片想い相手に「会いたい!」と思わせるための8つのテクニック
片想いでは相手との関わりを増やすことが、距離を縮める近道。だからこそ、相手にいかに「会いたい!」と思わせられるかが非常に重要になってきます。今回は、会いたくさせるためのテクニックについてご紹介します。

一緒にいる時は楽しそうに過ごす

会いたいと思わせるためにどうすればいいのか、手段に悩むところですよね。片想いで会いたいと思わせるには、一緒に過ごす時間を楽しめるような工夫が必要です。

そのためにはまず、自分が全力で楽しんでいるのをアピールする事。初めの方は緊張するかもしれませんが、話を聞きながらニコニコしているだけでも印象アップになりますよ!男性心理としては楽しそうにしている女性に、また会いたくなるものなのです。

ほかにも、落ち着いた雰囲気や一緒にいることで癒しや心地よさを与えられれば、男性の方から会いたいと言ってくるかもしれません。相槌を打って相手に共感したり質問するなど、会話のキャッチボールも必須。相手のノリに合わせてあげて下さいね。

女性らしさを磨いておく

男性から恋愛対象として会いたいと思わせるには、女性らしさが必須。女性らしさとは例えば、「言葉遣いがキレイ」「清潔感がある」「誰とでも平等に接する」「気遣いができる」「常識やマナーがしっかりしている」といった特徴を持つこと。

また第一印象向上のために、外見を磨くことも忘れてはいけません。男性は視覚で恋愛を楽しむ傾向にあるので、清潔感やきちんとしたヘアー&メイクでいることを心がけて下さい。

さらに、片想いの男性の好みが分かっていれば、それに近づくことで自然と本命男性が会いたくなる女性になれます。自発的に会いたいと感じる女性は、男性にとって特別な存在。女性らしさに欠けている女性はただの友達としてしか見られませんよ。

あえて全てを明かさないようにする

人間の心理には、未完成のモノに惹かれやすいというものがあります。この心理は、「ツァイルガルニク効果」と呼ばれているのですが、男性心理もどこか神秘的でミステリアスな女性に男性心理は惹きつけられ、会いたいと感じるのです。

こういった女性の特徴としては、自分からプライベートな話をペラペラと話しませんし、どこか感情が分かりにくかったりもします。ちょっと気分屋なところもあるかもしれませんね。

加えて、片想いの男性にべったりするのではなく、あえて微妙に素っ気ない感じを出して、相手の「?」を誘うことも大事!実際に会った時と会わない時とのメリハリをつけて、常に気になる存在として振る舞いましょう。

素直に会いたい気持ちを伝える

片想いの相手に会いたいと思わせるには、時として素直さが必要です。基本的に男性は「会いたい!」と言う女性に対して、余程のことが無い限り悪く思う人はいません。

ですので、会っている時は、「〇〇君といると楽しい!」「もっと一緒に居られたら!」などストレートな言葉で喜びを表現すれば、男性もまたドキドキすること間違いなしです。言葉だと恥ずかしいのであれば、LINEのメッセージなどでも構いません。

男性は恋愛の駆け引きに気付かないパターンも多いので、裏表のないリアクションをすることで、「可愛いな」と思いますので、そこから恋愛関係に発展するのにはそう時間はかかりません。会う前から「会えるのが楽しみ!」とアピールすれば、男性もあなたの好意に気づくはず!

他の異性にモテていることを認識させる

男性ウケが良かったりモテている女性に対して、男性は興味を惹かれる傾向があります。なぜなら男性心理として、「複数の人からモテている=価値が高い」と考えるためです。だからこそ、独りぼっちで寂しいアピールは逆効果。

会いたいと思わせるには、あえて目の前にいない男性の名前を出して、モテていることをさりげなく伝えてみましょう。例えば、「〇〇君と一緒に行った時ね」「〇〇君がすごく面白くて」など、誘われた事実を敢えて話に盛り込めば、無意識に男性の嫉妬心や競争心が刺激されます。

「自分が一番になりたい!」という気持ちにさせられれば、もっとあなたに会って自分をアピールしたいと考えます。ただし、やりすぎると遊び好きな女性だと思われるので注意しましょう。

弱みを見せて「守りたい」と思わせる

男性から「守ってあげたい!」と気にしてもらえる存在になれば、自然な流れであなたに会いたくなるでしょう。男性は弱いものを守りたい庇護欲があるので、上手く利用できれば距離を縮めるきっかけになります。

守りたくなる女性いなるためにはまず、些細な悩みを相談することが効果的です。仕事でもプライベートでも秘密を共有することで、「女性の役に立ちたい!」と強く思います。

また、「悩みを打ち明けてくれる=自分が認められた」と感じるので、男性はその女性を離そうとはしないでしょう。相談であれば、簡単に二人きりになる理由もできますからね。さらに解決してくれたことで、感謝したり褒めるような言葉を伝えることで、「もっとずっと一緒にいたい」と思わせられますよ。

何度か断る

相手の男性から程良い興味を持ってもらい誘われるには、相手の誘いや提案を何度か断ることもポイント。例えば、定期的に誘われるのであれば、何回に一回は断るなど少しミステリアスな部分を付け加えていくと、何となくレア感が出て会いたいと感じる女性になれます。

自分の都合通りにいかなくて会えない時間が続くと、男性はますますその女性についてアレコレ考えるようになります。「いつもすんなり会えていたのに何故…?」「嫌われたのかな?」「もしかして付き合っている人がいるの?」となれば、実際に会った時にここぞとばかりに尽くしてくれることも。
反対に、男性から誘われたら二つ返事ですぐに駆け付けるような女性だと、「いつでも会える都合のいい存在」となるので要注意です。

共通の話題を作っておく

これは男女問わず言えることですが、やはり会いたくなる相手というのは、共通点が多く一緒にいて楽しい存在。だからこそ、前準備として相手の趣味や好きなモノなどをリサーチして、話題を振ってみるのも有効な手段です。

たとえ、はじめは共通点が無くても、後に自分がハマったり下調べしてノることくらいはできますよね。話が盛り上がれば、男性は「一緒にいて楽しい!」「また話したい」と思うので、片想いだったとしてもそこから恋人に発展する可能性は充分にあります。

また、教えて欲しいスタンスで良い質問を突っ込んで聞けば、男性は嬉しくなるものです。加えて、「今度詳しく教えてね!」「私もやってみようかな!」と興味ありげに伝えるられれば、デートへのきっかけになることも!

まとめ

男性から会いたいと思わせるには、こちらを意識してもらうことが第一。会話を盛り上げるテクはもちろんですが、片想いの相手の趣味や好きなモノをリサーチしておくのもオススメ。

会いたくなる女性というのは、男性にとって特別な女性。「一緒にいると楽しい!」「守ってあげたい」と思われる女性になれば、距離を近づけさせるのもあっという間!何でもオープンに話すのではなく、少しずつ小出しに自分のことを話してみましょう!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム