【男性のタイプ別】『相性の悪い』女性の特徴6つとその『理由』
「気になる男性と、もしかして相性が悪いのではないか」と不安になったことはありませんか?実は、どれだけ美人でも、男性のタイプによっては「ムリかも…」と思われてしまうことがあるのです。そこで今回は男性のタイプ別に『相性の悪い女性の特徴』を紹介します。ぜひチェックしてくださいね。

「正統派でモテる」男性

正統派でモテる男性と相性が悪いのは「軽そうな女性」です。ここで言う軽そうな女性とは、誰のどんな誘いに対しても二つ返事で乗るような女性のことを指します。正統派でモテる男性は、何をしなくてもモテてきたという実績があるため、プライドが高く、恋人に選ぶ女性については厳しい目で精査する傾向があるのです。

こういった男性へのアプローチは、とにかく追わずに追いかけさせることが効果的です。正統派でモテる男性は基本的に追われる恋愛ばかりしてきたので、自分から追いかける恋愛をしたいと考えているところがあります。女性が追いかけてくるのは当然と思っているので、何回かに一度は断ってみる、たまに連絡を返すくらいの方が丁度いいのかもしれません。

「インドア系で優等生タイプ」の男性

インドアで優等生タイプの男性は、自分と同じような「頭脳派の女性」を苦手としています。なぜなら、そういった頭脳明晰なタイプの女性とは、どちらも引けを取らずぶつかってしまうことが多いからです。こういったタイプの男性は、地味で勉強漬けの生活を送ってきたため、自身の頭の良さにはプライドを持っています。ですので、自分よりも優秀だと思ったり、口論で負けてしまうことがあれば自尊心が傷ついてしまう可能性が高いのです。

もし、優等生タイプの男性を好きになったのならば、「すごいね」「よく知っているね」など、男性に頭の良さを褒める言葉を使ってあげると良いでしょう。特に、知識の広さや仕事の成功などについて具体的にヨイショしてみると、途端にあなたに心を開きますよ。

「いじられムードメーカー」の男性

いじられムードメーカーの男性は、ずばり「クールな女性」を苦手としてします。なぜなら、普段から笑いを取ったり、人にリアクションをされたりすることに生きがいを感じているので、反応が薄い女性に対しては扱いづらいと感じるのです。もし、気になる男性がこの手のタイプである場合、その男性が何か面白いことをした時などは、大きなリアクションを取ると喜ばれるでしょう。きっと会話も弾むはずですよ。

良いリアクションを取るのが苦手だったり、普段はクールなことの方が多い場合でも、男性のボケに大きくリアクションしたり、笑ったりすることで、「意外と親しみやすい」と感じさせることができます。無理をしすぎるのもわざとらしいですが、くすっと笑うだけでもしてあげてくださいね。

「全てにおいて極めて平均的」な男性

全てにおいて平均な男性は「モテモテタイプの女性」が苦手です。なぜなら、自分が平凡であることを自覚しているので、美人でモテるタイプの女性に対しては気後れしてしまうからす。あなたがこういった男性と付き合いたいのならば、男性の個性をうまく引き出してあげることが必要になってきますよ。「自分も意外と良いところがあるのかも」「平均的ではなく個性がある」と男性は喜んでくれるはずです。

もし、女性の方が高嶺の花タイプであれば、より一層男性を立ててあげて、自分と遜色ない男性だと気づかせましょう。平均的な男性は自己肯定感が低い部分もあるので、男性は自分に自信を持つはずですよ。

「体育会系寄り」の男性

体育会系寄りの男性は、自分と似ている「肉食系の女性」を苦手としています。なぜなら、こういった男性は基本的に女性に対する理想が高く、おしとやかで守られるものと考えていることがほとんどだからです。最初から距離感が近く、言いたいことを何でもそのまま言ってしまう女性などは、男性の持つ庇護欲を刺激することができません。ガツガツ積極的になるよりも、男性の方から来てもらうくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

体育会系寄りの男性にアプローチするには、「触ってもいい?」「見たい」と自慢の筋肉を褒めるようなアプローチがオススメ。自然とボディタッチもできますし、男性側もあなたの事を女性として意識してくれますよ。

「個性派アーティストタイプ」の男性

アーティストタイプの男性は、「自立していない女性」「かまってアピールが激しい女性」を苦手としています。個性派男性は自分の世界を持っていることが多く、そこに対して依存されたり束縛されることを嫌います。また、アーティストタイプの男性は、「自分のこだわりを否定されたくない」という気持ちがある上、自分の意見を持たない人を苦手とする傾向があります。

反対に、知らないことに対しても興味を持って取り組める人や、自分の軸がぶれない人には尊敬の念を抱く傾向があります。ですから、相手に合わせすぎるのではなく、自分の考えをしっかりと主張することが大切。「この人と仲良くなりたいな」「もっと話してみたい」と思ってくれるはずです。

「好きな女性のタイプ」でわかる男性心理①

「しっかりした女性」「自立した女性」を好みとする男性は依存されたり、束縛されたりすることを嫌う傾向があります。自分の感情は自分で処理できるような女性が好みなので、理由なく感情をぶつけるような女性は避けがち。「明るい」「元気な女性」がタイプの男性は、その男性自身が甘えたがりの性格であることが多いです。男性自身がクールで、自分とは違うタイプに惹かれているということもあるでしょう。

「優しい女性」がタイプの場合、過去の恋愛に対してトラウマがあったり、女性というものに対して不信感を抱いていることがあります。誤解を解いてあげる、私はあなたの事を攻撃しないよということを強調するところから始める必要があります。

「好きな女性のタイプ」でわかる男性心理②

「好きになった子がタイプ」という男性の多くは恋愛経験が豊富である可能性が高いです。また、その男性自身がモテる、遊び人であったりすることもあるでしょう。好きになった子がタイプというのは、今まで色々な女性を見てき多証拠。また、ストライクゾーンが広く、誰でも恋愛対象になることをアピールしている場合もあります。

また、「自分を好きになってくれた子が好き」というタイプの男性は、自己愛が強かったり、愛されたいという願望があったりします。追う恋愛より追われる恋愛を好む傾向にあるでしょうね。この手の男性に対しては、愛されている実感を持たせてあげる事で、一気に距離が縮まるでしょう。

まとめ

男性のタイプ別に、相性に悪い女性の特徴を紹介しました。気になる男性の攻略法を知りたいのなら、まずは相手の男性がどんなタイプかを知ることが大切です。そうすれば、攻略法やどのようなタイプの女性が好みなのかがなんとなく掴めてきます。あとは、その男性に嫌われないようにアピールをしてみてください。他のライバルには無い、あなたの魅力が伝わるといいですね!

画像出典:istock 

その他のおすすめコラム