【年下男子への片想い!】成就へと導く効果的な「年上」の使い方

年下男性への片想いってアリ!?
あなたの方が年齢が上だと、アプローチするのもちょっと迷っちゃいますよね。でも、意外と年下男性とお付き合いしている女性は多いんです。
この記事では、年下男性への接し方やアピールの方法をご紹介します。

年下男子と年上女性の恋愛ってアリ!?

年下男性と年上女性の恋愛は、結論から言って「アリ」です。
「男って若い子が好きなんでしょ?」と思われがちですが、実は年上女性が好みという男性って、結構多いんですよ!
あなたの周りにも、年上女性と年下男性のカップルが必ずいるはずです。そして、お付き合いしてからも、姉さん女房は上手く行くと言われているほど相性がいいって知っていましたか?

ですから結婚を考えてのお付き合いにもピッタリ。ただ、年下男性との恋愛は、ある程度女性の方からも積極的になることが大切になってきます。男性側は年上の女性には相手にされないと思い込んでいるので、好意を持っていてもアプローチしてこない場合が多いんです。ですからあなたも勇気を出す必要が出てくるかもしれませんね。

年下男子との接し方

年下男性への効果的な接し方をお伝えしていきます。まずは、年齢差をあまり気にしないこと。確かに年下男性といると「若っ!」と思うことがありますよね。
それに、自分よりも年下の女性と比べてしまうと自身喪失しちゃうときも……。でも、年齢差を気にしすぎるのは逆効果。あまり卑屈にならず、自然体で接するようにしましょう。

また、どんなに歳が離れているからといって、若作りはしすぎないように。あなたの年齢ならではの魅力を引き出せるようになりましょう。
他にも、年上だと「頼りがいのある姿を見せなきゃ!」とつい頑張ってしまうことがありますが、たまには年下男子に頼ってみるといいかも。男性は年上であっても、女性から頼りにされると嬉しいんですよ。

年下男子から見る年上女性の魅力

年下男性から見る年上女性の魅力はいっぱい。例えば同年代の女性よりも落ち着いているから素敵だという意見があります。
同じ年代の女性のキャピキャピとした雰囲気が苦手な男性って、結構多いんですよね……。精神的にも金銭的にも自立している年上女性と大人のお付き合いをしたい人はたくさんいますよ。

また、年上って何でも受け入れてくれそうな包容力がありそうというイメージを持たれています。人生経験も豊富ですから、仕事や友人関係の悩みを相談しても良いアドバイスがもらえそうですよね。
また、恋愛に奥手な男性ほど、女性と付き合ったらどうしたらいいのかわからないので、ある程度リードしてくれる年上女性は魅力的なのかも。

必見!年下男子に効果絶大な行動

それでは年下男性に効果的なアプローチをご紹介してきますね。基本的に男性は、普段から気を張って生活しています。
ですから彼女に対しては包容力や癒しを求める傾向があるんです。ということで、年上女性ならではの魅力を最大限に発揮していきましょう!
たとえば年下男性の頭を撫でる行為。同年代にされるとビックリしてしまうかもしれませんが、年上の女性がするのはあまり不自然ではないですよね。

男性って頭を撫でられることがほとんどないので、使い方によっては非常に武器になりますよ!
他には、問題が起きても冷静に対処できる姿を見せるといいでしょう。まさに「大人の女性」という感じですよね。そして、頼りがいのあるところを見せておきながら、時には少しおっちょこちょいな面も見せてあげると効果絶大。

これは注意して!年下男子が嫌がる行動

年下男性が嫌がる行動もご紹介していきますから、無意識のうちに行わないように注意しておきましょうね。
まずは、年上だからといって偉そうにしすぎないこと。確かに年齢や人生経験などはあなたのほうが上かもしれませんが、年下男性を見下すような態度は控えましょう。男性はプライドが高い生き物なので、たまには立ててあげるようにするといいですね。

また、仕事ばかりにならないようにも注意して。
「恋愛に興味ないのかな?」と思われてしまう可能性があります。他には、年相応でない行動や外見をしているなど。今のあなたの年齢に合わせて魅力を磨くようにしましょう。
そして、一緒にいるときにも歳の差を気にしすぎて卑屈にならないように。

愛に年齢は関係ないんです!素敵な恋をしましょう!

いかがでしたでしょうか。結局のところ、年上女性が嫌いな男性はいません。
男性は彼女に対しては母性本能を求めるので、最初から大人の魅力が出せる年上女性は有利かも。ですから成就が難しいなんてことは全くないんです。
あまり不安にならずに、彼の前でも堂々としていれば必ずあなたの魅力も伝わっていくでしょう。年上女性と年下男性なら、付き合ってからもきっと上手くいきますよ。
年齢を気にせずに恋愛を楽しんでくださいね!