男性がつい避けたくなる職場の女性の特徴&対処法
職場に気になる男性がいる方、もしくは職場恋愛をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。仕事面でも恋愛面でも男性から嫌われたくないですよね。
今回は、職場にいる女性を避ける男性心理や、嫌われていると感じた時の対処法についてご紹介します。是非、参考にしてみて下さいね。

自慢話が多い

口を開けば自慢話ばかりの人というのは、男女問わず嫌われやすいです。特に年上の上司に多いのが、過去の栄光ばかり話す人。逆の立場になってみても、自慢話で優位に立とうとする人は、ヨイショしなくちゃと何かと気を遣いますよね。例えば、「前職はこんな凄いことをしていた」「いい大学に通っていた」などはNG。

また、男性が避けたくなる女性の特徴の中には、「学生時代にはかなりモテた」ことや「恋愛経験が豊富」だという自慢が挙げられます。自分をよく見せたい気持ちや駆け引きで、こういったアピールをする人も多いでしょうが、逆効果です。自分のことばかり話す女性に対して男性は、「自己中心的な人」「協調性のない人」「自分勝手な人」といったマイナスイメージに。

プライベートな話に踏み込みすぎる

職場の男性とのちょっとした雑談で、プライベートな話に踏み込み過ぎたりしていませんか?仕事に関わる話や当たり障りのない話題ならともかく、休みの日はどこで何をしていたかなどの個人的すぎる質問は、男性から避けられてしまいますよ。休みの日の過ごし方にまで口出しをされたりすると、ウンザリしてしまいますからね。

さらに、お酒が入ると多いのが、男性の恋愛観などをやたらと詮索する女性。年上だからと、相談されてもいないのに説教や上から目線の発言をすると、男性から嫌われてしまいます。男性に恋人がいない場合、タイプを聞いて勝手に職場の女性とくっつけようとするお節介な女性も中にはいるでしょうが、職場で恋人を作りたくないと考える男性もいるので配慮が必要です。

いつも悪口ばかり言っている

いつも愚痴ばかりの女性も、男性が避けたくなる女性の特徴ですよ。仕事上、何等かの不満が漏れてしまうのは仕方ありませんが、常に誰かや何かに文句ばかりつける女性は嫌われます。「一緒にいることで何も言っていない自分もその女性と同じように愚痴っぽい人と思われるのでは…」と感じるのです。

必ず一人はいますがその場にいない人についてアレコレ言う人もまた、「自分のこともどうせ、影で言っているんだな」と疑い、女性への不信感が募ります。平気で人の悪口を言うような人は、女性に限らずあまり良い印象ではないですよね。そのような態度でいると恋愛対象としてはもちろん、一人の人間としてのモラルを失うことも覚えておきましょう。

すぐに感情的になる

職場の中にも、すぐに感情的になる女性っていますよね。そのような方も同僚のみならず、男性は避けたいと感じます。例えば、男性が上司としてミスを指摘する度に泣いたりする女性は、周囲からも「メンタルが弱すぎる」「女性の武器を使っているだけ」と判断されてしまいます。
もちろん、あからさまなパワハラや人格否定をされたなら別問題です。人前でも簡単に泣く女性や感情的に怒る女性は、仕事上でもやりづらさを感じられますし、「恋人になったらもっと厄介かも」と思われます。

もし、自分がそういったタイプだという自覚があるのなら、一旦冷静になる時間を設けましょう。思ったことや感じた気持ちをすぐに表に出すのではなく、まずはクールダウンしてみて。一人になる時間を作ったり、深呼吸をするといった気分転換なども効果的です。

おせっかい

おせっかいな性格というものは、時に他人から避けられる対象になってしまいます。直属でもないのに仕事の仕方にいちいち口を挟んだり、相談していないのに「こうしたほうがいいよ」などとやり方を変えてくるような職場の女性は、男性がもっとも苦手とするタイプにあたります。

特に男性はプライドが高い傾向にありますし、女性からしつこくアドバイスされると、それに従わなければいけない気持ちになってしまったり、「自分のやり方でやりたいのに」といった不満にもなります。良かれと思っていても、逆にプレッシャーに繋がることもあるので、心当たりがある女性はなるべく見守るようにしましょう。
さらに、男性の分の仕事を勝手に進めてしまう女性も、後輩の成長を妨げることにもなるので、まずは聞かれるまでは様子を見る程度に抑えてみてくださいね。

男性が職場で嫌いな女性にとる態度って?

職場の女性に男性が避けたくなる女性がいる場合、男性はなるべく接点を持たないように距離を保とうとします。やはり近づくと厄介なことになるのが予想出来ますからね。例えば、「挨拶以外の話はしない」「社内メール以外の連絡はしない」など、必要最低限の付き合いしかしないといった特徴があります。失礼がない程度の関わりの少なさ、自分からはほとんど話しかけないといった具合で女性を避けるような対処法を取ります。

また、会話中でもっとも分かりやすいのは、「目線を合わせない」「笑顔が引きつっている」ことが挙げられます。一見、照れ隠しにも見えるかもしれませんが、好意のあるなしはハッキリしています。ですので、こうした分かりやすい対応をされたら避けられていることに気が付きましょう。

嫌われている時の対処法①自分自身を見つめ直す

もし男性から避けられるようになったら自身を見つめ直して、素直に反省することが何よりも大事です。いつから、何がきっかけで避けられるようになったのかをこれまでの言動・態度を見直してみましょう。何気なく発した言葉がもしかしたら、男性のプライドを傷つけているなんてことはざらにありますからね。

さらに、仕事の付き合いで避けられるといった場合、それなりにリスクや業務への支障をきたす可能性もでてきます。そういった時の対処法の一つに、直接本人に聞き出すというやり方も視野に入れた方が良いかもしれません。勇気が必要ですが仕事上、それなりに上手く付き合っていくために、避ける明確な理由を知っておいた方が良いでしょう。
また、しばらくは無理に会話をしようとせず、一定の距離を保って接することを意識してみるのも効果的ですよ。

嫌われている時の対処法②仕事に集中する

なぜか自分が男性から避けられていて、その理由が長らく分からないといった場合、仕事に思い切り集中することで、自分のマイナスイメージを払拭させる方法も良いかもしれません。職場で一番大事なのは、やはり仕事ができるかどうかです。仕事に対して熱心な気持ちや、周囲からの好感度が上がれば、今まで避ける素振りをしていた男性もあなたを見る目が変わることもあります。ですので、男性の方から話しかけてくるようになるまで、まずは仕事に向き合ってみて下さい。

また、たとえ男性との関係や職場の雰囲気が悪くても、挨拶は必須です。明るい挨拶は好印象に繋がるきっかけの一つ。避けられている、嫌われているからといって挨拶をしないのはNGですよ!

まとめ

男性の心理は、女性が思っている以上に繊細で敏感なもの。たとえ、上司であってもプライベートに踏み込みすぎたり、おせっかいなことをしてしまうと、避けられてしまいますよ!
スマートな対応や明るい挨拶、礼儀など基本的なを忘れずに仕事に打ち込むことで嫌われることはありませんし、好感度も上がります。すでに避けられている自覚があれば、あえて男性と距離を置くなどの対処法をとったり、これまでの自分の言動を振り返るなどしてみましょう!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム