隠された男性心理は「仕草」でわかる!彼の本音を知るポイントを伝授!

本音をどうしても知りたい相手がいるあなた。その男性の気持ちは、仕草を見れば分かります。これから見極め方をお教えしますから、早速試してみましょう。あなたへの恋愛感情はあるのかないのか、すぐに確かめられます。

好意のサイン① 顔を女性の方に向けている

お目当ての男性が自然に顔を向けている方向が確認できたら、その人が誰に好意を持っているのかについて、おおよその見当がつくのです。それを確かめるには、何人か複数で一緒になって、会話をしている時が一番。

あなたと2人きりの場合だと、変な方向を見ていたら不自然ですし、話しにくいと感じます。従って、相手があなたの方を向くのは当然ですから、あまり参考にはなりません。大勢で輪になっている時、その人がどこを向いているのか。慎重に観察してみましょう。
男性の顔の向きに注目してみて下さい。その時あなたの方に顔を傾けていたら、相手が好意を抱いているサイン。「気になる」とか「好き」といった感情が、その仕草に表れているのです。

好意のサイン② 足を大きく開いている

あなたと一緒に過ごしている時、相手の男性はどのくらい足を開いているでしょうか。立っている場所の条件にもよりますが、この仕草にも好意の感情のあるなしを読み取る、ポイントが隠されているのです。

注目すべき点は、男性の足と足の間の幅。体操をする時などに、よく「肩幅に足を開いて」と言われますが、これは体がある程度自由に動かせる基準となっています。あなたの前に立っている時、相手が足を開いている幅に注目しましょう。
小さくしか開いていなければ、それはとても緊張しているサインだと言えます。反対に幅が広いと、あなたに対して安心感を抱いている証拠。気を許してくれていますし、一緒にいるのが楽しいと、本音で感じているのです。

好意のサイン③ 椅子に深く座っていたら、それは性的欲求があるかも?

立ち姿から男性の心理を推し量る事もできますが、座っている時にも気持ちは読み取れます。椅子に腰掛けている時の姿勢には、その人の恋愛感情だけでなく、さまざまな心の状態が表れやすいのです。

たとえば 上司や取引先の人と話す場合、浅く腰掛けてしまうのは、緊張が表に出てしまうため。逆に深く座っているのなら、気持ちが落ち着いていて、居心地が良いと感じているのです。機会を見つけて、あなたも男性の座り方に注目して下さい。
さらに、この情報には興味深い続きがあります。椅子に深々と掛けている場合限定なのですが、相手の女性に対して性的な欲求を感じている可能性も。あなたへの恋愛感情だけではなく、肉体関係の脈もあるという事です。

脈なしかも?① 落ち着きがなく揺れていたら、不快感の表れ

次にご紹介するのは、脈なしのサインについて。残念な事ですが、そんな仕草を見せる男性もいます。わずかな体の動きですので、見落とさないように注意しましょう。たとえその時は上手くいかなくても、潔く一旦引いておけば、後日に恋のチャンスが訪れる場合もありますから。

男性の体が小刻みに揺れているのを確認したら、それは「救援要請」のサインです。その場に留まるのを苦痛と感じていたり、周囲に助けを求めている仕草だと言えます。
顔は笑っていたとしても、本音はそうではありません。居心地が悪いと思っている状態ですから、なるべく早く解放してあげましょう。無理強いすると、印象が悪くなるだけです。それはあなたにとって良くありません。

脈なしかも?② 足を前に投げ出していたら話に興味が無いかも?

席に座って会話中に、男性が足を投げ出す仕草をしたら、その話題には興味が持てないという事です。相手の様子をよく見て、関心を持ってくれそうな話に切り替えましょう。
また、何度も足を組み替える動作も、「面白くない」という本音の表れ。急いで気を引けそうな話題を提供するか、その日は早めに別れるようにしましょう。そうでないと、一緒にいるのは退屈だという、不本意なイメージを植えつけてしまう事になりかねません。

脈なし状態を脈ありにしたいと望むのであれば、その人が何に面白味を感じるのか、好みを調査する必要があります。近しい人なら、趣味や嗜好に詳しいのは間違いありません。情報を仕入れてから、違う日に再度トライして下さい。

さいごに

男性の仕草には、異性への恋愛感情など、その人の本音が込められています。それを正しく読み解いていけば、脈があるかどうかの判断に迷う事はありません。仮に現在は相手の気持ちを引き寄せられていないと感じても、諦めるのはいつでもできます。

本音を見極めるポイントを見直して、次の対策を考えるために役立てて下さい。そうすれば、男性の仕草が変化する可能性が高まるのです。その人の顔の方向があなたに向くよう、応援しています。