【実はこう思ってる!】「好き」と言わない男性の心理って?
「私はこんなに好きと言っているのに、あの人はどうして好きと言ってくれないんだろう…?」「気持ちが冷めてしまったのかな?」などと不安に思ったことはありませんか?実は「好き」と言わない、言えないのには男性特有の心理があるからなんです。今回は「好き」と言わない男性心理についてご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

男性は「言葉」ではなく「行動」愛情を表現する

「どうして好きって言ってくれないの?」と考えている女性は世の中に数多くいますが、それは男女にけるコミュニケーションの違いから来るものなのです。男性は、元々愛情表現をすることを苦手としており、そもそも言葉ではなく行動で愛情を示すものだと考えている場合が多いのです。具体的には相手にプレゼントを渡してみたり、スキンシップを取ったり、相手と会うために時間を積極的に作ろうとしてくれたり…。

男性としては「ここまで行動で愛情を示しているのだから、わざわざそれに加えて言葉にしなくても分かるだろう」と頭の中で思っているのです。もし、それすらもせず明らかに避けられているようであれば問題ですが、そうでなければ少なくとも浮気などといった心配は無用でしょう。

「好き」と言うのは面倒・必要を感じない

男性の中には「付き合っている」「一緒に過ごしている」時点で、安心してしまっているケースもあります。お互いが好き同士で付き合っているのだから、「好き」だと言う必要性を感じないのです。女性としてはいつでも「好き」を伝えてもらいたいと思いがちですが、そこで「どうして好きって言ってくれないの?」などと詰め寄ったりすると逆効果です。

しかし、やっぱり「好き」であることを言葉で表してほしいですよね。そんな時は、「たまには好きって言ってくれないと不安になってしまうの…」と正直に打ち明けてみたり、「いつも私のことを考えてくれてありがとうね」などと感謝の気持ちを伝えてみてから、その上で「好きって言葉も聞いてみたいな」などと甘えてみるのも効果的でしょう。

重みのある大切な言葉だから

「好き」という言葉を大切に思っているからこそ言えないパターンもあります。簡単に頻繁に言ってしまうことで言葉自体に重みを感じなくなってしまう、そんな自分のことを「軽い男」「誰にでも言ってるんでしょ?」などと相手に思われて欲しくないと思うためです。そんな男性は頻繁に言ってくれることはないですが、あなたや自分の誕生日であったり2人の記念日など何かしらのイベントがあった時に普段言えない「好き」を伝えてくれることがあります。その時はしっかりあなた自身もその言葉の重みをかみしめながら、あなたからも「好き」を伝えてみると良いでしょう。相手の真意を捉えるのがポイントです。

自分が恋愛において優位に立ちたい

恋愛において「先に惚れた方が負け」「惚れた弱み」などといった言葉があるように、先に好きになった人の方がなんとなく「弱身を握られている」イメージがありますよね。男性は基本的に負けず嫌いなので、恋愛においても女性よりも優位に立ちたいと考えています。したがって、本当は大好きだけれど「言ってしまったら負け」という感じがして、プライドのために言えない人もいるのです。あくまでも好きの気持ちの大きさや、先に好きになったのは相手の方であると自分が優位に立ちたいのでしょう。このタイプの男性は反対に「俺の事、好き?」と聞いてきたりすることもあります。そんな時は、あなたの方が敢えて負けてあげて、好きと言わすのを諦めてあげる方が意外と長続きしたりします。

恥ずかしくて、照れくさい

男性の中では「男というものは、黙っている方がかっこいい」と自分なりの理想を掲げていたり、単純に恥ずかしがり屋な人もいます。「好き」というタイミングがイマイチわからなかったり、あなたからの熱烈なラブコールを感じ、「自分も言わなくてはいけない」とプレッシャーを感じているのです。かなり硬派なタイプなのでしょう。
そんな相手にはあなたの方から「好き」をたくさん伝えてみて下さい。そうすることで、硬派なあの人へが思っている「好き」に対するハードルが下がり、「こういう時に言っていいんだ」と何となくタイミングを掴めるようになり、普段からも言ってくれるかもしれませんよ。

相手への不信感があるから

今まで「好き」と言ってくれていたのに急に言わなくなった、というのであれば相手への不信感を募らせているかもしれません。要注意です。「好き」を言わなくなった以外にも、あなたに対する行動や態度が冷たくなった、連絡の回数が減ったなど心当たりが多くあるのであれば、あなたへの気持ちが離れつつある可能性があります。振り返ってみて下さい。
もし、相手のことが好きであるのであれば、一度不安を伝え、話し合うことをおすすめします。その際は決して感情的にならず穏やかに、そして態と相手を試すような駆け引きなどはしないようにしましょう。話し合いの仕方次第ではより2人の仲が深まる事だってありますからね。

◆どんな時に男性は「好き」と言いたくなるのか

では、男性はどんな時に「好き」と伝えたくなるのでしょう?3つほどご紹介しましょう。一つは「相手のことを単純に可愛いと思った時」です。ふとした時に女性らしい仕草を見せたり、服装をしてみたり、普段しないような甘え方をしてみると効果的でしょう。二つ目は「誕生日や記念日などのイベントがあった時」です。雰囲気のいい場所や2人の思い出の場所にいることで、当時のことを思い出したりした際に節目として改めてあなたのことを「好きだなあ」と感じると言いたくなるのです。

3つ目はあなたと一緒に過ごす中で「自分のために何か行動をしてくれたり、いい雰囲気になった時」です。風邪や病気になってしまった自分を甲斐甲斐しく看病をしてくれたり、あらためて「この人でよかった」と思った時にいいたくなるのです。こういった場面を利用して甘えてみたり、言いやすい雰囲気を自分から作り出してみるのも手です。

◆「好き」だからこその愛情表現もあるんです

「好き」と言わなくても「好き」だからこその愛情表現をしてくれていることもあります。さりげなく道路側を歩いてくれている、デートの別れ際では姿が見えなくなるまで見守ってくれている…などあなたの身の安全や体調を気にかけてくれているのはあなたのことを大切に思ってくれているからなのです。

また、あなたが興味のあることに対して肯定的であったり、あなたが話したことをきちんと覚えてくれているのはあなたに興味があるからです。さらに、二人でいる時は他の人には見せない素を見せる、自分の家族のことを話してくれる、悩みや弱みを見せてくれるのはあなたの事を信頼しているからこそなのです。「好き」と言ってくれないかわりにこういったことで愛情表現をしている事もありますので、どうか見逃さないようにしてみてくださいね。

まとめ

「好き」と言わない男性心理についてご紹介していきました。男性にとって「好き」と言うのにはかなりのハードルがあるようですが、その代わりにいくつもの愛情表現をしているのです。くれぐれも「好き」と言わないことに対して相手を責めたり怒りをぶつけるのはご法度です。「好きって言ってくれたらもっと嬉しいな!」と前向きに捉えられるといいですね。

その他のおすすめコラム