【両片想いかも!】異性との「両想い」度チェック3選
好きな人の気持ちがハッキリとわからずに、悩んでいる方はいませんか。 相手からも好意を感じるのは、勘違いでしょうか。 今回は、そんな悩みをお持ちの方のために、、両片想いの意味、両片想いを確信する瞬間と、両想いにするための方法についてご紹介します。

そもそも「両片想い」って何?

まずは、両片想いとはどんな状態をいうのか、ご説明します。両片想いとは、両方が自分は片想いをしていると思い込んでいる状態です。実際に好きな人ができても、なかなか勇気を出してその気持ちをはっきりと相手に伝えられる人ばかりではありませんよね拒絶されるのが怖くて、本当は素直に自分の気持ちを伝えたいのにその気持ちを隠してしまう人が多いのです。

本当は素直に自分の気持ちを伝えたいので、当然その気持ちは相手に伝わりません。そうすると、相手も自信が持てずに自分の気持ちを伝えられなくなってしまいます。つまり、両片想いというのは、本当はどちらも好きなのにその事実に気づかず、お互いに自分は片想いだと誤解しているのです。

「両想い」度チェック① 目が合う回数が多い

無意識に、好意を持っている人を見つめてしまった経験はありませんか。誰しも、興味のあるものに目がいくものです。だから、よく目があうということは、それだけ相手があなたに興味を持っている証拠だと言えます。残念ながら、たまたま目が合ってしまう時もあるので、目が合ったからといってすぐに浮かれないように注意してください。一度や二度目が合っただけだと、両片想いの診断をするのは難しいです。

でも、一日に何度も目が合ってしまうとか、その日だけでなく会う度に目が合うと感じるなら、その人はあなたをとても意識している事になります。また、目が合った後に照れていたりじっと見つめてきたりするようだと、両片想いである可能性が高いでしょう。

「両想い」度チェック② 会話や連絡が途切れない

会話が盛り上がってずっと話続けたり頻繁に連絡をくれたりするのは、相手があなたに好意を持っている時が多いです。 好意を持っている相手とはなるべく接点を増やしたいし、話をしていたいと思うものだから。あなたに全く好意を感じていないとしたら、その場で話が盛り上がっても、その後頻繁に連絡しようとは思わないでしょうね。

両片想いかなと感じたら相手と会話している時の様子やどのくらいの頻度で連絡がくるかは両片想いを診断する重要は両片想いを診断する重要な要素となるので、ぜひチェックしてみてください。 会話中にあなたが黙ってしまうと、慌てて他の話題を出してくるかもしれません。相手があなたとの会話を長引かせようとしていたり、絶え間なく連絡がきていたりしたら、両片想いだと期待できます。

「両想い」度チェック③ 趣味や趣向が合う

基本的に、自分と共通点のある人に惹かれる人は多いです。なぜなら、同じものに興味がある人と一緒にいるとすごく心地が良いと感じられるから。 自分の好きなジャンルに興味を持ってもらえるとそれだけで嬉しいし、余計な気を遣わなくても楽しく会話できますね。そのため、居心地が良い相手と一緒に過ごすうちに、次第に惹かれていくというケースは意外と多いのです。両片想いかどうか診断したくなったら、ぜひ相手がどんな趣味や趣向を持っているか調べてください。

そして、あなたと共通するものが見つかったら、「私も、それ好きなんだ」と言ってみましょう。その時に相手が嬉しそうに微笑んだら、あなたとその人は両片想いである可能性はとても高まっています。

両想いになるために…

そして、両想いになるためには、頻繁にデートに誘ってみるのも必要です。例えば、「これから買い物に行こうと思うのだけど、付き合ってほしい」と頼んでみると、自然な流れでデートに誘えます。買い物の対象がその相手がよく知っている商品だったりすると、喜んで買い物に付き合ってくれるでしょうね。その後、お礼をかねて食事に誘ってみると、それがまたデートになります。

両片想いの相手なら、あなたの誘いは喜んで応じてくれるはずです。 でも、どうしても都合が悪くていけない場合もありますから、無理強いはしないように注意してください。断られても気にせず日を改めてまた誘ってみると、今度は快くデートの誘いに応じてくれる時もあるでしょう。

さいごに

両片想いであっても、大人になればなるほど素直に気持を伝えらなくなってしまいますよね。想いを伝えて断られたら気まずくなってしまうと思うと、なかなか勇気を出せないのです。両片想いの雰囲気は感じているのに、それ以上なかなか動きだせないジレンマで悩む時があります。せっかく両想いなのに、両片想いで終わってしまうのは非常に残念です。
ちょっとした工夫で両片想いを両想いに出来る時もあるので、よかったらご紹介した方法をぜひ試してみてください。