って間違いないので、男性が希望を持てるような答えを返してあげるといいでしょう。

「付き合おう」ではなく「好きだよ」

「付き合おう」ではなく「好きだよ」という言葉を使うのは、基本的に身体目的の男性だと思った方がいいでしょう。付き合うまでの責任は持てないけれど、身体の関係は持ちたいというときに「好きだよ」と言うのです。「好きだよ」「可愛いね」と甘い言葉をたくさん言われても、「付き合おう」という決定的な言葉がなければまず脈なしと考えていいでしょう。

女性は甘い言葉をかけられるとついつい有頂天になり、周りが見えなくなりがちですが、一度冷静になって考えてみる必要があります。もしかしたら、あなた以外に本命がいたり既婚者である可能性あります。あなたも遊びならいいかもしれませんが、本気なら決定的な言葉を聞くまで身体は許さないように自分を守りましょう。

「今は誰とも付き合う気がないんだよね」

「いまは誰とも付き合う気がないんだよね」という言葉を男性と二人きりの際に言われたのであれば、あなたと付き合う気がないという証拠。もし、お酒の席で複数の女性の前がいるにもかかわらず男性がこの発言をした場合、その場にいる女性全員が恋愛対象外ということです。この発言をされたときは、自分が恋愛対象外であることを認識することが大切です。男性が別れたばかりだったり、ほかのことに夢中だったりする場合も使われがちなセリフですので覚えていてください。

そういう時は「いつになったら付き合えるのだろう……?」と深く考え込むのではなく、男性の方から振り向いてもらえるように自分磨きをしたり、新しい出会いを探したほうが何倍も有意義ですよ。

まとめ

今回は、男性の言葉の裏に隠された本音を紹介しました。「あのときの言葉はそういう意味だったのか!」とこれをきっかけ知った人もいるかもしれません。もちろんそれがすべて正しい意味である保証はありませんが、参考程度に頭に入れておくことをおすすめします。いまは脈なしであっても、これからの心がけ次第でいくらでも脈ありまで持っていくこともできます。また、その男性だけに固執するのではなく、新たな出会いを見つけようと努力してみるのもいいかもしれませんね。

画像出典:istock 

その他のおすすめコラム