既婚男性が「不倫をやめよう…」と決める瞬間って?
不倫相手の男性から突然、別れを切り出されるとショックを受けてしまいますよね。しかしそれは、男性の中で「もう不倫はやめよう…」と決心がついたからこその行動なのです。
今回は、男性が不倫を終わらせようと思うきっかけやサインについてご紹介します!

家庭が大切だと気づいた時

家族の大切さに気づいた瞬間、男性は不倫をやめようと考える事があります。元々、不倫というのは妻や子供を養っている状態において、家族とのすれ違いやトラブルがきっかけとなって始まることがほとんど。そして、家庭が上手くいっていないときほど、不倫にのめり込んでしまう傾向にあるのです。

しかし、家族間のトラブルが解消したりして、家族の大切さを改めて再確認できると、もう不倫によって心の不足を補う必要性がなくなるのです。「家族が自分を頼ってくれている」「やっぱり安定した生活を送りたい」「家族の幸せを最優先したい」というような思いになれば、男性は不倫を速やかに終わらせようとするでしょう。不倫相手の女性がきっかけでない場合は、男性側の都合が原因である可能性が非常に高いのです。

罪悪感が湧きあがってきた時

不倫をやめる理由が、罪悪感によるものである男性も多いですよ。男性は不倫を始める前は、悪いことだと理解できる理性があったのです。しかし、不倫に夢中になると、どうしてもその悪さが見えなくなってしまうのですね。悪いことだと分かっていながら不倫を続ける男性もいますが、その悪さに気が付いた瞬間が不倫をやめるきっかけに。特に真面目な人ほど、冷静になるまでの時間が早く、「家族に申し訳ない」「こんなに尽くしてくれてるのに…」と反省するのです。

さらに、男性側の家族に子供が生まれたり、夫婦で支え合わなければならないピンチに見舞われた時も、不倫をやめやすい傾向にありますよ。どちらかというと、女性側からの好意に男性が応えている内に不倫に発展してしまった…というパターンに多いと言えますよ。

不倫がバレそうになった時

不倫がバレそうになったために、そのタイミングで急に不倫から足を洗う男性もいます。不倫が配偶者にバレているのではないかと察知すると、今までの余裕がなくなり、本格的にバレる前にやめようとするのです。人によっては、不倫がバレた友人の話や実際に起きた不倫の末路を知って、不倫をやめることも…。

不倫がバレると、後に社会的制裁が大きく加わりますし、特に仕事においてはキャリアに傷がつくといったデメリットもありますからね。そんなリスクを考えた時、何事もなかったかのようにするために、不倫をしていたという事実自体を消す男性も少なくありませんよ。バレる前にやめるのはなんとなくズルいと思いますが、家庭を取り戻せなくなると判断した男性はすぐにこういった行動にうつしますよ。

不倫相手から進展を求められた時

不倫をやめる理由が、不倫相手から進展を求められたからというものも多いですよ。なぜかというと、不倫を楽しむ男性のほとんどは、不倫をただの遊びだと思っており、実際に結ばれたいなどとは思っていないことがほとんどだからです。したがってもし、不倫相手から「奥さんと離婚して欲しい…」「いついなったら私と再婚するの?」などと切り出されれば、途端に重いと感じ気もち的にも一気に冷めてしまうのです。

男性は、面倒なトラブルを嫌う生き物。ですから、いつか自分と結ばれると思っている相手と、このままずるずる不倫を重ねているようでは後々面倒なことになると思い、すぐに別れを切り出します。中には別れを告げずに、連絡頻度や会う回数を徐々に減らすことでフェイドアウトするような、ずるい男性もいるかもしれません。

不倫を維持することが難しいと感じた時

何らかの問題により不倫を維持する事が難しいと感じた瞬間、不倫をやめる男性もいます。例えば、金銭面の問題。不倫では、女性と会うだけでもデート代やホテル代がかかるので、やはりある程度のお金と時間の余裕が必要になります。
特に、お金の管理を奥さんがしているような家庭であれば、不倫相手と楽しむお金は限られてしまいますからね。奥さんにバレないようにお小遣いの中から上手くやりくりするとなると、より不倫を継続するのは難しくなります。

さらに、「そもそも不倫相手の女性と上手くいっていない」「何となく不自由さを感じてしまう」という理由で不倫をやめる男性もいます。例えば、二人の会うタイミングが合わなかったり、不倫相手の女性に魅力を感じなくなったということが挙げられます。

不倫をやめる男性が示すサイン①連絡が減る

男性が不倫をやめるサインで分かりやすいものが、連絡の頻度。電話やLINEの頻度が以前より減った、こちらの連絡に対してもなかなか返信してくれなくなったのは、男性の別れたいサインだと判断しましょう。少しずつ関わりを減らしていくことで、自然消滅を狙っている可能性が高いです。

また、連絡の頻度とおなじくらい、会話の内容も大事ですよ。特徴としては、そっけない文章や業務的なやりとりばかり…、男性側からの質問が無いなど、明らかに以前とは違った印象を感じ取ったら危険信号です。
不倫は二人が熱烈な恋愛感情を持つことではじめて成り立つもので、一人が頑張っても意味がありませんからね。実際に仕事が忙しいといった可能性もありますが、その時は何かしらのフォローがあるはずなので、見極めるようにして下さいね。

不倫をやめる男性が示すサイン②「忙しい」が口癖になる

今までは普通に会っていたのに、やたらと忙しいことを理由にして避けるようになるのは、不倫をやめたい男性によくありがちな行動。本当は女性に対する気持ちが冷めているけれど、それをストレートに言えないがために使う常套句なのです。

例えば、「最近、家族のことでバタバタしていて」「仕事が忙しくて」など、具体的な期限も伝えずに続くようであれば、不倫関係が終わっていることを覚悟しましょう。本当に忙しくて連絡が出来ない男性もいますが、不倫相手のことを想っていれば何とか時間を作るはずです。相手を気遣って「別れよう」と敢えて言わない男性の優しさでもありますが、忙しいがあまりにも長すぎたりするといった場合は、諦めた方が良いかもしれません。

不倫をやめる男性が示すサイン③お金をかけてくれなくなる

不倫相手に対して本気の男性というのは、デート代やプレゼント代、ホテル代など、惜しまずに使うことが多いです。しかし、自分に使ってくれるお金を惜しむようになったら、それは不倫をやめたいと思っている男性のサイン。近いうちに別れる相手やもう興味のなくなった相手に、お金を費やしたくないと思うのは男女関わらず同じですよね。

さらに、お金だけでなく時間を費やすことも面倒になり、会う頻度が少なくなるのも、不倫を解消したいと考える男性がやりがちな行動。例えば、女性の誕生日といったイベントに会ってくれなくなったり、会っても短時間で切り上げるなどといった傾向があります。お金も時間も尽くさなくなれば、もう不倫関係は終わったと判断しましょう。

まとめ

男性は、社会的地位や不倫がバレるリスクなど、様々な理由から不倫をやめることを考えます。不倫をやめると決意した瞬間から、男性は連絡や会う頻度を減らすことで不倫相手を遠ざけていきます。

また、女性に使う金額なども減っていく傾向にあるので、以前の様にお金を使っていなければ、男性側に不倫を続ける意志がないことを察しましょう。男性はストレートに言い出せないといった特徴もあるので、むやみに問い詰めたり、押しかけたりせず潔く身を引くのがベストでしょう。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム