そろそえろ結婚考えてる?「付き合って1年」経ったときの”男性の本音”
一緒にいることが当たり前になっているのに、彼が今、何を考えているのか分からない……。
そんなあなたに付き合って一年の男性心理を分かりやすくお伝えします。あなたの不安をすべて解決しましょう。

【付き合って1年の男性心理】交際について

付き合って1年くらいの男性は、交際当初のドキドキした感覚はなくなっています。 交際相手に対しては愛情を持っていながらも、ときめかなくなっているでしょう。
反面、ある程度お互いの性格や嗜好も把握できてきますので、安心感を得ています。 人によっては「家族愛」に近い気持ちを持つことも…… どこでデートするか、いつ会おうか改めて考えるというよりも、交際相手の存在が生活の一部になってきている感覚です。

また、付き合いが長くなりお互いの嫌な面や欠点も見えてくるのもこの時期です。 欠点が見えていなかった交際当初のことを、懐かしく思っているかもしれません。 安定した時ほど、「恋愛よりも仕事や趣味を楽しみたい」と考え始めるのも男性心理の特徴です。

【付き合って1年の男性心理】結婚について

2人の年齢や経済状態によりますが、付き合って1年目の男性は、交際相手の存在を含めた未来を考えるようになります。 もちろん、結婚を意識する男性も出てくるでしょう。 交際当初のときめきはなくなっているものの、交際相手の長所や短所を含め、すべてを受け入れる覚悟が出てきます。

一方で、マンネリを感じ、交際を続けるかどうか悩む男性も存在するはず。 付き合った1年の男性心理としては、なんとなく交際を続けるという選択肢はなく、「結婚」か「別れ」の極端な二択となります。
環境を変えようと「同棲」するカップルもいるかもしれませんが、その先にあるのも「結婚」か「別れ」です。同棲の延長線上にあるのは、必ずしも「結婚」ではありません。

反対に付き合って1年で別れる男性の心理って?

付き合って1年ころ、出会った時のときめきを感じられなくなると、別れを考えてしまう男性もいます。
ときめきは一生続くものではなく、安心感や信頼感へと変化していくもの…… 愛の形が変わったことに気が付かず、愛は終わったと勘違いするのです。 一旦「終わり」を感じると、交際相手の良い部分まで欠点に見えてしまいます。
このような男性は、常に刺激を求める傾向があり、安定を退屈に感じるでしょう。 交際相手が自分の理想と違っただけで幻滅してしまうことも。

欲しいものは愛情ではなくて刺激ですから、そのため、結婚願望が薄いという特徴もあります。 交際相手が結婚願望を見せたとたん、他の異性に興味が移ってしまうことも多いです。

最後に

付き合って1年の男性の心は、出会った時とは大きく異なります。 女性が安心感で幸せを感じているのに対して、「愛情がなくなったのではないか」と不安に思う時期なのです。

安心感から結婚を考える男性、安定から別れを考える男性……その男性によって選択は異なります。 意外かもしれませんが、「ときめき」を感じなくなったとたん、「別れ」を考える男性も多いことを覚えておきましょう。
女性側の問題ではなく男性の特徴だと考えた方が良いでしょう。