オバサンっぽさは控えて!「年下男性」からモテる女性の特徴
恋愛中、年下男性からモテる年上女性って、クールで出来るイメージがありますよね。しかし、真にモテる女性というのはそれだけではありません!今回は、年下男性が魅力的に感じる、年上女性の共通点についてご紹介します。是非参考にしてみて下さいね!

偉そうにしない

年下男性は、年上女性のしっかりした部分に惹かれると言われやすいですよね。つまり、姉御っぽい部分や自分を律してくれそうなところが年上女性の魅力なのでしょう。しかし、ただ偉そうにしていれば、単に嫌われる女性になってしまいます。傲慢な女性は男性のみならず女性からも苦手意識を持たれやすいので、自分勝手に振る舞うのではなく、大人としての常識を持って接したいところ。

また、年齢や立場を意識し過ぎて自虐に走るのも良くありません。「私はおばさんだから~」や男性に対して「かわいいね」など、わざと年上を強調するような態度も気を付けましょう。
年齢を意識し過ぎず、自然に振る舞えるのがモテるための秘訣。狙っている年下男性だけでなく、誰に対しても分け隔てなく接することを意識して行動しましょう。

ほどよい隙がある

年上女性でかつ「非の打ちどころがない」「入り込む隙がない」となれば、年下の男性にとってはあまりにもハードルが高すぎると言えます。高嶺の花すぎて、近寄れない雰囲気になってしまうのです。同僚でさえも近づこうとしないのに、年下であればなおさらなのです。

ですので、もし年下男性との距離を感じているのであれば、あえて少しドジな部分や抜けた部分を見せると良いでしょう。「意外とおっちょこちょいなんだな」「可愛いところがあるんだな」と男性側に共感や親しみが沸くと、距離は縮まります。

さらに、それによって男性の庇護欲が刺激されれば、年上女性に対して恋愛感情を持つ可能性も…。年上と聞くと、普段は頼りがいがあって良いのですが、関係を深めるのには同僚よりも不利になりがちです。
そこで少し天然なところや男性が守ってあげたくなる部分があると、一気に関係が進展しやすくなりるのです。しっかりした部分とそうでない部分のギャップを上手く調節するのがポイントですよ!

男性を立てることができる

年下男性にモテる年上女性は、男性を立てることが出来ます。男性は本来プライドが高い生き物なので、年上女性から子供扱いをされたり、弟のように可愛がられる事を好みません。年下男性だって、女性を男らしく守りたい気持ちがあるのです!ですから、年下男性に向かって「頼りない」「あなたじゃ無理」「女々しいよね」というような言葉をかけるのはNG。

反対に、「すごい!」「素敵だね」といったリスペクトの言葉や誉め言葉を使う方が、好感度は上がりますよ。たとえ部下であっても、一人の人間として評価していることを伝えられれば、カッコイイですよね。
ですので、こういった不快にとられるようなワードや態度を出さないよう、日々注意することが必要です。モテる女性は男性の扱ったらいいか、きちんと理解できているのです。

面倒見が良い

年上女性に感じる魅力は、何と言っても面倒見の良さ。仕事ではサバサバしていますが、「フォローしてくれる」「気配りが上手」「包容力がある」というような面に、惹かれることが多いでしょう。特に、周囲に気が遣える女性は、年齢関係なく様々な男性にモテるので、そこは欠かせないポイント。

また、いつも落ち着いていることも大事ですよ!不自然にあざとくならず、いざとなった時にしっかりした判断が出来る女性はビジネスにおいても頼られますし、異性としても魅力的に映ります。加えて、時には甘え上手な部分を敢えて見せると効果的。可愛らしい反応を見せるなど、いつもとは違った面を見せれば、恋愛対象として意識し始めたりすることもあるかもしれません。

見た目や考え方に若々しさがある

見た目や考え方に若々しさがあることも外せないポイント。大人の色気や余裕を感じられる女性は恋愛対象になりやすく、何かと注目もされやすいですからね。しかし見た目においては、ただ単に若者向けの身なりをするという意味ではないので要注意。年相応ながらも、肌や髪に若々しさを感じられるという意味です。

また、見た目以外には雰囲気や動作・考え方など、様々なシーンでいい意味で若さを感じられるかどうかも重要です。ですので、あえて若い人に交じって行動してみたり、部下の意見を積極的に聞いてみたりするといいかもしれませんね。
「もうおばさんだし…」「年下の意見を聞くなんて…」ではなく、いつもフレッシュ&アクティブに動き、外見も内面も若さを保てるといいですね。

年下男性から「嫌われる女性」って?①比較する

では、反対に「年下男性から嫌われる年上の女性」はどのような特徴があるのでしょうか?嫌われる女性はまず、男性のプライドを傷つける言動を無意識にする傾向にありますよ。特に、相手の立場・収入・経験など、年下であれば致し方のないコンプレックスに感じることをズケズケと言ってしまうのは良くありません。

反対に、やたらと年下男性を褒めまくる女性や、「〇〇さんは…」といった誰かと比較するような良い方もNG。仕事の力量など比べられるのは誰だって不愉快ですし、男性のプライドはズタズタに…。
さらに、「君はまだ若いから分からないかー」など、相手の年齢や経験の浅さを強調する女性も好かれません。相手にしかない能力の高さや具体性を持った言い方で、スマートに褒めてあげると良いでしょう。

年下男性から「嫌われる女性」って?②やたらとアドバイスしたがる

年上の立場を利用して何でもアドバイスしたがる女性もまた、敬遠される対象になりやすいですよ。中でも部下であれば、「もっとこうしたらいいのに…」と思ったり、言動が子供っぽく見えてしまうことも多いかもしれません。しかし、仕事以外の相手が求めていない場面で、自分の知識や経験を上から目線で言ってしまうのはかえって迷惑となります。

いくら「相手のため」と思っていても、所詮は一方通行の自己満足。年下の後輩や部下からは、「口うるさい人」「めんどくさい人」だと思われますし、これでは素敵な女性からは遠ざかってしまいます。
もし、相手が求めてきたら的確にアドバイス出来るように、いつでも余裕や知識を身につけておきましょう。自然と聞いてくるような雰囲気を持つのがベスト!

年下男性から「嫌われる女性」って?③表面的な若作り

表面的な若作りばかりしてしまっていませんか?中でも、若者に合わせようと流行語や若者言葉を使ってしまうと、「痛々しい女性」といったイメージに…。落ち着いた振る舞いが、年上の女性には求められています。

また、自分よりも年上なのに教養に欠けている言動があるのも、幻滅されてしまいます。例えば、政治や話題のニュースに全く興味がなく、いつも芸能ニュースの話ばかり…となると、人としても尊敬できません。外見に関しては、流行よりも自分に会っているかどうかを重視するようにしましょう。一般常識に関しては、日常的にニュースをチェックするのを習慣づけると良いですよ!

まとめ

年下男性からモテる女性になるためには、自然で正しい振る舞いが出来ることが必須。無理に若者ぶるのではなく、大人としての包容力や理解力を身に着けて、相手に寄り添った対応をしましょう。時には、少し抜けていたり甘える部分を見せて、可愛らしさもアピールするとより魅力UP。嫌われる年上女性になることがないよう、普段の行動や言動から気を付けてみて下さいね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム