何が違うの?いくつになってもモテる女性の特徴6選
アラサーやアラフォーになると、どうしても見た目や仕草に年齢が出てしまうもの。しかし中には、何歳になっても若々しく年上年下関係なくモテる人っていますよね。そこで今回は、年齢を重ねても好かれ続ける秘訣についてご紹介します。

美意識を怠らない

いくつになっても若々しい女性に共通するのは、美意識を持ち続けていること。自分のことを「もうアラサーだから」「アラフォーのオバサン」と諦めてしまうのではなく、つねに健康や美容に気を付けていることで生き生きとした印象に繋がります。

特に年齢が出やすいとされている髪・肌のケアや、自分に合ったファッション・メイクを追求し続けることは重要に!他にも、見える部分だけでなく、爪先や香りにまで気を遣っていれば、若さだけではなく女性として魅力的に見えますよ。

ただし勘違いしたくないのが、「若い人に合わせればOK!」と極端な若作りをしてしまうこと。年齢に適した上品かつ清潔なファッションや振る舞いを意識してください。過度な露出よりも、手首や足首を見せるのがオススメ!

感情に振り回されない

気持ちに大人の余裕があることもまた、年をとっても魅力的な人の特徴の一つ。逆に、良い年齢なのにわがままで傲慢な女性は周囲に煙たがられます。特に年下の部下などにとって、年上のアラサーやアラフォーというのは、いつでもしっかりと落ち着いているイメージを持っているものですからね。

精神が安定している人というのは、自分に合ったストレス解消法を持っています。感情を自分でコントロールできる大人の女性はであれば、誰から見ても素敵に見えますし、「甘えたい」と思っている男性も多いはずです。ただしこれは、嫌なことでも簡単に許したり引き受けるのとは違います。言うべき時には自分の意見は根拠を持って述べることも必要ですよ。

向上心・好奇心がある

向上心や好奇心を常に持っている女性というのは、男女関係なくあこがれの対象にされやすいでしょう。

特に仕事に対しては、責任感や探求心を持ち、色々な人の意見にも耳を貸すのもポイント!それに対して、年上だからと上から目線でいい加減な態度を取ったり、中途半端に取り組むような人は信頼されません。同性からも憧れるような女性が異性からもモテやすいと言えますよ!

またこういった人は、仕事だけではなく趣味にも積極的で、上手く仕事とプライベートを充実させています。新しいことに挑戦せず、安定だけを求めると老けて見えるので、何歳になっても好奇心は忘れないように心がけましょう。ネガティブ思考ではなくプラス思考でいることも大切です。

相手を立てるのが上手い

いくつになってもモテる女性というのは、会話の中で相手を立てるのが上手いです。そもそも魅力的な人は、年齢関係なく聞き上手な人が多いでしょう。だからこそ年上になるとつい自分の話ばかりになる中、しっかり若手の話も聞いてくれるのはそれだけで好感度が高いのです。

さらに、相手の気持ちを良くさせるテクニックを知り尽くしているのも、モテる女性の特徴。自然に相手を褒めるのはもちろんのこと、周りを見てさりげない気遣いも欠かしません。

逆に敬遠されやすい女性は、面倒だからと飲み会などにも参加せず、自分から人間関係を深めることを躊躇する傾向にあります。自分の中に閉じこもるのではなく、話しかけやすい雰囲気を持っていることも重要だと言えるでしょう。

ミステリアスな雰囲気を持っている

ミステリアスな特徴を持つ女性に、なぜか男性は惹きつけられるもの。そしてそれは若い時だけではなく、アラサー・アラフォーにも通ずるポイントなのです。

反対に、自分や周囲のことを何でも話す噂好きな人は、「オバサン」っぽく見えてしまいやすいので注意してください。やはり少し見えない部分があったりすると、「もっと知りたい!」「自分の前では素を出してくれないかな」と男性は追いかけたくなるもの。例えば、普段は落ち着いているイメージでも天然な部分があると、年齢差が会っても可愛らしい人だなと親近感がわきます。

忘れてはいけないのは、いつもはあくまでしっかりしているということ。いつも不機嫌そうな態度だと、近づきたくないと思われてしまうので、なるべく機嫌がよさそうに振る舞いましょう。

カッコイイ年の取り方って?

では、年齢を重ねても格好良く見える女性は、老けて見えるだけのオバサンと比べて何が違うのでしょうか?まず、年齢を重ねることに対する考え方に大きな違いがあります。年を取ることで「どうせ…」と悲観的になるのではなく、「いくつになってからでも出来る!」とチャレンジする気持ちを持っていると、内面から若々しさが滲み出てきます。

それに加えて、見た目にも健康的な人は若く見えます。中でも、体型や顔つきを若い時から維持していることもポイント。美しさや努力を重ねていると自信や生きがいに繋がり、実年齢よりもフレッシュで周囲からも憧れの対象に…。
外見と内面のバランスがが大切なのです。反対に、どれだけ若作りしていても、大人として非常識な行動やマナーの悪さが目立つと、カッコよさからは遠のきます。

逆にこれはモテないかも…①

いくつになってもモテる女性がいる一方、モテない行動をしていたり逆効果なことをしていたりします。例えば、極端に太っているあるいは痩せ過ぎていると、若々しく見えません。

太りすぎは自己管理がなっていない証だとされますし、健康や清潔感に気を遣っていないことから、恋愛対象として見られないことも…。また意外ですがスリムも度が過ぎてしまうと、かえって病的だったり幸が薄い印象になります。

体型のほかにも、肌や髪のケアが行き届いていないと、それだけでかなり年齢が分かってしまう原因になります。実年齢よりも若く見える人は、髪や肌までキレイといった人がほとんど。思わず触れたくなる見た目を目指すようにしてみましょう。

逆にこれはモテないかも…②

モテないアラサー・アラフォーの特徴はズバリ、愚痴や悪口が多いことです。確かに、仕事でも常に文句や不平不満だらけの人は、男女問わず良い印象ではありませんね。人としての性格の悪さも伺えますし、もちろん恋愛対象にもなりません。

一方、いくつになってもモテる女性は愚痴らず仕事をこなし、誰とでも平等に付き合うことができるのです。ネガティブな事を言う時というのは誰しも、顔つきも意地悪くシワっぽくなりやすいので、注意しましょう。

また、姿勢や外見も老けて見えるかどうかの分かれ道に。「猫背」「何となく暗い印象がある」「メイクが派手過ぎる」「ボロボロの持ち物をいつまでも使っている」のはNGですよ!常に見られている意識を持つようにしましょう。

まとめ

女性なら、いくつになってもモテる女性でいたいと思うもの。しかし、アラサー・アラフォーになると、ちょっとした言動や見た目の変化で、急に老けた印象になってしまうこともあります。

いつまでも人から好かれる人になりたいのであれば、美意識を怠らないことはもちろん、内面からも大人の余裕を感じさせる女性になること。常識やマナーを身に着け、人の気持ちに気遣いを持てる女性になりましょう。年齢を重ねる事に悲観せず、いつもポジティブな気持ちでいたいですね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム