【あざとい♡】男性がときめくLINEテクニック5選
意中の男性をときめかせるには「あざとさ」が必要です!あざといテクニックは、身近なLINEを使って意外と簡単にできますよ。男性心理を利用したテクニックで今日から男性をドキっとさせましょう!

女の子らしい文章・スタンプ

男性が思わずドキっとするようなLINEは、ちょっとしたテクニックを使うだけでOKです。そのためには、女性同士のLINEでやり取りするような感覚は捨てて、男性向けに特化したあざといテクニックだけに集中!まずは、女性らしい言い回しに変えてみましょう。例えば「〇〇だよね」ではなく、「〇〇だもんね!」「あのさあー」ではなく、「あのね!」というような感じです。

時々、絵文字の中からハートを使ってあざとさを出ましょう。可愛いスタンプも武器になるので、特別感を出すような可愛らしいスタンプで、女の子らしさをMAXにしてください。男性には、女の子らしさ=あざとさと捉える傾向があります。あざといLINEで罠を仕掛けましょう!

「ふたりで〇〇してみる?」

LINEで男性とのトーク中、話が盛り上がる時もありますね。趣味やイベントなど、何か共通で盛り上がれるものを見つけた時にはその空気の中で男性を誘い出してみましょう。「二人で〇〇に行ってみようか?」こんなことを突然言われると男性はドキっとします。二人だけでという点に特別感があり、かなり女の子らしくあざといテクニックになりますが、男性の反応を見られる良いチャンスです。

もし、断られてしまってもLINEなので、「冗談だよ(笑)」「言ってみただけ」と送ることもできて、便利な表現とも言えます。ただの女性友達だと思っていた男性にとって、この特別感がドキっとする瞬間に。その瞬間から、こちらを意識し始める可能性が高いのです。

グループLINEから個人LINEで連絡する

グループLINEから個人LINEに切り替えてみるのもあざといテクニックです!仕事やプライベート、学校でグループLINEを組んで雑談している場合、突然個人LINEの方へ連絡すれば男性をドキっとさせられます。相談や悩み事など、ちょっとしたことでも特別に個人LINEへ送ってみると、男性はこちらを意識し始めるのです。このテクニックは、直接男性と会話をすることが苦手な方に特におすすめ。間接的に異性と二人きりの空間ができますからね。

そこから発展して、二人で食事に行くお誘いなんかもできるかもしれません。女性から見ても突然男性から個人LINEへ連絡があったら、少なからず意識してしまいますよね。

さりげなく好意を伝える

あざとさには「さりげなさ」が含まれています。ダイレクトに「好き」と伝えるのではなく、さりげなく好意を伝えることで相手の意識をこちらへ徐々に向けさせるのです。例えば、「〇〇さんを尊敬しています!」「〇〇さんのそういうところが、格好いいと思います!」「〇〇さんの彼女がうらやましいです!」などさりげなく好意を伝えることがポイント。

「自分のことを想ってくれているのかな?」という「?」を印象づけることで、男性の心はこちらへ向くようになるのです。真剣に伝えるのではなく、少しライト&フランクな感じで伝えてみましょう。LINEで伝えると文章が残り、後にその文章を見て男性は何度も考え込むことでしょう!

「敬語+タメ語」が最強

LINEの相手と普段敬語で話をしている場合には、距離が近づいたタイミングで話し方を変えてみましょう。敬語とタメ語をミックスさせることで、男性に「!?」という気持ちが沸きます。この「!?」こそが、あざといテクニックが成功したサイン。「今までと違うのかな?」「距離が近づいたのかな?」と思わせられれば、男性がこちらを意識するようになります。

また、「今日は楽しかった!」「また〇〇したいです!」など、ストレートな表現も交えると、可愛いあざとい女子になるので、さりげなく使ってみましょう。ちなみにタメ語は、ずっと使っていると敬語を使えない失礼な女性に思われることがあります。ですので、タメ語と敬語をバランスよく、タイミングを見計らってミックスすることを忘れずに。

◆こんなスタンプもおすすめ

男性に気を持たせるLINEテクニックには「スタンプ」で攻める方法もあります。男性の心理には応援されたり、見守られたりすることを好むという性質があるので、そちらを利用しましょう。まずは、応援や男性のやる気をUPさせるようなスタンプを用意して、男性ががんばっている時などに送ってみましょう。仕事や学業の正念場などで送ると、燃える男性もいますよ。

また、ポピュラーなキャラクターのものは相手を選ばず無難です。相手の好みを把握していれば、そこから会話のキッカケにもなったりしますよね。文章内ではスタンプのハートを時々添えて、相手の反応を見てみましょう。ハートのスタンプや応援スタンプはすぐに実践できるので早速トライ!

◆合コンや初対面の人向けに送るなら

合コンや初対面の男性に自分を印象づけるには、LINEの文章に「名前」を混ぜてみましょう。例えば、「今日は楽しかったです。」を「今日は楽しかったです。〇〇より」など、名前を入れれば、相手が自分を認識しやすくなります。

また、反対に相手の名前をLINEの文章に入れることもあざとい女性として、効果的ですよ。「〇〇さんの話、おもしろかったです!」のように、名前を入れられると男性としては嬉しいものです。初対面なのに、もう覚えてくれたんだと思わせられれば、男性の気を引くきっかけになりますよ。相手との距離がぐっと近づくので、そこから一気に男性からのLINEが…ということも!名前作戦はかなり効果的なのです。

◆こんなLINEは嫌われるかも!

あざとい女性を装おうとしても失敗することもあるので、注意しましょう。例えば「今何しているの?」「返信してよ!」など、相手からの反応がないのにしつこくするLINEです。質問攻めにあうと、面倒に感じる男性も多いので、あざとさは大事ですがしつこくしないことも大切だと考えましょう。

さらに、男性の中には「仮定」の話を面倒に感じる人も。「もし〇〇だったらどうするの?」など、仮定形を頻繁に使わないようにしたいところですね。忙しい男性にLINEを送る際も、時間帯をわきまることが重要!早朝や深夜は避け、ランチタイムや仕事が終わったであろう時間にLINEをするように心がけましょう。

まとめ

女性のあざといLINEテクニックは、男性がドキっとするものばかりです。ダイレクトではなく匂わせるようなテクニックを使うことで、男性は女性を意識するようになるので毎日少しずつ使ってみましょう。応援メッセージの他にも、男性を労わるようなLINEも有効的です。「体調には気を付けて下さいね!」「お疲れ様です!」など、男性の心をくすぐるようなLINEも盛り込んでみましょう。そのあざとさに男性はイチコロです!

その他のおすすめコラム