【大人の魅力】男性がドキッとする「色っぽい女性」の共通点
妙に男性を惹きつける、セクシーな女性に憧れることってありますよね。格好良くて、アンニュイな独特の色気を持つ人には実はある共通点があるのです。今回は、色っぽく見える女性の特徴についてご紹介していきます。

おっとりしている

「おっとり」と「色気」は実は深いつながりがあります。余裕のある落ち着いている女性ほど、どこか独特の色気を放っていることが多いですよ。もし、こういった女性になりたいのであれば、まずは落ち着いた動作を身に着けるようにしましょう。いつも忙しなく動いている女性よりも、1つ1つの動作がゆるやかな振る舞いをしている女性の方が、男性から見ても惹きつけられるものなのです。

動作はもちろん、話し方もなるべくゆっくりしたテンポを意識するのもポイント。ハキハキと話すことも場合によっては必要ですが、穏やかでおっとりとした雰囲気をアピールしたいデートの際などであれば、自然と「女性らしさ」を感じられる話し方の方がオススメです。相槌やリアクションなども含めて、余裕があるような印象に繋げてみましょう。

所作が色っぽい

色っぽさといえば、所作の丁寧さ。立ち居振るまいに色っぽさを感じらる女性は、その人自体が美しく見えます。動作を丁寧に振舞うことを意識すれば、すぐにおしとやかさをアピールできますよ。また、色気のある行動というものもあるでしょう。しゃがむ時は両足をそろえてしゃんだり、髪をかき上げてみたり、と女性らしい動作を行うことで、色気は自然と生まれてきます。

さらに、『クロス』を意識することで、より色っぽく見せることができますよ。例えば、右側の髪の毛をかき上げるときは左手を使ってというように、あえて逆の手を使ってみることで、女性の曲線美を見せることができますよ。自然とそういった所作ができる女性は、時に外見以上に大きな効果を発揮するものなのです。

良い香りがする

香りから醸し出される色気というのもあります。というのも、人の匂いというのはとても印象に強く残り、その人をイメージつけるものとなるからです。もし、色っぽさを出したいと思うのであれば、女性らしさを感じさせるような香りを身に纏うと良いでしょう。
特に、香りでオススメしたいのは、女性らしい甘いフローラルの香り。酸味のきいた爽やかな香りや柔らかなソープの香りよりも、女性を強く意識させる香りといえるでしょう。

しかし、香りを印象付けるためにたくさん香水をつけるのはNGですよ。キツすぎる香水の香りは、色気を通り越してかえって相手に不快感を与えるものになってしまいます。あくまでほのかに香る程度、足元やウエストに軽くひきかける程度で十分なので、近くにいる時にふわっと香るくらいに留めておきましょう。

スタイルがいい

色気を象徴するうえで大切なのは、スタイルの良さ。細すぎず太すぎない体型、きゅっとウエストが引き締まっていたりなどのメリハリのあるボディは、男女問わず「色気のある女性」だと思われます。色気のある女性は、スタイルが良く見える服装を身に着けることが多いですよ。是非、女性特有の細さと柔らかさを強調したファッションや、自信のあるパーツを上手くアピールしてみましょう。

その上で、最大限に効果を高めるためには、元々のスタイルが何よりも重要です。自分の自信のある部分をより磨いたり、ダイエットなどをして自信を付けるのも一つです。しかし、自信があるからといって見せすぎてはいけません。短すぎるスカートや開きすぎた胸元は、下品な印象になってしまうので要注意ですよ。

細部まで抜け目がない

本当の大人の色っぽさを持つ女性は、細部まで抜かりがありません。メイクだけではなく、指先や足元まで洗練されている女性は、誰がどう見ても色っぽさを感じられる女性となります。年齢によって、色気の方向性は変わってきます。特に、自分の年齢に合ったものを身にまとっている女性は、自然な色気を放っているので、モテやすくなります。

また、色気とは短期間で簡単には身につかないもの。普段から肌のケアをして、艶のある状態を保たなければいけませんし、スタイルを維持することも決して容易ではありません。日々、女性らしくあろうとする努力を欠かさないことこそが、真の色気のある女性を作り出すことができるのです。

ミステリアス

人は隠されたものに魅了される生き物。すべてをさらけ出していつでも「素」を見せてくれる人よりも、少し知らない部分がある女性の方が惹きつけられるのです。例えば、自分のことはあまり話さず、プライベートもあまりよく知らない女性はついつい気になってしまいますよね。そういった人に限って、素の状態が垣間見えた時のギャップがより輝いて見えることも…。

普段から話す側よりも聞き役に徹し、聞かれたら答えるくらいの女性を目指してみて下さい。普段はミステリアスだけれども、親しい人の前でだけ本当の顔を見せる女性のほうが、「自分にだけ見せてくれる表情」として、より相手の心を離さないものなのです。

自信がある

心に余裕がある女性は、誰から見ても素敵です。自分の意志をしっかりと持っていて、知性を感じられる女性はやはり頼りにもなりますし、色っぽさも感じられます。そのため、外見と内面の両方から、「自信」を溢れさせるように意識してみて下さい。自信とは、決して他人を見下すようなものではありません。自分をしっかりと持っているからこそ、行動に余裕が生まれるのです。

こういった女性は男性から見ても、「甘えたい」「追いかけたい」と思われる対象にもなりますし、なんとなく男性の弱い部分まで受け止められそうなイメージにも繋がります。まずは思い込みからでも良いので、堂々とした雰囲気を出すようにしてみて下さい。そこから、自然と実力が身につくこともありますよ。

色っぽい女性が「やらないこと」って?

あからさまに「色気を出そうとする行動」は逆効果です。色気とはあくまで雰囲気を纏うもの。相手に想像させる予知のある、余裕を持った行動がベストですよ。例えば、色気を出したいからと言って、露出度の高い格好をするのは、色気のある女性が行うことではありません。胸元が開きすぎた服装などは、色気というよりも品がないと感じられてしまうでしょう。

また、ありがちですがボディタッチが激しい女性もNGです。さりげなく触れる程度であればまだ許されるかもしれませんが、ベタベタと触れてしまうと「ガツガツした女性」といった印象に…。色っぽさをはき違えた行動は慎みましょう。どこか控えめで、心の内を全て明らかにしないくらいが丁度いいのです。

まとめ

色っぽい大人の女性とは、余裕があり洗練された雰囲気のある人のことを言います。動作を意識したり、色気の感じられる香りを身に纏うことは今からでも実践可能です。また、ガサツな印象を持たれないような言動を取ることも効果的ですよ。男女問わず、周囲の人を惹きつけるような女性を目指しましょう!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム