「好きなんだけど別れよう…」彼女が好きなのに別れる男性のホンネと理由
恋愛はお互いに想っていさえいれば、続くものでしょうか?男性の中には、好きだけど別れる選択をする方もいます。「どうして好きなのに別れるの…?」と思う方も多いはず。今回は別れたい男性の本音&理由についてご紹介していきます。

嫌われることが怖い

彼女のことが大好きであるがゆえに、別れるという選択をする男性もいます。「今は楽しいけど、いつか彼女に振られたらどうしよう…」という不安感であったり、「いつか嫌われるのではないか」「嫌われたくない」と恐れているといったネガティブ思考に陥っている場合も。これは、特に自信がない男性心理にはよくあることで、「いつか別れるのなら今、自分から別れた方がマシだ」という考えが原因にあります。

また、好かれようとして素の自分を出せないからという場合もありますよ。女性に好かれようとして常に恰好つけている自分や、キープし続けなければならないことに疲れてしまうといった本音が隠されているのです。男性のみならず女性であっても、こういった不安や後ろ向きな考えはやってしまいがちですよね。

自信がなくなった

男性が女性に対して、好きだけど別れる決断をする理由には、付き合うことに自信がなくなったというものも挙げられます。女性の方がもともと、男性にとって高嶺の花だった場合には、付き合っている中でも劣等感が高まっていきます。他には、職場では男性よりも女性がリーダーだったり、女性の方が給料が高いなど、男性としてのプライドが傷ついてしまうこともあります。

さらに、彼女のことを幸せに出来るかわからないという、唐突な不安感も別れる理由に…。特に、「男の方が上」という思考の強い男性や責任感の強い男性は、急に未来を不安視することがありますよ。
また、女性が自立しすぎて、「女性から頼られていない」「自分がいなくても彼女は大丈夫かも」という考えがよぎった男性もまた、突然別れを切り出してくることがあります。

将来性がない

女性に対して将来性を見出せないからという理由によって、急に関係を断とうとしてくるケースもあります。実際に女性と付き合ってみて、「恋人としては楽しいけれど将来のパートナーとして相応しくない」と判断すると、結婚願望のある男性は何の前触れもなく別れを提案します。特に、周囲の結婚ラッシュなどで焦りを感じている男性ほど、こうした理由で別れることは珍しくないでしょう。

結婚すると仕事や家事の両立など、様々な問題やトラブルがあります。そんな困難を一緒に乗り越えられないと判断すれば、やはり他の女性に目を向けたくなってしまうのです。そもそも2人の結婚観や価値観のズレから、好きでもやむを得ず別れる男性もいるでしょう。お互いの結婚に対する考え方が合って初めて、未来を見据えた長続きするカップルとなりうるのです。

物理的に離れてしまった

好きだけど物理的に距離が離れてしまったために、なんとなく別れようと思う男性も少なくないでしょう。特に、遠距離やお互いの忙しさで会えないと、どうしても寂しさが募ります。そのうち、「付き合っていても意味がないんじゃないか」という考えに変わり、別れたい気持ちになることがありますよ。
最初は「早く会いたいな」という気持ちですが、徐々に不安や今後の心配など、目に見えない様々な問題が押し寄せてきます。そして中には、物理的に離れてしまったが故に、これ以上愛情を示すことができないと判断して、好きなのに別れると決める人も。

他には、男性が自分の夢を叶えるために、恋愛自体を避けようと別れるケースもありますよ。「彼女に負担をかけたくない、」「将来を不安にさせたくない」といった男性側の優しさの一つとも捉えられます。

他の女性も見てみたくなった

男性が好きなのに別れると言い出す心理の裏には、実は他の女性も見てみたくなったという理由も隠されています。このようなタイプは、元々モテる男性や社会人になってからモテ始めた男性に多いですよ。恋愛経験の乏しかった過去から、自信を持った自分に変化することで、人間性が変わることも少なくないですよ。もちろん、付き合っている今の彼女が嫌いになったわけではありません。

しかし、男性の心の中では「彼女よりもっと素敵な女性がいるのではないか」「自分ならもっと高嶺の花のような女性でも通用する!」という根拠もない自信が芽生えてきているのです。特に、金銭面で余裕が出来た男性は、より恋愛経験を積みたいと遊ぼうと思ってしまうので、好きだけどあえて別れるような行動をとってしまう傾向に。

「好きだけど別れる」男性心理って?

好きだけど別れてしまう男性心理において最大の理由は、『付き合っている彼女が自分の一番ではない』と判断したため。こうした感情になる男性の多くは、環境の変化や周囲の変化で、気持ちにも余裕が出来始めた頃によく起きがちです。他にも気になる女性が現れたために、別れたいと思い始めることもありますよ。

また、こういった女性関係だけでなく、『プライベートや仕事をもっと充実させたい』『恋人に縛られたくない』という思いで別れるケースも…。付き合っていても、男性は生活の中の優先順位を常に変えます。そして、何が優先か分からなくなれば、一旦別れて冷静な自分を取り戻したくなります。中には、その理由が明確でないこともあるので、実に様々な理由が背景にありますよ。

「別れたい」と言われた時の対処法①

「別れよう」と何の前触れもなく言ってきた男性に対して、女性は戸惑いを隠せませんよね。「好きなのに別れるってどういうこと?」と、思考が混乱しそうですが、まずは彼の言葉をしっかりと受け止めることが肝心です。「どうして?」「なぜ?」などと、男性を問い詰めたり怒りに身を任せるような真似はNGです。男性の気持ちに寄り添えず、感情的になってしまうとお互いが辛いだけですからね。

男性の穏便に別れたい気持ちを理解しようと示す女性こそが、スマートで冷静な人。「この問題は2人で修復できるものなのか」「話し合って解決できないか」「冷却期間を設けられないか」などを建設的に話し合い、決してケンカ別れにならないようにしましょう。揉め事になるような争いは、今後の二人の関係に影響してしまう可能性もありますからね。

「別れたい」と言われた時の対処法②

男性から別れたいと言われた時の対処法に、原因が自分側にあればそこを改善するという方法もあります。好きだけど別れると言われて、はじめはやはり理解出来ないことが多いです。だからこそ、理由をハッキリとさせることで直すきっかけをつくり、別れを回避するのです。男性が嫌がる癖があるなら直す、物理的な問題であれば協力して乗り越えるなど、やり方はいくらでもありますね。

もし、男性に自信がないと言われた場合は、「そんなことない」とハッキリと伝えて、具体的にどんなところが良いのかを伝えてみるのもアリです。反対に、結婚観のズレ、どちらかの浮気や不倫ならこの先に明るい未来が待っているとは言えないので、その場合は綺麗サッパリ別れるのが賢明でしょう。

まとめ

「好きだけど別れたい」と男性から告げられてしまうと、やっぱりツライもの。理由をハッキリさせて、改善出来る部分があれば改善しましょう。また、物理的な問題はルールを決めるなどして、お互いに穴を埋め合う努力も必要かもしれませんね。結果的に別れても別れなくてもとにかく感情的にならず、冷静に対応してみてくださいね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム