「好きすぎて苦しい……」あなたの気持ちを救済する対処法4選

片想いをしていると、四六時中その人のことばかり考えてしまいませんか。
自分ばかりがお相手のことを想っているのが苦しい、好きすぎて辛い気持をどうしていいかわからない…そんな時どうすればいいのかあなたの気持ちをラクにしてくれる解決策をお教えします。

好きすぎて苦しい片想いの対処法:彼の情報をシャットアウト

好きすぎて辛い、この苦しい想いから逃れるには、やはり彼のことを一旦忘れる、または考えないようにすることが一番良いでしょう。とはいっても簡単にはいきませんよね。まずは彼の情報を遮断することからはじめましょう。

彼から貰ったメールやラインのメッセージ、フェイスブックやツイッターなども見ないようにするのが一番です。どうしてもパソコンやスマホを開くと気になってしまいますから、覚悟を決めてインターネットを数日やめてみるのもいいかもしれません。
自分の趣味に没頭したり、彼のこと以外のことを考える時間をとにかく持つことが大切です。
家の中にいるとつい考えてしまいますから、外に出て体を動かして何かをするのもおすすめです。

好きすぎて苦しい片想いの対処法:友人に話してみる

信頼がおける友達に一度素直に話してみるのもいいですよ。自分の中で何度も考えているうちにどうしても思考が凝り固まってしまいます。
第三者に打ち明けてみることで新しい視点から物事が考えられるようになり、好きすぎて辛い気持ちもやわらいでいくこともあるでしょう。

友達から自分でも思いつかなかったヒントが得られたり、良いアドバイスがもらえる可能性もあります。
また恋愛ではなくても、何気ない会話をすることでも気分が紛れるでしょう。友達と素敵なカフェでお茶や食事をしながらたわいない会話をして楽しく一日を過ごしているうちに時間はいつもより早く流れていきます。
楽しくお喋りしているうちに気分は自然とリフレッシュしていますよ。

好きすぎて苦しい片想いの対処法:身体を動かして気持ちを発散させる

必死になって一つのことを考えていると脳にもストレスがかかり、思考も鈍ってきますから彼のことばかり考えていると、悪循環でさらに不安になってしまうことも…。
こんな時は体を動かすことでストレスを発散するのも手です。

天気のいい日なら軽くジョギングしたり、散歩に出るのも気持ちいいですし、また自転車でサイクリングするのも爽快感が得られて体も気分もスッキリするでしょう。
時間がなかったり、雨の日なら運動の代わりに部屋の掃除をしたり、料理をするのも効果的です。
いつもは掃除できないような細かな場所をきれいにしたり、普段は作らないような料理に挑戦すると意識がそこへ集中するので好きすぎて辛い気持ちも一時、忘れられるでしょう。

好きすぎて苦しい片想いの対処法:片想いを続ける期間を設ける

彼と両思いになれるだろうか?とか、この恋はやっぱり叶わないのかな…と、あなたの好き過ぎて辛い気持ちは不安ともしかしたら、という希望の中をいったりきたりしていると思います。
それならいっそのことこの恋愛に期間を設けてはいかがでしょうか。
いつまでに告白する、またはこの時まで彼に脈がなさそうだったら諦める、と決めれば苦しさも鎮まってくるでしょう。

ゴールを設定することで、この日までに○○に誘ってみる、プレゼントを渡す…など、計画も立てておけますし、前向きな気持ちにもなれます。
あなたのそれぞれのアクションに対する反応から彼の心の動きも目に見えるようになるので、告白するのかこのままあきらめるのかどうかも自分の中で明確になっていきますよ。

その苦しさがあなたを成長させるのですよ!

自分の方ばかりが好きすぎて辛くなる気持ちは、多くの人が経験するものですから悲観することはありません。
想いが成就するときもあれば、残念ながら叶わなかったりと、出会いや別れを繰り返しながらみんなお相手の心や恋愛について学んでいきます。

お相手に釣り合う自分になるためにメイクやファッションに気を使ったり、会話を磨いたりと、この経験は自分を変えることに繋がっていきますよ。
辛さは自分を素敵な女性に変える素になる、とポジティブに捉えましょうね。