あまり人を好きにならない彼…理由は!?そんな彼を振り向かせる方法
気になる彼が発した「あまり人を好きにならない」という言葉が気にかかっていませんか?惹かれてしまったのが人を好きにならない男性だった……。人を好きにならない人を好きになったあなたに道を提示するため、人を好きにならない心理や相手を振り向かせる方法についてご紹介します。

人を好きにならない理由って?①

人を好きにならない理由として考えられることはいくつかあります。まずは「ずっと恋人がいない」場合です。心が震えるような恋心を久しく味わっていないために人を好きになる感情がさびついてしまっている可能性があります。

次に考えられる原因は「過去の恋愛のトラウマを抱えている」場合。何らかの理由から恋愛に関して心を閉ざしてしまっている可能性があります。他には「理想が高い」「ひとりでいることに慣れきっている」「自信がなく恋に臆病」などの理由から、人を好きになることを避けているのかもしれません。ここまで紹介した人を好きにならない理由を持っている男性は、恋に対してマイナスのイメージを持っています。一筋縄ではいかないでしょう。

人を好きにならない理由って?②

先に述べたのは、恋愛に対してあまり良いイメージを抱いていない「人を好きにならない理由」でした。この項目でお伝えするのは、何らかの事情から人を好きにならなかった場合についてです。

たとえば「インドア派であまりアクティブに行動しない」「仕事や生活が忙しくて恋愛している暇がない」「交友関係が深く狭いので新たな出会いがない」「異性と交流するチャンスが少ない」といった理由から、人を好きにならないということも。これらの理由から人を好きにならない男性は、あまり恋愛について極度のマイナスイメージは抱いていないでしょう。ただし「恋愛は面倒だ」という煩わしさは感じている可能性があります。そういった煩わしさを少しでも感じてしまうと恋愛を億劫だと認識し、あなたに背を向けてしまう恐れがあります。

人を好きにならない彼を振り向かせるには①

あなたが好きになった相手が、恋愛に対して何かしらの不信感を募らせているタイプであれば、彼のほうからアクションを期待することはできません。そのため、少し怖いと感じるでしょうが自分から行動を起こす必要があります。まず、「私はあなたと一緒にいると嬉しい」ということをわかりやすく相手に伝えることが大切です。「自分は異性から好かれない」と自信を喪失してしまっている男性に対しては、ちょっとしたことでも褒めて自信を持たせてみるのも良いでしょう。

ネガティブな相手の場合は「馬鹿にしてる?」とムッとされてしまう可能性もあります。しかし、そうではないことをきちんと伝えれば相手もあなたの真心に気づいてくれるでしょう。また、ちょっと連絡が途絶えても負担にならない程度に根気強く連絡を取り続けるのもポイントです。

人を好きにならない彼を振り向かせるには②

「異性との接点がない」「交友関係が狭い」といった理由から、あまり人を好きにならない男性を振り向かせるためには「いかに自分が相手にとってメリットがある人間か」をさりげなくプレゼンすると良いでしょう。たとえば、ふと寂しい気持ちになった時に傍に寄り添ったり、悩みを黙って聞いたり……。恋愛対象としてみてもらうことを意識するのではなく、「人間としてこの人が好きだな」と思ってもらえるような接し方をするのがおすすめです。

相手にとってあなたが「必要な人間」と認識もらえた時はじめて、相手はあなたを正面から見つめてくれるでしょう。恋愛から遠ざかっている相手だとしても、あなたが替えのきかない存在なのだと認識すれば対応も違ってくるはずです。

彼の心の鍵はあなたが開けるのです。彼を振り向かせて素敵な恋愛をしましょう!

あなたが惹かれている男性の心には今、鍵がかかった状態です。 その鍵はどこにあるのだろう……と必死にあたりを見渡す必要がありません。あの人の心の鍵を開けるのは「あなたの心」なのですから。あの人のことを真剣に想うあなたの気持ちは、きっと相手に届きます。閉じ込められたあの人の心。 あの人にとってあなたが良き理解者になれば、やがて内側からカチリ、と鍵は開くでしょう。「あの人はあまり人を好きにならないから……」と諦めず、自分の恋心を正直に相手へ届けましょう。