こんなLINEは「脈ナシ」かも…男性が本命でない人に送るLINEパターン
好きな男性へのLINEで、男性の反応がよく分からないことってありませんか?実は、本命ではない相手へのLINEには、ある「パターン」が!ここでは、LINEの返事で脈ナシパターンをご紹介します。

忙しさをアピールしてくる

LINEの返事が好きな男性から来ると、それだけでワクワクしてしまってLINEに隠された真意をスルーしていることもあるでしょう。「忙しさ」をプッシュしてくる内容は、本当に忙しかったのか…、と思い込んでいたけれど、実はそれは言い訳で、脈ナシの場合も。「忘れていた」「仕事が忙しい」「寝てた…」のような内容は、これが毎度のように繰り返されれば脈ナシである可能性が高いです。

本命には、どんなに忙しくても忘れませんし、すぐに返信するものです。この時、謝罪や焦りの感情があれば、本当に忙しくて返せなかったケースもあるでしょう。そっけなく「忙しい」だけだと脈ナシかもしれません。常に既読がつかない場合も、十分に脈ナシであると考えられます。

返信が雑・省略されている

LINEの内容から脈ナシが脈アリかを見極める場合、返信の内容に注目しましょう。好きな相手に対しては、もちろん、こちらから丁寧な内容で相手のことを考えたLINEを送りますよね。しかし、相手の男性からは、短文でそっけなく返してくるLINEは要注意です。例えば、「それな」「りょ」「おけ」など、返事を省略して返信するだけで他の言葉は一切ない時、脈ナシだと考えたほうがいいでしょうね。常にスタンプでしか返信しない場合も同じような理由です。
なぜなら、本命には自分の言葉でしっかりと伝えるのが常識。どうでも良い相手だからこそそっけない返事が返ってくるのです。LINEすら面倒だという感情が、雑で省略された文字から、十分に分かりますよね。

「ひらがな」ばかり使ってくる

好きな相手からLINEの返事が返ってきても、それが「ひらがな」だけのパターンも、雑な返しだと思ってください。例えば、「また明日ね」が「あす」だけなど、ひらがなばかりで特に何の感情も含まれていない場合です。それは、漢字に変換することすら面倒だと思っている証拠なので、そのようなLINEが来たら脈ナシだと判断しましょう。
既読無視よりはマシと考えたいところですが、どう考えても相手に対して失礼な返信を普通にしてくるのは、どうなのでしょうか?ただし、もともと誰に対してもそのようなLINEの返事をしている男性もいます。LINE自体、好きではない可能性もあるので、そこは友人などから普段の彼の様子をこっそり調査してみてもいいかもしれません。

LINEの連絡が一方的

LINEを好きな男性に送っても、それが一方的だと悲しくなりますよね。自分からはLINEをしても、相手からは自分に対する返信だけで特に連絡はない…。そのようなパターンは片思い、つまり脈ナシであると考えましょう。男性心理には「好きな相手には自分からLINEをして反応を見たい時」があります。ですから、男性からは全然LINEが来なければそれは興味がないサイン。

逆に、毎日でなくてもLINEがちらほら来れば、少しは脈アリだと思って良いのです。既読無視もしくはさらには未読…、それが日常的であれば諦めて新しい出会いに期待したほうが無難かもしれません。脈ナシの相手にLINEをしても面倒に思われるだけです。それがきっかけで嫌われたくはないですからね。

返信・既読の速さが遅い

女性は好きな男性からLINEが来たら、すぐにチェックして返信する人が圧倒的でしょう。中には、好きなことがバレたくなくてわざと時間を置く人がいるかもしれません。男性も同様に、好きな相手からのLINEにはすぐに反応します。その観点から、基本的に既読がつくのが早い場合は脈アリで、遅いのが脈ナシだと判断して良いでしょう。先述したように、わざと時間を空けて返信するようなケースもあります。

しかし、時間を空けると言ってもせいぜい2時間くらいが限度です。それ以上、もしくは何時間も何日も空けてLINEをするような場合は、残念ですが脈ナシだと考えましょう。

踏み込んだ質問をしない

男性のLINEは、本命の相手にのみ積極的になるパターンもあります。LINEだと面と向かっていないので、言いたいことが言いやすいのでしょう。LINEで「付き合っている人は?」「今度はいつ会える?」「会いたいな」など、恋愛要素の強い言葉が返ってきたら、それは脈アリです。

しかし、まるで業務連絡のような何の感情もないLINEなら脈ナシ。相手に興味がないからこそ、踏み込んだ質問や恋愛感情のある文章を打ってこないものなのです。ただし、性格上積極的ではない男性もいますから、一概に業務連絡的なLINEでは残念とは言えません。挨拶だけでもたびたびLINEしてくれば、男性に注目して欲しいと思っている可能性はあります。

◆男性がLINEを返さない理由って?

好きな男性にLINEをしてもなかなか返事が来なくて、ずっと携帯を気にしている時ってありますよね。既読無視されているのか「忙しい?」「返信を忘れてしまっているのかな?」など勝手な想いは巡るばかりです。男性がLINEを返さない理由に、相手と喧嘩をしているケースがあります。喧嘩をして女性が興奮しているとわかっているとき、男性は落ち着くまでLINEを返さないことも。再び言い合いにならないようにしているのです。

その他に男性はマルチタスクが苦手なので「LINEは返せるときに返す」というパターンもあります。自分のペースで動くような人は、気が向いた時にしかLINEをしないので、そこは男性の性格や特徴から判断出来ます。

◆できるだけLINEを続けさせるためにできること

LINEが一方通行の内容で終わってしまうと、そこで好きな男性との会話は途切れてしまいます。できるだけLINEを続けるためには、相手が興味を持っている内容でトライしてみること。趣味のことや普段の何気ない生活に関する質問、映画や音楽など相手が答えやすく、その会話が続きそうなもので送ってみましょう。

また、短い文章でも1日に何度か送ってみるのも効果的です。長い文章をつらつらと送ってしまうと、男性が読むのを面倒に思う可能性が高いので、短く爽やかにLINEしてみることがポイント。ちょっとした相談も、男性が返しやすい内容ならOKです。朝や夜の挨拶だけでも続けてみて男性の反応をチェックしてみましょう!

まとめ

LINEの内容だけで脈ナシか判断できない場合は、こちらからのLINEを控えて相手からのLINEを待ちましょう。LINEがない、こちらからのLINEは返ってくるけれど反応が薄い場合には脈ナシです。また、こちらに対して質問しない、誘ってこないLINEの内容も脈ナシだと考えて良いでしょう。脈ナシの場合は、しつこくすると男性に嫌われてしまいます。脈アリか脈ナシかを判断した上で、節度を守ったLINEをしたいですね。

その他のおすすめコラム