【見逃さないで!】男性が「好意を示している女性に無意識にやってしまうサイン」とは?

男性が異性に好意の気持ちを抱いている時、特徴的な態度をとる場合があります。逆に言えば、態度に表れてしまうそのサインから、相手のあなたへの感情も読み取れるのです。興味深いそれらの行動パターンをご紹介します。

目が合うと慌ててそらす

たとえば飲食店で他の席の人と目が合ってしまい、何となく気まずい気分になったという経験をした覚えはありませんか? 「何気なくそちらを見ていただけなのに」と、多くの人が戸惑いの気持ちを持つものです。でもその場合は、別に嬉しさや恥ずかしさという感情は生じません。

では、好意を寄せている異性と偶然目が合ってしまったら、男性はどんな反応を見せるのでしょうか。焦って目を逸らすというのが、男性の中では主流の答えです。なぜそうなるのかという理由は、やはり恥ずかしいから。
我を忘れてぼんやりと相手を見つめていた事実と、自分の気持ちに気づかれてしまったかもしれないという不安。その両方が重なって、見つめ続ける事ができません。

よく話しかけてくる

無意識のうちに何かをしてしまうという状況は、誰にでもあり得る事です。ですが確かに行動している瞬間は無意識でも、頭の中になかった行為を瞬時にその場でするのは、不可能としか言いようがありません。

つまり、男性が好意を持っている相手に対して頻繁にしてしまう態度は、一度は考えた事がある行動だと言えるのです。それゆえ、ある男性があなたに何度も声を掛けてくるとしたら、間違いなく好意の感情を抱いている証拠。
普段からあなたと会話をする場面を繰り返し想像していると、いつの間にかそれが「自分にとっては慣れ親しんだ行動」という心理になります。たとえ空想の中でも本人にとっては、相手の異性との大事な接触のチャンスとなるのです。

隙があればこっちを見ている

気になる人が近くにいると、どうしても目線がそちらに向かってしまう。その特徴的な動作は、特に男性に限ったものではありません。ですがその無意識のサインは、前述した「目が合う」という行動と関連しているのは明らか。

本当は、好きな女性をじっと観察していたいけれど、それを周囲に察知されるわけにはいきません。ましてその本人には、どうしても知られたくないという心理が、男性の中では働きます。
そのため、一日中でもずっと見ていたいところを、隙がある時だけで我慢するのです。その時も、周りの誰かに気取られないように、こっそり慎重に。でも対象の女性を見つめているうちに、気分が良くなっていって、他の人の様子には気づかないのです。

少し意地悪なことを言う

このサインは幼い子どもの特徴として、世間ではよく知られています。好きな子に意地悪をする。大好きなのに髪の毛を引っ張ったり、相手の持ち物に落書きをしてしまったり。流石に大人になってそんな行動をすれば、犯罪になりかねません。

そうした社会的ルールが理由となって、好意を感じている女性への悪戯は、軽減されていると言えます。ですが、男性の心理の中から、「好きな異性に意地悪な事を言ってみたい」という、根源的な気持ちがなくなったわけではありません。
成人した後も、好意を持った相手に対しては、悪戯心が自然と湧いてくるのです。なぜならそれは、その女性の気を引きたいからに他なりません。相手を困らたり、翻弄してみたいのです。

よく質問してくる

男性が無意識にする行動として、「質問が多い」というものがあります。質問回数が多い場合もありますが、質問しに来る機会が多い事も。その理由はどちらも、相手の目をその時だけでも、自分1人に向けて欲しいためです。

そういう意味では、意地悪するのと同じ分類に属する態度だと言えます。最初は「遠くから見ているだけで良い」と思っていたのが、想いが募るとだんだん欲望が激しさを増して、ついには「自分だけのものにしたい」と思うようになる男性心理。
獲得商品ではなく、それぞれ人格を形成した立派な一個人なのですから、女性にしてみれば迷惑な思考でもあります。それも頭では分かっているので、遠慮して「質問する」という口実を作るのです。

さいごに

男性の無意識にしてしまう行動パターンから、その心理をあなたと一緒に読み解いてきました。好きな相手に悪戯してみたいと思ったり、隙を見てこっそりその人を見つめてみたり。女性側からすると、そんな男性の行動は、子ども時代と変わらないように見えても仕方がありません。

でもそれが、愛すべき男性の実態なのです。あなたは大人らしく、そういった男性達を観察してみて下さい。当てはまる無意識の行動を、きっと発見できますから。