男性が思う「育ちの悪い女性」の特徴&改善方法
男性が「育ちの悪そうな女性だな…」と判断してしまったら、恋愛対象からは外されてしまいます。気になる男性には、やっぱり好印象を与えたいですよね!
今回は、男性が思う「育ちの悪い女性」の特徴、デメリット&改善点についてご紹介します。

食事のマナーがなっていない

育ちの良し悪しというものを、「食事のマナー」で判断する男性は多いと言えるでしょう。デートでは特に食事をする機会も多いですし、そういったところで急に気持ちが冷めてしまうなんてことも充分あり得るのです。お箸の使い方や、食器に手を添える所作ができているかなど、意外と細かい部分も見られているので気を付けておきましょう。お箸で突き刺して物を食べたり、間違った握り方をしていたり、お箸で人を指すようなことはNGですよ。

また、「食べ残し」や「店員さんへの態度」「酒癖の悪さ」まで、男性は食事をする際の雰囲気や態度もチェックしています。美しいマナーだけでなく、さりげない気遣いやどんな人にも丁寧に接することも忘れないようにしたいところですね。

言葉遣いが悪い

言葉遣いの悪い女性というのは、それだけで「育ちが悪そう…」と思われてしまいます。なぜなら言葉遣いは、その人の本性や育ってきた環境を映し出す鏡のようなものだからです。無意識に発した言葉によって、「下品な女性」「教養がない女性」だと思われてしまうのです。
一度、そういった女性だと判断されると、「性格も悪いのでは?」「攻撃的な人なのかな」といった悪いイメージに繋がりやすく、徐々に距離をとられてしまうことも…。

言葉遣いは、仕事中はもちろん、感情的になった時やふとした時にでやすいもの。いつも品の良い女性は、女友達との会話ですら丁寧な言葉を使います。好印象に繋げるためには、「日頃から本を読んで語彙力を磨く」「つねに柔らかい言葉を使うように意識する」などして、美しい日本語を身に着けておきたいですね。

悪口・ワガママが多い

悪口やワガママが多い女性も、男性からはイメージダウンになりやすいですよ。性格の悪い人は、いつも人の悪い面ばかり探したり、不平不満ばかり言います。その場にいない人の噂話ばかりしたり、「だからダメなのよ」といった、環境に対する文句ばかり言う人というのは、周囲にとっても悪影響ですし、幼稚なイメージを与えてしまいます。

さらに、「自分さえよければいい」のような自己中心的な言動もまた、大人になり切れていないと判断されるきっかけとなるので、言葉だけでなく自身の行動にも気をつけましょう。性格的な部分というのは、自覚がなければなかなか改善されません。もしどうすればいいか分からないといった場合は、周囲で性格美人な女性の真似などをするのがオススメですよ!

社会的な常識に欠ける

育ちの悪い女性の特徴の一つに、社会的な常識に欠けることも含まれます。こういった女性は、自分の非常識さに気付くこと自体ありませんし、その行動を恥ずかしいとも感じません。例えば、「静かな場所や職場で大きな声で騒ぐ」「どこでも構わず喫煙をする」「ゴミのポイ捨て」など、周囲の迷惑を考えないといったものが挙げられます。

こういった他人の迷惑になる言動は、恋愛対象はおろか、人としての信頼問題にも繋がります。育ちが悪いと思われないためには、最低限のマナーを持つことと、周りの空気を読めた行動ができているかを常に客観視すること。思い当たる行動があれば、今日から直すように努力しましょう。

他にはこんな特徴も!

育ちが悪いと男性が判断する女性の特徴は、まだまだあります。例えば、「物を雑に扱っている姿」は、男性からガサツに見えてしまいます。物を投げるように置いたり、ゴミを投げ捨てたり、一つ一つの行動にいちいち大きな音が伴ったりしていませんか?こうした女性らしさに欠けるものも、「品のない人」として評価されてしまうので注意してください。

他には、足を開いて座ったり、姿勢が悪くだらしない姿なども男性からのイメージダウンに…。癖や習慣で身についてしまったら、直すのに苦労してしまいます。
もし現在、自覚があれば、早期に直しておきましょう。日常的にやっている行動というのは、注意していてもふとした時に出てしまうので、日頃から女性らしい振る舞いを意識するのがベストですよ。

「育ちが悪い」と思われることのデメリットって?

育ちの悪い女性だと思われると、男性からだけでなく同性からも距離を取られる可能性があります。職場で礼儀や常識から外れた態度ばかりとっていると、「トラブルに巻き込まれるかも…」と周囲は次第に近づかなくなります。恋愛では、結婚相手として考えてもらえない、それ以前に付き合ってもらえないなどのデメリットも!

非常識な人だと思われた瞬間、途端に信頼を得られなくなりますし、仕事では出世やキャリアアップも難しくなるでしょう。「職場でほどよく良好な関係を築きたい」「なるべく好印象を残したい」といった場合は、やはり基本的な礼儀やマナーを身に着ける必要があります。誰が見ても気持ちの良い態度で接することが出来るよう、日頃から悪い癖や習慣を無くす努力をしたいですね。

「育ちが悪い」と思われないために①

自分の欠点や悪い習慣は、自分では気が付きにくいもの。ですので、マナーや礼儀を注意してくれる人の意見を素直に聞いて、受け入れる姿勢が大事ですよ。無意識にしていることや自分では気にならないと思っていることでも、周囲からは不愉快にとられていることもありますからね。まずは、悪い部分を自覚して、直していきましょう。

また、食事作法や挨拶などは自分でも気を付けられるポイント。言葉遣いなども、普段からなるべく丁寧で優しい言葉を選ぶようにすると、自然と身に付くようになります。大人になると指摘してくれる人も少なくなるので、貴重な存在だと思って。第三者の意見をしっかり取り入れることで、改善できるといいですね。

「育ちが悪い」と思われないために②

育ちが悪い女性だと思われないためには、一般教養を習得しておくことが大事。例えば、「本を読む」「セミナーに通う」といった、外部から大人の基本的な知識を得るのも一つの手段です。普段の自分を知らない相手から意見をもらうことで、今後会う初対面の相手にも好印象を残せます。

さらに、お手本となるロールモデルや、周囲に居る育ちが良さそうな人の特徴を真似するのも効果的!人の良い部分はどんどん真似をして、上品な女性になる努力をしましょう。ただし、自身がマナーに詳しくなっても、それを周囲に強要したり偉そうに指摘することはNG。かえってそういった行動がマイナスイメージになってしまいますからね。

まとめ

育ちの悪い女性だと思われてしまうと、男性からは恋愛対象から外されてしまいますし、さらに同性にも仕事で距離を取られるといったデメリットがあります。常識を疑われる人物にならないためには、大人としてのルールを守り、正しい礼儀や作法を身に着けましょう。

第三者の意見は貴重なものですし、指摘されたことは素直に受け止めて直すのがベスト!好印象な女性は、その後の関係も進めやすくなりますよ。言葉遣い一つ、行動一つでも丁寧さを忘れないようにしたいですね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム