【男性心理から読み解く】「女友達」と「恋人」の違いと「恋人」になる方法

好きな男性からどう考えても女友達としてしか見られていないという人もいるのではないでしょうか。実は女友達と恋人では大きな違いがあるのです。そこで今回は女友達と恋人との違いや恋人になれる効果的な方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもなぜ女友達と一緒にいるのか

女友達と一緒にいる男性心理として3つほど理由を述べてみましょう。一つ目は女友達を女性として意識してないことが挙げられます。女性として意識していないので、男友達と同じように接することができ、気楽に思っているのです。2つ目に実は好意を持っているけれど、なかなか告白できないという男性心理があります。これは友達として接しているけど、関係を壊したくなくて、友達を続けているパターンです。告白をして気まずくなったり、関係に亀裂が入ることを恐れていると言えるでしょう。
三つ目に共通の友達が多いので、いまさら関係を深めることができないという男性心理があります。友達は友達という認識ができているため、好意を持っていてもなかなか手を出すことができないのです。

「女友達」と「恋人」の違い①性的な魅力があるかどうか

女友達と恋人との違いに、女性にふとしたときに性的魅力を感じるかどうかということがあります。
男性は性的魅力を感じる女性を恋人に選ぶ傾向があり、性的魅力を感じない女性はただの女友達止まりになってしまう可能性があります。もし男性から恋人にしたいと思われたいのなら、服装やメイク、仕草などを工夫する必要があるでしょう。

また、男性に女性として意識させる方法としてボディタッチをすることが挙げられます。ちょっとしたときに男性にボディタッチをすることで、自分を女性として意識させることができるのです。
友達止まりで悩んでいるのなら、恥ずかしがらずに男性にボディタッチをしてみましょう。きっと女性として意識してくれるはずです。

「女友達」と「恋人」の違い②自分のカッコ悪い姿を見せられるかどうか

女友達と恋人との違いとして、男性が自分のカッコ悪い姿を見せられるかどうかということがあります。男性はカッコつけたがりですから、自分の彼女の前ではいつでもカッコ良くいたいと思っています。男性がカッコ悪い姿を見せてくるようなら、それは女友達としてしか見ていないということです。

また、男性は好きな女性とは無理に時間を作っても会おうと考えますが、女友達とはそこまでして会う必要がないと考えます。例えば仕事がどんなに忙しくても、睡眠時間が少なくなろうが好きな女性と会うことを優先させるのです。そこまでしてあなたと会おうとしないなら、友達止まりの可能性があります。男性に女性扱いしてもらえるように工夫する必要が出てくるでしょう。

「女友達」と「恋人」の違い③容姿がタイプかどうか

女友達と恋人との違いの一つに男性の好みの容姿かどうかということが挙げられます。男性は容姿が好みの女性を恋愛対象として見る傾向があります。なぜなら好みの容姿の女性といると、ドキドキしてしまうので恋愛に発展しやすいからです。
もし男性から友達としてしか見られていないようであれば、男性の好みの女性の容姿をリサーチする必要があるでしょう。男性の好みの容姿とかけ離れているのであれば、努力することも必要になります。恋を叶えるためにも、できるだけの努力はしてみましょう。髪型や体型、メイクなどであれば努力をして変えることが可能です。男性を振り向かせたいのであれば、それ相応の努力が必要になるでしょう。

「恋人」になるための効果的な方法②素直に好きな気持ちを伝える

恋人になるための効果的な方法として素直に好きな気持ちを伝える方法があります。友達としての関係を壊したくなくて、なかなか好きな気持ちを伝えられない人もいるかもしれません。ですが、勇気を出して気持ちを伝えることで、あなたを女性として見てくれる可能性があります。
また、好意を伝えることで、男性側もいままで言えなかった気持ちを話せるかもしれません。もしかしたら男性側も好意を持ってくれている可能性もあります。もしそうではなくても、男性に好意を伝えることは二人の関係を一歩進めるのにとても有効です。リスクを恐れて、ずっと友達関係でいるよりも素直に好意を伝えることが大切なのです。好意を持たれて嫌なひとはいませんから、勇気を持って伝えてみましょう。

まとめ

恋人と女友達の違いや恋人になるための効果的な方法を紹介しました。女友達としてしか見られていないというあなたはまずは男性の好みの女性をリサーチすることから始めましょう。先に述べたとおり、男性は好みの容姿の女性にときめくことが多いです。少しでも好みの容姿に近づくことによって、恋愛成就の可能性が高まります。「私は私」と考える人もいるかもしれませんが、恋を実らせたいのであれば、努力が必要なこともあるのです。