気になる人に「好きバレ」してしまった時の影響&対処法
好きな人に気持ちを隠していたのに、『好きバレ』しているかも!?と心配になることもありますよね。気になる人に好きな事がバレてしまうと、具体的にどんな影響が出るのでしょうか?ここでは、対処法や脈アリ脈ナシのサインの見極め方についてご紹介します。

「好きバレ」する原因って?

好きバレしてしまうの原因には、『仲の良い友人に打ち明けたこと』がきっかけになって広まったというパターンがほとんどです。そこから噂が広まり、本人にまで伝わってしまうことは珍しくありません。また、友人が気を利かせて、『仲介しようとした行為』がきっかけとなり好きバレに繋がるケースも。

自分発信だと、気になる人を無意識に見つめていたり、『いつもと違った行動に出てしまう』ことも好きバレの原因になります。いつもと違うことに気が付いた第三者から指摘されたり、気になる人が好意を察してしまうなんてこともありますからね。気になる人とそうでない人との対応は、自分では気が付かない部分で違いが出てくるものなのです。

「好きバレ」のメリット

好きバレはその後の二人の関係に大きく影響を与えます。『良い方向に進むケース』であれば、相手側が早い段階で自分を意識するようになります。意識していくうちに段々それが好意に変わってくる可能性もあります。さらに、周囲の協力もあれば、会話や一緒に行動する機会も増えるのでそこはメリットになりますね。この時に、相手の反応を見極められれば告白しやすいですし、もしかしたら相手の方から告白されるなんてこともあるかもしれません。

好きバレした後の相手の反応次第では、告白を止めておくことも可能。告白をしてフラれる前にある程度の気持ちを整理できるので、どっちつかずのようなモヤモヤした気持ちは続きません。まずは、意識してもらうことが重要なのです。

「好きバレ」のデメリット

好きバレの影響で『良くないケース』が、相手の気持ちが分からずに過ごさなければいけないことです。当人や周囲に自分の気持ちはバレてしまうのですが、肝心の相手の気持ちは中々ハッキリとしないことが多くあります。その間は自分の好意が一方的に伝わる事に対して、シンプルに恥ずかしくなって気まずい…というデメリットがあるでしょう。

また、思わぬライバルが出現して先に告白されるパターンもあります。好きバレで脈アリか脈ナシか分からぬうちに、ライバルに取られてしまうとなると非常に悔しいものですよね。周囲からの目線もそうですが、何より自分自身が二人きりになった時などに気軽に話しづらくなるというのもかなりじれったい状態です。

女性の好意に気付いた男性のホンネって?

好きバレした場合、男性の本音が気になりますよね。もし、男性が前から自分のことを気になっていた場合は、さらに意識してくれるので二人の関係は大きく発展するでしょう。仮に自分のことを好きではなくても、好きバレすることでこちらを意識をしてもらえますから、脈ナシから脈アリに変わる可能性もあるかもしれません。

面倒な相手やストーカーのような相手ではない限り、男性は自分のことを想ってくれていたことに対して素直に嬉しいと感じます。真面目な人の場合、周りから茶化されたりして面倒だと感じてしまう人も中にはいるでしょうが、好意に対してはストレートに受け取ってくれるでしょう。素っ気なく感じていても本音はかなりテンションは上がっているはず。

「好きバレ」した後の脈アリサイン①話しかけてくれる

好きバレしたその後も変わらずに接してくれたり、なんなら話す機会が増えるようなことがあれば、脈アリだと言えるでしょう。好意がなければ、普通は自分を遠ざけたり避けるものですからね。脈アリなら変わらずに接してくれるので、その態度を観察してみましょう。

また、会話の距離感が近くなったり、目が合う回数が増えればますます見込みはありますよ。そんなことがあれば、あなたも笑顔で返すなどで距離を縮めるのです。好きバレすると、その直後は気まずさや恥ずかしさでもどかしい気持ちになりますが、相手から話しかけてくれれば気持ちが前向きになりますね。できるだけ自然体で振る舞うように意識してみて下さい。

「好きバレ」した後の脈アリサイン②二人きりで会う

好きバレした後に二人きりで会う機会があれば、相手は前向きに動いてくれている証拠。好きバレがきっかけで連絡先を交換したり、何気ない会話から連絡しあうこともあるでしょう。向こうの方から2人きりになるような状況を作り出してくる、または誘うということはあなたに対して好意を示しているサインです。

二人きりの食事やデートとなれば、あなたのことを本格的に知りたいと考えているため、身だしなみや発言には気を引き締める必要があります。男性は、女性のライフスタイルや価値観を探ろうと色々と聞いてくるかもしれません。付き合う相手としてどうかを見定めている最中でもあるので、変に着飾らずにありのままの自分をアピールしてみましょう。

「好きバレ」した後の脈ナシサイン

好きバレした後に相手が発する脈ナシサインとしては、ズバリ距離を取ることです。二人の関係が今以上に発展しないよう、会話する時は友人を交えて話をしたり、何となく距離を感じるような素振りを見せられたら気がないと判断しましょう。男性としては二人で会うことは、好意があると相手に誤解を与えてしまうおそれがあるので、わざと二人きりにならないようにしています。思わせぶりなことをしないための対処法なので、こちらもその気持ちを汲み取るしかありません。

また、好きバレしているのに何事もなかったかのように振る舞ってくるのも、あまり期待できないと見た方が良いでしょう。深く関わりたくないという意思の表れなので、こちらとしてもグイグイ積極的にアピールするのは逆効果です。脈ナシと気づいた時点で、次の出会いに向けて努力することをオススメします。

「好きバレ」した時の対処法

好きバレした時の対処法についてお伝えします。まずは、本気で好きかどうかは、自分の口からは決してバラさないようにしてください。好きな気持ちは否定しなくても良いですが、本気か冗談かは相手には伝わっていません。そこを隠しておくだけでも、今後の展開は変わっていきますので好きバレしてしまった時はやってみましょう。

気になっているみたいだけど、本気かどうかは分からないようにしておけば、反対に相手の方があなたに興味を持ち始めます。そして、最終的には相手から告白される…なんていうことも十分にあり得ますので、本当の気持ちは隠しておくのがベストですよ。恋愛は男女共に同じペースで気持ちが盛り上がってこそ上手くいくので、好きバレした直後は様子を見るような気持ちでいるほうがいいのです。

まとめ

好きバレしてしまうと、恥ずかしさや気まずさで落ち込んでしまうことが多いです。しかし、好きバレしてもこちらが態度を変えなければ、相手には本気か冗談か伝わる事はありません。相手には、自分を意識させるきっかけになるので、それは良い影響だと捉えて前向きな気持ちでいましょう。もしかしたら向こうから告白してくることだってあるかもしれませんよ。好きバレを上手く利用できるといいですね!

画像出典:istock 

その他のおすすめコラム