“心理学”から解説!男性の「癖」からわかる隠された本音とは?
鼻や耳を触っていたり、眉間にシワを寄せていたり……気になる男子の「癖」ってありますよね。実はその癖には男性の本音が隠されているのです。そこで今回は心理学的な観点から男性の癖に隠された本心について解説していきます。

頭や髪の毛を触る

頭や髪の毛を触る男性心理として「甘えたい気持ちを抑えようとする」「緊張を和らげようとする」「退屈を紛らわせるためにストレスを緩和しようとしている」ものがあります。あなたといるときに頭や髪の毛を触るのは、もしかしたら少し緊張しているのかもしれませんね。

また、幼い頃に頭をよく撫でられていた過去があった場合、自分に触れることで安心させるために慰めようとしていることがあります。前髪をいじる場合は「自分をよく見せたい」「自分の顔に意識を向けたい」などという少しナルシストな側面がある可能性があります。あなたに自分をかっこよく見せたいという気持ちで前髪を触ってしまうのでしょうね。

口に手を当てる

口に手を当てる男性は何かしらの嘘をついたり、言いたくないことや隠し事をしているのかもしれません。なぜなら、口に手を当てるのは口の動きや言葉を隠すという働きがあるからです。男性と話している時に口を隠すような素振りがあれば、もしかしたらあなたに隠したいことがあるかもしれません。

一方で、自分に自信がないときに口に手を当てることもあります。異性と接するときの緊張によって口に手を当ててしまうのです。口に手を当てているときに、嘘をついているのか、自分に自信がないだけかを判断するためにはその時の話題や状況で判断するしかないでしょう。また会話の頻度からもわかることがあります。普段から話す機会が多いと隠しごと、話す機会が少ないと男性側がシャイなだけということもありますね。

眉間にしわを寄せる

眉間にシワを寄せる男性は何かに困っていたり悩んでいたり、集中していたりしていることが多いです。そしてそういった男性といるときはできるだけそっとしておくのが一番です。悩んでいるときや集中したいときに話しかけてしまうと、男性の機嫌を損ねてしまう場合があるからです。特に、男性が仕事などに集中したいときに話しかけてしまうとかえって鬱陶しいと思われてしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。

また、稀に自分を渋く見せたいと思って眉間にシワを寄せる男性がいます。そういう男性はナルシストな場合が多いです。男性の前後の状況やおかれている立場などを考えて判断してみるといいでしょう。

爪を噛む

爪を噛む男性は基本的に不安やストレスを感じていたり、自信を失くしている場合が多いです。そもそも爪を噛む男性は基本的に神経質である場合が多いです。小さいころに爪を噛む癖は誰にでもありがちな癖ですが、大人になっても続いている場合は、束縛やわがままなことを要求されることもありますので気をつけるようにしましょう。

お付き合いする上で気を付けた方が良い点として、神経質な男性が何を考えているかよく観察する必要があります。爪を噛む男性はちょっとしたことでもストレスを感じやすいところがあるので、もしかしたら少し窮屈な付き合いになってしまうかもしれません。それでもその男性を好きならば、そこも含めて大きな心で受け止めてあげてください。

顎をさする

顎をさする時の男性心理としては、「自分のほうが立場が上」だと思っている場合が多いです。こういったタイプは、比較的プライドが高く自信過剰な男性も顎をさする人が多い傾向にあります。そして、このような男性は常に自分に自信を持っているので、相手の話を聞こうとしない場合があります。相手がどんなに正しいことを言っていても自分の考えが一番正しいと思う傾向があるので、仕事上や話し合いの場においてこちらの話を聞いてもらうのに一苦労するかもしれません。

また、相手が自分の思う通りの言動を取ったことに対して、納得したり満足したりするときも顎をさする場合が多いです。さらに、相手を見下したり説教したりするときに顎をさする男性もいます。

鼻を触る

鼻を触る男性心理として、基本的に自分に自信がないことが挙げられます。不安やストレスを感じているときに、鼻を触ることが多いのです。また、何かを隠していたり反論におびえている可能性もあります。このような男性は気が小さいので、大胆な行動に出ることができません。恋愛面でも自分からアプローチすることができず受け身になってしまいがちです。

もし、身近な男性の中に鼻を触る癖のある男性がいて、お付き合いしたいのであればこちらから積極的にアプローチする必要があるでしょう。なお、鼻の「下」を触る男性は照れ隠しである場合が多いです。褒められたときや相手にアプローチするときなどに鼻の下を触ることがあります。

ネクタイに触れる

ネクタイに触れたり締めなおそうとしている男性心理として、緊張をなだめたり気を引き締めようとしているものがあります。大事な会議の前などにネクタイを無意識に締めなおそうとしている男性がいますよね。それは気を引き締めようとしているのです。もし、あなたの前でネクタイを締めなおそうとしているのであれば、気を引き締めてあなたに接しようとしているのかもしれません。

また、反対にネクタイを緩めようとしているのであれば、リラックスしている証拠です。あなたの前でネクタイを緩めるのであれば、あなたに対して安心感を覚えているサイン。なお、気を引き締める仕草としては腕まくりをするのも、物事に積極的に取り組もうとしている気持ちの表れから来ているものです。

耳を触る

人は柔らかいものに触ると安心できるため、孤独や不安を感じているときの代償行為として耳を触っている場合が多いです。また、会話の最中に耳を触るのは「これ以上話を聞きたくない」という心理が働いている場合があります。あなたが話している最中に耳を触るのは、もしかしたらあなたが相手にとって耳の痛くなるような話をしていたり、あなたの話に飽きを感じているのかもしれません。

男性がこのような態度を取ってきたのであれば、しつこくはなさそうとはせず、一旦早めに話を切り上げるといいでしょう。その方が相手との関係もギクシャクしにくくなります。なお、緊張している時に耳を触る男性もいます。耳の温度の高さを確かめることによって冷静になろうとしているのです。

まとめ

心理学の観点から、男性の癖からわかる隠された本音を解説しました。「もしかしたら、あのときはこう感じていたのでは?」と心当たりがあった人もいるでしょう。それがネガティブな心理であると悲しい気持ちになってしまう人もいるかもしれません。けれども、本音を知ることによって、これから改善していける部分もあるはずです。今回の記事があなたの役に立つことを願っています。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム