姓名判断|名前の画数が『36画』の人の特徴について解説!
人の名前と言うのは、その人の運気や性格を示すとされています。『総格』とは、苗字と名前全ての画数を合計したものであり、当人の生涯における運勢や人生傾向を表しています。
今回は、総格が「36画」の人について解説していきます。あなたの名前には一体どんな力が秘められているのでしょうか…?

総格「36画」の人の特徴って?

波乱万丈で浮き沈みの多い人生になりやすいです。全体的に良い運気を持ち合わせているわけではないので、自然とチャンスが来ることは期待できないのですが、自身の行動次第で運気上昇がはかれます。面倒見もよく慕われますが、お人好しな部分があるため時に相手に都合よく利用されるなど、損も引き受けてしまうことがあるでしょう。やりたいことを成し遂げる強い意志と忍耐、また冷静さを意識すると運気が上がります。

総格「36画」の人の長所

感情表現が豊かで愛嬌もあるため、周りから好かれやすいです。また、義理と人情に厚い侠客肌なため、人のために一肌脱ぐことも多いでしょう。その優しさゆえに、色々な人の苦労を背負い込んでしまうことが多いのですが、どんな障害に対しても上手く乗り越えられる一面があります。そのため、周囲の人からも大きく評価されることもあり、ますます人から好かれやすいでしょう。ただ、自分からアピールするのは少々苦手なため、リーダーというよりは補佐役が似合います。持ち前の世話焼き能力を活かすとよいでしょう。

総格「36画」の人の短所

世話好きでお人好しなところが行き過ぎて、要らない苦労をしてしまうことや、だまされやすい面があります。また、計画性に少々欠けることがあり、後先を考えずに無鉄砲な行動をしてしまいます。重要な場面でも危機感が薄いため、「なんとかなるさ」と軽率に行動し、大失敗をすることもあるでしょう。ただ本人としては落ち込むことは少なく、あまり気にしないタイプなので、きっぱり忘れて次に進む姿勢をみせます。しかし、そのような面から周囲の人を振り回してしまうこともあるでしょう。常に危機意識を持って行動をするのが得策です。

総格「36画」の人がより良い人生を歩むためには…

行き過ぎた行動を止めてくれる人を周囲におくとよいでしょう。自分のことを理解してくれる相手を見つけることが運気を下げないための方法です。また自身でも、自分の感情をコントロールする術を身に着けることや、常に注意深く行動することを心がけましょう。また、無鉄砲な行動をなくしていくために、「日記」を付けることがおすすめです。明日やることや一か月の計画を立てる習慣をつけられるようになれば、おのずと人生が良い方向へと進むでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?『姓名判断』の総格について、今回は「36画」を持つ人についてご紹介してきました。姓名判断では、苗字と名前の合計のほかにも様々な組み合わせや流派によってもまた、異なる運勢やその人の運勢を占うことができます。今では、占いサイトなどでも気軽に受けられるものもあるので、是非試してみて下さいね!

その他のおすすめコラム