「片想いの彼に想いが届かない……」気持ちが伝わらない理由とは
こんなに好きなのに、片想いが届かない……。辛いですよね。 あなたの気持ちが彼に届かないのは、もしかしたら理由があるのかもしれません。この記事では、片想いの彼に好きな気持ちが届かない理由をご紹介していきます。

想いが届かない理由1:相手が恋人関係になることに戸惑っている

片想いが届かない理由として、彼が恋人関係になることを戸惑っている可能性があります。
あなたが積極的にアプローチしているのに、全く関係が進まない!という場合、もしかしたら彼は、あなたの気持ちにはすでに気づいているかもしれません。その上で、恋人になるかどうかを迷っているんですね。
基本的に男性は女性から好意を向けてもらえたら、自分も好きになってしまうことが多いので、彼には深い事情がありそう……。
たとえばすでに恋人や好きな人がいる、という場合。あなたの気持ちには答えられないですよね。
また、職場が一緒など、恋人同士になると大変そうだと思っているときにも、今の関係のままでいたいと考えることがあります。

想いが届かない理由2:もうすでにあなたとの関係に満足している

彼はすでにあなたとの関係に満足しているせいで、片想いが届かないと感じてしまうのかも。
これは、すでに相手の男性と体の関係を持ってしまっているパターンに多いですね。男性は一度エッチしてしまうと満足するので、わざわざ恋人同士になる必要もない、と思っている可能性があります。
体の関係は続いているのに彼から告白されないせいで、セフレのようになってしまうことも……。
関係をハッキリさせるために、ある程度あなたから行動を起こす必要がありそうです。
女性としては体を許す=好きっていうことですが、男性はそうではないこともあるので、好きと言う気持ちをきちんと伝えてみてはいかがでしょうか?
そして、彼からきちんと答えをもらうまでは、もう体を許さないようにして下さいね。

想いが届かない理由3:積極性が足りていない

片想いが届かないのは、あなたが消極的だからかも。もしかして、彼に好意を悟られまいと、必死で隠しているのではないでしょうか?
冷たくしたり避けてしまったり……好意とは反対の行動を取っていないでしょうか。片想いに気づいてもらうためには、あなたの方からも好意を伝えることが大切。
「好き」と直接言わなくても、好意をわかってもらう方法はたくさんあるんですよ!
まずは彼を避けるのは止めましょう。意識しすぎるとギクシャクしてしまうかもしれませんが、そんなときでも笑顔は忘れずに。
男性は女性から笑顔を向けられると、好意を持ってくれていると思いますからね。他にも、彼の目をじっと見つめたり、恋愛の話を振ってみたりすることで、好意にも気づいてくれるでしょう。

想いが届かない理由4:相手があなたに相手にされていないと感じている

あなたが恋の駆け引きをしすぎるあまり、彼はあなたには相手にされていないと思っている可能性があります。
彼に対しては、どのようなアプローチをしているでしょうか?
例えば嫉妬してほしくて他の男性をちらつかせるような発言ばかりしていると、男慣れしてるんだな……と自信がなくなってしまうかもしれません。また、好意を隠して彼に恋愛相談などをしているのであれば、他に好きな人がいると思われても仕方がないでしょう。
「普通は追いかけてくるはずなのに!」と思ったとしても、恋愛に奥手な男性は、恋のライバルがいるだけで諦めてしまうことだってあるんですよ。そういうタイプの人に対しては、あまり他の男性の話をしないほうがいいかもしれません。

片想いの彼へ想いを届けるために

片想いが届かない……と悩んでしまう前に、あなたができることから始めてみましょう。まず、彼に対して好意をきちんと伝えること。
態度だけでは男性は気づいてくれないことが多いので、言葉でも好意をわかってもらって。「すごいね」とか「すてきだね」など褒めてあげると、好意があるんだなと思ってくれます。
また、なかなか好きが伝わらない片想いでは、落ち込んでしまうことも多いかもしれません。ただ、不安になってしまうと余計に行動が消極的になってしまうので、常にポジティブでいるようにしましょう。
思いがなかなか伝わらないからといって、追いすぎないように。片想いを成就させるためには、余裕を持って行動することが大切です。

気持ちを伝えるって難しいけど大切なことなんです!

片想いに気づいてもらうためにはあなたからも行動する必要があります。
好きと伝えて断られるのは怖いのでなかなか踏み出せないですよね。でも、好かれて嫌な気持ちになる人はいません。
相手から好意を持たれているとわかると、意識してしまう人もたくさんいます。ですから、好意を伝えるのは非常に重要なこと。「好き」と言わなくても好意を伝えられる手段はいくつもありますから、あなたができることから試してみて下さいね!