将来、『モラハラ』になる可能性が高い男性の見抜き方5つ
モラハラ男性は、外から見れば社交的で優しく「良い人」だと思われていることがほとんど。しかも知らず知らずのうちに、徐々に本性をあらわすため、気づかないうちに支配されていた…なんてことも!今回は「モラハラ男性」の特徴についてご紹介します。

外面がいい

モラハラ男性は、とにかく「自身の社会的評価や世間体を気にする」ところがあります。ですので、外や仕事では誰からも「良い人」と思われていることが多く、「まさかあの人が?」なんて意外に思われることもあるでしょう。しかし、自分よりも下の立場(動物や子供など)であったり、二人きりになった途端に態度を変える人もいるのです。

例えばですが、デート中における男性の『店員への態度』に注目してみて下さい。店側のちょっとしたミスに対して理不尽に怒る、すぐに感情的になってしまうようであれば、その態度は将来、自分に向けられるものだと考えた方がよいですよ。モラハラ男性は基本的にプライドが高いという特徴があります。

自分が正しいと思っている

モラハラをする男性心理には、「常に自分の考えは正しく、自分以外の他人はバカである」というものが隠されています。したがって、他人と意見が異なる状況や、多様性について嫌悪感を示すことがあり、突然不機嫌になったりもします。

また、職場などでは「俺が〇〇してやった」ということをやたらとアピールしてくる、「君のために」と頼んでもいないアドバイスをしてくるといった男性にも注意が必要ですよ。はじめは「いい人だな」「親身になってくれて優しい」と、どちらかというと好意的に受け取ってしまいがちですが、実はモラハラ男性にとっては思うツボであり、相手を支配しようとしてやっている可能性があります。

相手の自信を奪う

付き合っている彼女や、付き合っていなくても比較的仲の良い男性から、「本当にクズだな」「頭悪いな」「俺がいないと何もできないよね」などと日常的に言われたことはありませんか?正真正銘、それはモラハラです。しかも、タチが悪いことに、それを言う本人にしてみれば「ただのイジリ」だと思ってやっていることがほとんどなのです。何となく一緒にいると自信を失くしてしまう、「私ってダメなのかな…」と引け目に感じてしまうことが多い男性は要注意。

さらに、喧嘩した時や意見が合わない場面において、相手が泣くまで責め続ける、人格を否定するような言葉を投げてくるといった場合は、離れた方が身のためですよ。一緒にいてポジティブな気分になれる人となるべく関わるようにしましょう。

自分の非を認めない

モラハラ男性の特徴の一つとして、『自分の非を絶対に認めたがらない』というものがあります。例えば、どっちもどっちのような喧嘩をした時に、「毎回あなたから謝っている」「男性からは絶対に謝らない」と言った場合、その男性はモラハラ気質である可能性がきわめて高いですよ。そういう男性は、たとえ男性の方に明らかな非があったとしても、言い訳をしてごまかしたり、一言も謝らなかったり、時には暴言を吐くなんてこともあるでしょう。

他には、言葉遣いが悪くなったり、あなただけではなく、あなたの周りにいる人たちに対してまでも否定してくるケースもあります。一緒に過ごさない選択やなるべく関わらないようにすることをお勧めします。

都合よく口説いてくる

普段は毒舌なのに、急に自分が不利な局面に陥った時にだけ、「好きだよ」「愛してる」「君には感謝しかない」など言ってくる場合も、モラハラ男性によくありがちな光景です。もちろん、本心として言っているのではなく、その場しのぎで使っており、相手を都合よく動かそうとして言っているのです。

特に、喧嘩をした時などに言ってきた場合は、甘い言葉を投げかけることによって相手の懐に入り、自分の非をなかったことにしようとしていると思ってください。さらに、『付き合う前にやたらと熱列なアピールをしてくる男性』にも要注意。付き合った途端、ターゲットを手に入れたと、手の平を返したように態度を豹変させてくるなんてこともあります。

モラハラの原因って?①自信がない

ここからは「なぜ、モラハラをするのか」という原因についてご紹介します。モラハラをする男性の多くは「自分に自信がない」パターンがほとんどです。自分よりも相手の女性の方が有能だと自覚している、実力があると劣等感を抱いているからこそ、女性を見下した発言や相手をバカにする言葉を吐くことによって、自分の方が上だと主張したいのです。

また、過去に大切な人から裏切られたり、捨てられたといった経験を持つ男性も「自分への愛情を確かめたい」「相手を試したい」がために、わざとモラハラっぽい言動をすることもあります。家族だから、恋人だからと大目に見てしまう女性も少なからずいますが、本当に嫌だと思うのであれば我慢する必要はありません。

モラハラの原因って?②親との関係

モラハラは必ずしも、当人だけの問題に限ったことではありません。男性の父親が母親に対してモラハラを行っていた、親からモラハラを受けていたといった可能性も十分考えられます。幼い時から、両親のそういった部分を目の当たりにしていたがために、そのやり取りなどから「男女の関係とはこういうもの」だと誤認識していることも多いのです。そういった意味では、家庭環境の影響はかなり大きいものと言えるでしょう。

加えて、親から何かと干渉されることが多かった、言う通りにしないとひどい目に遭わされたなどであれば、本人の無意識の範疇で、相手をコントロールしないと気が済まないといった心理が働いていることもありますよ。一人っ子で期待されることが多かった、それだけ褒められることが多かったなんていう男性もまた、周りのサポートに気付かず、人一倍認められたい欲が強いなんてパターンもあり得るでしょう。

モラハラの原因って?③八つ当たり

モラハラをする動機として、単純に仕事など『外部からのストレス』が原因となっているケースもあります。職場がかなり重労働だったり、精神的負荷が高いとなると、パートナーのことをストレスのはけ口にすることもあるのです。人間ですから、たまに機嫌が悪くなることもありますが、そういった場合は落ち着いた時に謝ってくれたり、何かしらのフォローをしてくれます。しかし、そういったことが無いうえに慢性的に攻撃が続くのであれば、一度関係を見直してみた方が良いでしょう。

また、無自覚なものでいくと、男性に根拠のない自信が備わっていて、「自分は何でもできる」「自分は他の人とは違う、特別な人間なんだ」などと本気で思い込んでいる場合もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。ひとくちに「モラハラ」といっても本人だけの問題ではなかったり、様々な特徴があるのです。あなたの周りに「これってもしかしてモラハラ?」と感じるような男性がいれば、早期に見極め、毅然とした態度で対応するようにしましょう。何よりも自分の身を守ることを第一に考えて下さいね。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム