【これだけは守って!】遠距離の男性との片想いでうまくいくための秘術5選
遠距離恋愛が、難しいものだと感じているのではありませんか? さらに、遠くにいる人への片思いは見込みがないと考えたこともあるでしょう。 ここでは遠距離の男性との片思いで、うまくいくための秘術5選をご紹介いたします。

①日常的に連絡を取る

遠距離恋愛や遠くの人への片思いが難しく感じるのは、やはりその物理的な距離が原因です。 いつも側にいられる普通の関係とは違って、今相手が何をしているのかもわからないことが多いでしょう。 そんな環境に身を置いていると不安は募りますし、他に好きな人ができるのではないか…といった心配も生まれてしまいます。 このような心配を少しでも抑えるために、日常的に連絡することが重要になるでしょう。 といっても、毎晩のように電話をかけるというわけにはいきません。 メールやSNSなど、好きな時に使える連絡方法が重要になってくるのです。 近況を知らせ合ったり、他愛のない言葉を交わしたりしながら、お互いの存在を間近に感じることが大切だと考えてください。

②自分磨き

それから、自分磨きにも意欲を燃やしてください。 たとえば仕事や趣味を頑張ったり、外見的に磨きをかけたりするのです。 遠くにいる以上は無駄な行動…そんなネガティブな考えは捨てましょう。 あなたが成長すれば、それだけ遠くまで評判が届くようになりますし、相手の関心を引くきっかけにもなるでしょう。 また、どんな内容であれ自分磨きをすることで、心が強くなることも重要です。 物理的な距離がある以上は、あなたに忍耐力や不安に負けない気持ちが要求される場面は多くなります。 そういった試練を乗り越えるためにも、実力と魅力に磨きをかけることは重要なのです。 久しぶりに会った時に、「見違えたよ」などと言ってもらえるようになれたら最高です。

③寂しさや会いたい気持ちは隠さない

不安に負けない心の強さが必要だと言いましたが、寂しさや「会いたい」といった気持ちを抑え込む必要はありません。 相手の男性に直接伝えるのもいいですし、身近にいる友人などに気持ちを打ち明けるのもいいでしょう。 そうすることで、あなたが抱いている好意の強さをアピールすることができます。 相手に直接気持ちを伝えていなくても、共通の友人を通して寂しさをわかってもらえる可能性があります。 それが二人の関係を進展させるきっかけになる可能性だってあるのです。 それに、ネガティブな感情を無理に抑え込むのは、あまりいいことではありません。 普段からストレスを溜めるようになってしまうと、あなたの魅力にまで陰りが出てしまいかねないのです。

④焦らず、積極的に

「寂しい」という感情を伝えることにもつながりますが、あなたからの積極的なアプローチは、関係を進める上で重要です。 長い間顔を見ていなくても、相手に忘れられてしまうという心配はありません。 しかし、時間が経つほどに親しみが薄くなっていってしまうのは自然です。 遠距離の恋において、自己アピールや思いを伝えようとする努力は必要不可欠のものだと考えてください。 それに、相手にとってもあなたのことが見えにくいのは変わりません。 どちらかがこの関係をつなぎとめなくてはならないことは、すでに理解しているのではありませんか? そして、あなたの思いはあなた自身が叶えていく必要があるのです。 遠距離であることの不利は、みずからの努力で埋めるのが基本だと考えてください。

⑤相手にとっての理解者になる

久しぶりに会ったり、電話などでじっくり話をする機会に恵まれたりしたら、相手の理解者でいられるよう心掛けましょう。 どんなに遠くにいても、みずからに理解を示してくれる存在というのは、誰にとってもうれしいものです。 特に男性は、女性からの理解を得たいという欲求をもっています。 そのため長く話していられる時ほど、理解者であることをアピールしたほうがいいのです。 もし相手があなたのことを「理解者」として意識するようになれば、もう遠距離の不利はなくなったと考えていいでしょう。 何かに困った時、あるいは楽しいことがあった時などに、積極的に連絡してきてくれるようにもなります。 結果として、恋のチャンスも訪れやすくなるのです。

さいごに

実のところ遠距離であるという事実は、あなたが考えているほどには不利になりません。 相手との接し方に工夫を凝らし、心の結びつきを強く維持することができれば、恋への道も開けるのです。 遠距離恋愛そのものも、あなたならうまく進展させていけるでしょう。 大切なのは途中であきらめることなく、遠くにいる相手を想い続けることです。 そのためにも、恋愛に対して明るい気持ちを保たなくてはいけません。 ネガティブにならないことも、大事なのです。