「両想い」の男女の雰囲気って?脈アリサインについても解説!
両想いになると、何となく男女間の雰囲気が変わるもの。お互いの気持ちを察することができれば、確信となり交際するのも簡単に!そこで今回は、両想いだと確信できるポイントについてご紹介します。

何かと二人でいることが多い

両想いの男女というのは、いつも一緒にいるもの。職場や学校でも二人きりになることが多かったり、あなたの周りにも「あのツーショットよく見かけるよな…」という人はいませんか?

やはり好き同士というのは、無意識で一緒に過ごす傾向にあるもの。「他の誰よりも話したい」「距離を縮めたい」「一緒にいるのが安心する」と思うからこその行動なのです。職場や学校内に限らず、付き合ってないのに行き帰りを共にしているのであれば、よりその可能性は高いでしょう。

また、両想いの雰囲気のあるあるには、直接話していなくても近い距離にいることも。これも、無意識に傍にいたいと思っている気持ちからの行動にあたります。ただし、明らかにどちらかがその状態を避けているようであれば、一方の片想いかもしれません。

お互いのプライベートをよく知っている

やたらとお互いのプライベートに詳しいこともまた、両想いである可能性が高いでしょう。仲の良い同性の友人や同僚であればあり得る話ですが、男女で個人的な話をするのはかなり珍しいことです。

普通の知り合い程度では知り得ないことを知っているのは、それだけ普段二人が密に頻繁に会話している証拠。特に、家族や共通の友人の話題で盛り上がっているのであれば、より想いあっていると言えます。そもそも、お互いに興味があったり心を開いていなければ、ここまで個人的な情報を話そうとはしませんからね。

ほかにも、「この前、○○に行ったんだって?」などと休日の予定について聞いてきたりすることもありますよ。もちろん、そんな2人の様子に周囲は何となく気づいていたりもしますよ。

周囲から茶化される

二人の仲の良さが周りから茶化されるくらいであれば、両想いであるサインだと言えるでしょう。いつも一緒にいるイメージが何となくあったり、二人が醸す独特の雰囲気は自然と周りにも伝わるもの。

周囲から「いつから付き合っているの?」「最近、仲いいよね~」「もしかしてもう付き合ってたりして」とイジられることも…。それだけラブラブに見えたり、お互いに好意があると思われるくらいの距離感であるということですね。もし周囲から茶化された時、相手が「違うよ」とハッキリ否定するのではなく、むしろまんざらでもなければ脈アリですよ。

この場合、お互いの意思確認はできており、周囲から認められるほど両想いの雰囲気は盛り上がるように…。その後も話すのであれば、相手にも牽制や自覚があると言えるでしょう。

明らかに他の人と対応が違う

両想いの男女であれば、明らかに他の人と対応が異なります。例えば、他の異性と比べて接し方が丁寧だったり、やたらと特定の相手にだけちょっかいを出したりするようなことも…。

中には、意図的に差をつけている可能性もあり、その背景には好きだからこそという以外に、相手の本心を探るためといった理由も含まれています。他にもボディタッチやアイコンタクトをしていたり、常に相手の行動を観察しているからこそ少し困った様子であれば、すぐに「大丈夫?」と声をかけにいったりもします。

この時、相手も避けたり拒んだりしないのであれば脈アリだと判断できます。両想いの雰囲気は誰にも気づかれていないと思っていても、周りからはバレバレであることがほとんどなのです。

お互いが楽しそうに会話している

両想いの男女の会話には、周囲が入り込めないくらい楽しそうな雰囲気だったり、やたらと盛り上がっていたりします。特に仕事などであれば、基本的に男女の会話はどこか事務的だったり、必要最低限といった感じがありますからね。

しかし両想いであれば会話のテンポが合っていたり、明らかに意気投合しているようなノリなのです。そんな様子は周囲から見ても、微笑ましく楽しそうに見えるもの。2人にとっても、他の男女よりも会話を楽しめている、言いたいことが何となくわかるのは相性が良いと言えますよ。

加えて話さなくても、二人が同じ空間にいたり近くにいるだけで、どちらも何となく機嫌がいいように見えるのも両想いあるある。お互いに好きな相手がいると分かると、自然とテンションやモチベーションが上がるものなのです。

両想い中に男性が出すサイン①特に気にかける

両想いになった時に男性が出す脈アリサインには、常に特定の女性を気にかけることが挙げられます。

目で追ったり優しく接することはもちろんですが、周囲と差をつけて特別扱いすることもあります。「本命だからこそ誰よりも大切にしたい」「一番頼りになる存在でありたい」という気持ちがあるのです。例えば、意中の女性が手間取っていたり、疲れていたりすると「大丈夫?」など、他の女性にはかけない言葉でフォローすることもあります。

さらに、髪を切った女性に対して「いいね!」と外見の変化を褒めたり、上司ならその女性の良さや働きぶりを他の人に伝えたりすることも。男性は両想いになるといつも上機嫌になったり、仕事ができるアピールをしたいので急にやる気を出したりします。

両想い中に男性が出すサイン②プライベートについて話す

両想いになった男女あるあるに、男性が特定の女性にのみ自分の弱い部分をさらけ出すことがあります。

普段はしっかりしているタイプの男性がこういったところ見せるのは、その女性を信頼している何よりの証拠。「もっと関係性を深めたい」「距離を縮めたい」と思うからこそ、あえてプライベートな話や相談をしてきます。二人しか知らないちょっとした秘密を打ち明けて、共有したいとすら思っている場合もあるでしょう。

また、好きなタイプや恋人の有無について聞いてくるのも、その女性と付き合いたいと思っている男性が出しがちなサイン。相手の理想になりたいですし、相手の恋愛観などを聞きたいからこそです。他にも連絡が頻繁だったり、休日の予定などを聞いてくる場合もまた、近々デートに誘おうとしている可能性がありますよ!

両想いから付き合うには…

両想いの雰囲気や相手の脈アリサインを読み取ってから付き合うと、失敗することも少なく安定したカップルになれるでしょう。もしお互いに好き同士であることを確信したら、思い切って女性から告白してみるのも一つです。なぜなら、男性のタイプの中には女性よりもシャイな人も当然いますし、奥手すぎてなかなか告白してこないことも珍しくないからです。

告白する勇気がなければ、二人でいる時間を少しずつでも増やし、「一緒にいるのが楽しい!」ということをアピールしてみましょう。「付き合ってるみたいだね?」「デートみたいだね」など、ちょっと男性がドキドキしたり意識するような言葉をたまに投げかけてみて下さい。

まとめ

周囲が認めるくらい男女が両想いの雰囲気になっていても、相手から告白や決定的なものが無ければ、何となく不安で関係性を疑ってしまいますよね。

しかし、今回ご紹介した両想いの男性が示すサインや、話している時のお互いの相性の良さなどが感じられれば、かなり脈アリだと言えるでしょう。男性が慎重派である可能性もあるためそういう時は、こちらから思い切って「好き!」と伝える勇気も必要ですよ!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム