「無口な人」はモテる!心理と特徴、脈アリサインって?

あなたの職場には全く話している声を聞いたことが無い、無口な男性はいませんか?見た目はかっこいいけどどこかミステリアスでつかみどころがない…。どんな人なのか気になってくる。そんな男性はいませんか?今回は「無口な男性」についての特徴と、無口なりにも出している脈アリサインについてお教えいたしましょう。

無口な男性はモテる!

意外にも「無口な男性」はモテるということを知っていますか?『無口=クール』と捉えられ、クールな男性ほど女性への評判は良いのです。なぜクール男性がモテるのかというと、感情豊かな女性であるほど自分を落ち着かせてくれるクールな人に惹かれやすい傾向があるからなんです。

例えば、恋人同士喧嘩をしてしまったとき、どうしても感情的になりやすい女性に対してクールな男性は、冷静に問題を分析することができるため、問題も解決しやすいのです。どちらも感情的になってしまったり、本音を言えずにいてしまうとお互いにストレスがたまってしまいますよね。したがって、付き合う上でも無口な男性というものは非常に好物件なのです。

無口な男性の心理①自信がない

無口な男性の心理として「自信がない」というものがあります。自分の話は面白くないのではないか?と後ろ向きに考えてしまい、会話をすること自体に自信がない人が多いのです。また、過去に自分の主張や話を全否定された経験がある人は「自分のことを誰も理解しようとしてくれないんだ」と思ってしまい、それ以降話さなくなることがあります。

さらに、自分のことが嫌いな人にありがちな事なんですが、これ以上嫌われるのがイヤで本当の自分を知られてしまうことに恐怖心を感じる人もいます。このように、一口で「無口な人」といってもはじめからあまり話さないタイプの人もいれば、過去のつらい経験などから話すことへのハードルが高くなっているためというタイプもいるのです。どちらかというとネガティブな考え方をする人に多いのかもしれませんね。

無口な男性の心理②考えすぎて言葉にならない

無口な男性というのは実はものすごく頭の中で考え込んでいる場合があります。「自分の言葉は適切だろうか」「誰かを傷つけてしまう言葉を言っていないだろうか」など、相手にどう受け止められるかというところに対して敏感なのです。そして色々と考え込んでいるうちに話が終わってしまいそうになったり、上手くタイミングよく言葉にできない事があるのです。

また、無口な男性の中には自分の世界を崩されたくない思いから、「あまり詮索されたくない」「踏み込まれたくない」と無口になってしまう人もいます。ですので、自分の意志や考えを伝えないゆえに「なぜこんなことをしているのだろう?」と周囲に疑問に思われたり誤解を招きやすかったりもするのです。

無口な男性が好きなタイプ①笑顔で明るい人

無口な男性は自分が無口であるため、基本的に聞き役に徹することが多いです。したがって、好きになるタイプは「明るい人」であり、明るい人の楽しい話を好んでよく聞きます。また、自分が感情を表現するのが苦手なため、嬉しい・楽しいなどポジティブな感情を自分の代わりに表現してくれる人に対して大きな好感を得るのです。

ただし、ここで一つ注意事項があります。無口な男性は確かに聞き上手ではありますが、愚痴や陰口などをを聞くのはあまり好みません。話す時は今日あったうれしかったことや良い知らせなど、なるべくポジティブな話をするように心がけましょう。

無口な男性が好きなタイプ②価値観が合って、無口な自分を認めてくれる人

普段は無口でも、興味があることや趣味についての話題になると、意外にもたくさん話してくれる男性もいます。「価値観が合う人」に対してだと心を開く傾向があるのです。ですので、もし無口な男性と話してみたいというのであれば、その人が得意としている事、趣味についてなどを前もって把握しておき、共通の話題として話しかけるのが良いでしょう。

また、無口な人の中には「話すのが苦手」「順序だてて説明できない」タイプの人もいるので、こちらが反対に聞き上手になる必要があります。時間がかかってもしっかり話すのを待っててくれる人、細かく話さなくてもある程度理解してくれる人などを好むのです。初めは難易度が高いかもしれませんが、無口な男性のことをよく観察したり、無口な男性と仲の良い同性の友人を介して会話してみたりすると徐々に掴めてくるかもしれません。

◆明るい人は好きだけど、騒がしすぎるのはNG!

確かに、「無口な男性」は基本明るい人に好感を抱きやすいです。しかし、明るいといっても遊んでいそうな雰囲気があったり、感情的過ぎてすぐに泣いたり怒ったりするようなヒステリックな女性は好みません。なぜかというと、無口な男性は真面目な人がほとんどであり、お付き合いをするにしても真面目なお付き合いをしたいと思っているからです。

たとえ仲が深まったといっても、一方的な質問攻めをしたり、相手の会話のテンポを無視するのはNGです。無口な男性は、多少沈黙が続いても気にならない人、落ち着いて話ができる人を好んでいるので、親しくなっても「一定の距離感を保つこと」が大切になります。

無口な人が発する脈アリサイン…コミュニケーション

無口な男性だからといってアピールしないわけではありません。男女問わずもしくは女性の中で一番よく話しかけられるというのであれば、かなりの脈アリだといえます。聞いてくれている時の態度にも注目してみましょう。聞いている時に話さなくても良くうなずいてくれる、相槌をしてくれるとなるとかなりあなたに対して共感していることになります。わかりにくいですが、表情なども柔らかくなっているかもしれませんね。

また、無口な人は直接話すことよりもLINEなどの文面での会話の方が得意だったりすることがあります。わかりやすいところでいくと、メールの返信が早い、直接の会話よりも饒舌だとあなたへの興味を示しているサインになります。無口な男性にとっては、文章の方が考えてから打てるので自信を持って気持ちを伝えられるのかもしれません。

無口な人が発する脈アリサイン…行動

言葉を発していなくても無口な男性からの脈アリサインはあります。会話の輪には入っていないけれど気づけばいつも近くにいる、あなたがいる方向に体が向いている、よく目が合うなどが当てはまるようであれば脈アリでしょう。あなたとの接点をどうにかして持とうとしているのです。意外とそこは普通の男性のアプローチの仕方とはあまり変わらないですよね。

また、会話している時に男性の方が「自分の髪や顔を触りながら話している」というのもあなたの事を異性として認識しており、照れ隠しをしている場合があります。「ちゃんと話聞いてくれてる?」とならないように相手の意図をくみ取ってあげましょう。

無口な男性へのアプローチ方法

無口な男性に対しては一体、どんな風に自分の気持ちを伝えればいいのでしょう?『無口な男性=奥手』ということもあるため、なかなか自分から告白できる人は少ないとみていいでしょう。それならばいっそのこと、あなたの方から告白してしまう方が効果的です。告白する際は「どんなところが好きなのか」というところを具体的に伝えておくと、その誠実さを感じて真剣にお付き合いを考えてくれることがあります。

付き合ってからも無口なタイプは、どちらかと言うと「遠慮する」タイプより「世話焼き」タイプとの相性が良いため、主導権を握るんだという意識でいた方がいいかもしれません。デートの行き先ややってみたいことなど、少しわがままな要求をしてみるくらいがカップルとしてはバランスが取れるのでしょう。

◆相手の気持ちやペースを尊重しよう!

ここで改めて無口な男性とのコミュニケーションの仕方について振り返ってみましょう。無口な男性に何か質問したいときは、「どう思う?」といった漠然な質問よりも「〇〇と××どっちがいい?」や「YES」か「NO」で答えられるような質問を心がけてみて下さい。そしてもし、会話をしていく上で沈黙が訪れたとしても、イライラせずに話始めるのを待ってみてください。

無理に会話を続けようとしたり、質問攻めにするのは逆効果です。また、リアクションは薄いですが褒められると嬉しいのは共通です。「すごいね」「さすがだね」など男性ウケのよい褒め方を意識して、上手に誉めてあげると自然と距離も縮まることでしょう。

まとめ

無口な男性は一見、とっつきにくい落としにくい相手だと考えられがちですが、決して扱いづらいわけではありません。慎重になりすぎるが故に無口になってしまうのです。無口な男性の魅力や心理を理解して、効果的にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

その他のおすすめコラム