マッチングアプリに潜む『要注意人物』の見分け方について解説!
マッチングアプリは手軽に出会える便利なツールですが、中には既婚者や体だけの関係を求める人など要注意人物も潜んでいます!安心して婚活をするために、今回はマッチングアプリにおける要注意人物の見分け方についてご紹介します。

マッチングアプリにおける「要注意人物」って?

マッチングアプリは今や、婚活や出会いを求める人にとってなくてはならないものです。女性も男性もこういったものを活用することで、最適な良い出会いを求めています。しかし、マッチングアプリを利用する人の中には、その日限りの関係を望む男性や既婚者、都合の良い女性を狙う本来の目的から反した使い方をする人もいるのです。

そして、どれだけ真面目な婚活のマッチングアプリにも、はじめから不倫目的であったり、仕事のストレスを発散させる都合の良い女性を探すだけの男性は潜んでいるのです。
中には、アプリで知り合った男性が既婚者だと知らずに付き合い、不貞行為として相手の配偶者から慰謝料を請求されてしまうことも…。無意識のうちに自分が加害者となる可能性もあるため、こうした要注意人物はきちんと見分ける必要があるのです。

進展を早めたがる

マッチングアプリにいる要注意人物の見分け方は様々ですが、やたらと男性があなたとの進展を早めたがっているのであれば、気を付けた方が良いかもしれません。通常、婚活では自己紹介から始まり、お互いを少しずつ知っていこうとしますよね。

しかし、住んでいる地域や場所、連絡先などプライベートな話を始めからどんどん聞いてくるのは、少し危ないです。確かに、合コンでも知り合って間もない相手から、一方的に個人的な話を聞かれるのは嫌ですよね。ですが、体目的の男性などはそうした段階を踏まずに、すぐに関係を深めてこようとしてきます。

さらに、「会うのが夜だけ」「家や個室に誘いたがる」等は、身体目当ての可能性が高いので注意しましょう。会うまでのプロセスが不審な場合や直接すぐに会いたがる言動は、要注意人物だと疑った方が良いですよ。

分からない部分が多すぎる

分からない部分が多すぎる男性もまた、訳アリの可能性が極めて高いでしょう。例えば、「男性と何度もやり取りしているのに男性のことがいまいち掴めない」「どこに住んでいるのか地域すら分からない」といったケースでは、既婚者であることも考えられます。また同じように、連絡先やSNSを教えないのも、既婚者で普段は連絡をして欲しくないと思っているからこその態度。

独身男性でも人によっては、慎重派で家を教えないケースや、潔癖気味で家を見られたくないといった理由である場合もあります。しかし、そのような男性でも住んでいる地域くらいは教えてくれるはずです。そもそもアプリのプロフィールが適当、将来子供を持ちたいかなど家庭的な部分が抜けている等でも、判断することができます。

連絡が途絶える

土日やイベントの時など、明らかに仕事をする時間帯ではないのに一切連絡が取れない場合、もしかしたら既婚者かもしれません。休みの日は家族との時間を優先させるが故に、ある時間や日のみ繋がらないのです。既婚者はマッチングアプリを使うことで、自分の都合のいい時にのみ会える、丁度いい不倫相手を見つけようとしていることもしばしばあります。

他には、「既読が遅い」「仕事中の日中しか連絡がとれない」といったと傾向も、既婚者を疑う要素になります。本気で婚活する人であれば、男性もまた相手のことをもっと知ろうとするので、連絡頻度は自然と高くなるものなのです!

プロフィール写真に違和感がある

マッチングアプリには、その人の基本情報が載っているプロフィール写真が必須であることが多いですよね。しかし、そのプロフィール写真や情報が曖昧なものであれば、かなり怪しい人物と判断できるでしょう。既婚者や他に本命がいる男性は、自分の身元がバレないように敢えて情報をぼやかしていることがあります。

特徴としては、ブレている写真やどこに映っているか分からない写真を使用する傾向にあります。ですので、そのような写真を上げている人にはそもそも会わない、繋がろうとしないことをオススメします。写真を掲載していないのはもっともNGですが、横顔や顔の一部、明らかにプロが撮影した顔写真などといったケースもあります。いずれにしてもプロフィール写真で、違和感を覚えたら関わらない方がいいですよ!

ほかには…

マッチングアプリで婚活している人なら、結婚の価値観などお互いの結婚意識を確認したくなるでしょう。しかし、既婚者や体目的の男性は結婚の話題を極端に避けたり、はぐらかそうとしてくることが多いです。もしこういった部分が目立つのであれば、結婚に対する本気度が低いサインと認識した方が良いですね。実際に付き合ってみても結婚への意識が薄い、男性の友人や親族の話が出てこないことでも、本気かどうか判断できます。

マッチングアプリで出会って結婚するカップルは毎年たくさんいますが、それらの人は結婚に対する意識が高く、お互いが本気の出会いを求めた結果。他には、相手との会話の内容を忘れるといった特徴も、本気ではない可能性がありますよ。

「要注意人物」を避ける方法

本格的な婚活をしたい方にとって、既婚者や結婚願望がない男性などの要注意人物はできれば避けたいところ。こちらは真剣に結婚を求めているのに相手が本気でないと、時間のロスになりますからね。要注意人物の見分け方を身につけるのも一つの方法ですが、そもそもそういったアプリを使いたくありませんよね。

そういった場合は、既婚者の登録が許されないマッチングアプリを活用するのがオススメ。アプリの中には、独身の証拠を提出することが義務になっているものや、24時間監視体制がしっかりとしているものもあります。第三者が監督していれば、より安心感はUPしますよね。

さらに、自分で自分の身を守ることも大事!結婚や恋愛に焦るようなプロフィールを作ると、逆にすぐに関係を深めたい要注意人物が寄ってくることもあるので避けた方が良いでしょう。

まとめ

男性も女性も、今やマッチングアプリを活用して結婚するケースは、まれではなくなってきました。確かに、マッチングアプリは手軽に自分のタイミングで出会いを求めることができる便利なもの。しかし、手軽さゆえにそれだけ要注意人物に遭遇する可能性やリスクもあるということを忘れてはいけません。相手の生活スタイルや本気度を正しく見極めて、理想の人と確実に距離を縮めていけるといいですね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム