言わないで!男性がつい冷めてしまう女性の『言葉』5選
特に大きなトラブルなどもなかったのに、何となく男性に避けられている気がする…。そんな経験はありませんか?実は、それは普段無意識に話している、「あなたの言葉」が原因かもしれません。
では、男性の気持ちが冷める女性の言動や言葉には、どのようなものがあるでしょう?今回は、男性がガッカリしてしまう女性の言葉についてご紹介します。

攻撃的な言葉

攻撃的な言葉を使っていると、男性の心は徐々に離れていきます。例えば喧嘩をしている時などに、つい感情的になって強い言葉を使ってしまったりしていませんか?男性は基本的に何かトラブルがあった時、冷静な話し合いで問題を解決したい傾向にありますが、そういった話し合いが出来ない女性では、今後は続かないと思ってしまいます。

中でも、男性の気持ちが冷めてしまうのは、「大声で怒鳴る」「過去を掘り起こして嫌味を言う」などが挙げられますよ。言動がエスカレートしていくと、女性もまた男性に対するモラハラになってしまいます。

ですので、長続きさせたいなら「もし逆の立場だったら…?」といったことをつねに考えながら、話す時には気を付けるようにしましょう。一旦冷めてしまったらそう簡単には回復しません。

ネガティブ発言

男性の気持ちが冷める言葉には、ネガティブ発言も含まれます。ネガティブ発言というのは例えば、「パートナーの過去を否定する」「後ろ向きなことばかり言う」「いつも誰かの悪口や愚痴が多い」ことなどが挙げられますよ。

こうした発言を男性の前で続けていると、最初は心配してくれるようなことがあっても、楽しかったはずの二人の時間が男性にとって苦痛なものに変わっていくのです。また、「どうして私だけ?」のような、被害妄想的な発言も男性としては、「面倒な存在」と思われるポイントになってしまうので、注意しましょう。

どんなに優しい男性でも、マイナス発言ばかりする女性とは一緒にいたいとは思いません。自分自身も否定されたような気分になってしまう男性もいますからね。ネガティブになってしまうのは誰でもありますが、できるだけ前向きな会話を楽しむようにしましょう。

相手を信用していない言葉

相手を信用していない言葉も、男性が冷める言葉に繋がるので要注意。女性の中には、常に相手の愛情を確かめたい気持ちがあったり、時には何も起きていないのに不安を感じてしまう…といった方も多いのではないでしょうか。

しかし、こういった相手の愛情を試すような言動は、男性にとってはかなりショックなことなのです。最悪の場合、男性側が信用されていないんだなと男性が感じて、そのまま別れを切り出すなんて結果にも…。「私のこと、どう思っているの?」「私のこと嫌い?」「私と仕事どっちが大事?」などは、男性を疲れさせてしまいます。

また、「今、何をしているの?」としつこく聞くような行動も、束縛だと思われる可能性が高いので、頻繁に使わないようにしましょう。

そもそも自己主張をしない

意外に思うかもしれませんが、いつも自分の言う通りに動く女性のことを、男性が好むとは限りません。「自分の意見を言わない」「そもそも自己主張を一切しない」女性は、確かに都合のいい存在にはなりますが、いずれ愛想をつされてしまいやすいですよ。

例えば、男性から「何がいい?」「何が食べたい?」などと聞かれても、「何でもいい」と答えてしまっていませんか?何か言うとワガママだと思われるかもしれないと思って、遠慮する女性はたくさんいますが、実は男性にとっては逆効果。

始めは言い辛いかもしれませんが、ある程度付き合いが長くなれば、全て男性任せにするのではなく自分の意見もしっかり伝えることが長続きの秘訣です。主張をあまりにもしなさすぎると、男性は「裏で何か言われているかも?」と不安になります。何でも言い合える関係の方が、お互いに楽しく過ごせます。

誰かと比較するような発言

誰かと比較する言葉は、男性がイラっとするものの一つです。元カレや恋愛感情を持たない他の男性であっても、パートナーの男性と比べるような発言はご法度なので、悪気が無くても決して口に出さないように気をつけて下さいね。

よく女性は「〇〇さんの彼氏は…」「〇〇さんの旦那さんはこんな職業で、凄く給料が良いみたいなの」などといった世間話をすることがあります。しかし、こうした発言は男性の自信を低下させてしまうだけなのです。たとえ、「あなたと比べて…」のようなフレーズが無くても、「すごいよね」「かっこいい」といったものでもNG。

男性もまた、こういったことを日々言われるのかと思うと、女性に対して恋人関係や結婚生活への不安を感じてしまうのです。過度な期待をしてしまうと後々失望しやすくもなりますし、相手にプレッシャーを与えかねないので避けるようにしましょうね。

男性は女性が思っている以上に繊細!

男性というのは実はかなり繊細であり、傷つきやすい生き物。しかし、世間的にも男性は女性よりも強いイメージがあるので、女性は「多少強く言っても大丈夫だろう」と思ってしまいがちです。ですので、無意識の間にも思っている以上に男性の心を傷つけてしまっていることもしばしば。

また、男性はプライドが高いがゆえに、些細な言動にも落ち込みやすい傾向があります。特に、「相手の過去を否定する発言」「相手を見下す行為」「他の人と比べた発言」などは、男性のメンタルを簡単に壊してしまう可能性が高いのでNG!

ほかには、「学歴」「収入」「ステータス」「身長」に関する内容もまた、気にする男性は多いので避けるべきです。パートナーと長続きさせるために気を付けるポイントは、思いやりを持った言動をすること。どんな時も相手の立場に立って、自分が言われて嫌なことは言わないようにしましょう。

親しき間にも礼儀は必要

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、慣れ親しんだ関係でも一線を引くことは大事です。特に、恋人関係が長かったり、結婚生活が続いているとつい忘れがちですが、相手をリスペクトすることは忘れないようにしましょう。

男性の気持ちが冷めるのは、おもに女性から感謝やねぎらいの言葉がなくなった時です。パートナーと長続きさせるために気を付けるポイントは、相手を尊重する心と感謝を忘れないこと。つい感情的になる場面もあるでしょうが、冗談の度が過ぎたり、無意識に相手を傷つけてしまわないようにセーブして下さい。

また、「おはよう」「おやすみ」といった、基本的な挨拶も大事にしたいところ。日常会話をなくさない努力や工夫も必要不可欠ですよ。

「褒める」「頼る」のも効果的!

一緒にいる男性に対して、「褒める」「頼る」といったアクションが全くなくなると、男性の気持ちが冷めやすくなります。言葉で直接「すごいね!」などと声をかけるのも有効的ですが、両親や友人の前でさりげなく男性を持ち上げることも、男性としてはかなり嬉しい行為に繋がります。

会話の中に、「おかげで」といったフレーズを入れて、男性が頼りになることを上手に混ぜて話せば、周囲にも男性の素晴らしさを嫌味なくアピールできます。例えば、「〇〇君は料理が得意で、家事が助かる」「〇〇君は困っている時に頼りになるの」など、女性が嬉しそうに話すこともポイント。

そのように言われた男性は、恥ずかしながらも「この人のためにもっと努力しよう」とするので、モチベーションアップにモ効果的。仕事でも誰かの前で褒められると、なんだか嬉しくなりますよね!

まとめ

男性の気持ちは女性が思う以上にデリケートで、些細な女性の言動でもかなりのダメージを負ってしまいます。はじめは優しさで許してくれるかもしれませんが、一度冷めてしまうとなかなか再び盛り返すのが大変…。だからこそ、つねに相手の立場で考えて、言動に注意をしたいところです。

また、パートナーと長続きさせるためには男性を上手に立てることも大切!「褒める」「頼る」ことはもちろんですが、感謝の気持ちを忘れずに、お互いに気持ちよく日常を送れるような努力が大切です!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム