星座占い|男性が冷める「瞬間」と冷めた時に見せる「サイン」
どれだけ恋が熱を帯びてきたとしても、男性には冷めてしまう瞬間があります。あなたとの関係が進展していても、そこで恋がストップする可能性があるのです。どんな行動が男性の心を冷めさせるかを知り、できるだけ避けるようにしましょう。
今回は、12星座別に「男性が冷めてしまうタイミングとその時に見せる行動」についてご紹介していきます。是非参考にしてみて下さいね。

おひつじ座

おひつじ座の男性は、会話をしている相手の反応がそんなによくないと感じた時に引いてしまいます。本人としては少しでも場の雰囲気をよくしよう、親しくなろうと考えて努力をしていますので、反応が悪いと「自分に対してあまり興味がないのでは?」「嫌われているのかな…」と後ろ向きに考え、もうそれ以上相手の女性に踏み込んだアプローチをしようとはしません。

おひつじ座の男性はそんな時、相手に対して素っ気なくなることが多くなるでしょう。もし、おひつじ座の男性と仲を深めたいと考えているのであれば、コミュニケーションは大切にして。できるだけ相手の目を見て興味を抱いている様子を伝えてあげることで、引かれて冷められてしまう心配はなくなりますよ。

おうし座

おうし座の男性は、相手のセンスを疑うような出来事があると冷めてしまいます。本人がかなり感性を重視している人ですから、どうしてもそのあたりは厳しく見てしまうのでしょう。たとえば服装などについても、思っている以上に細かく見ていることがほとんど。ただし相手の趣向を直接的に否定するのではなく、あくまでも見極めているのはその人の感性。明らかにおかしな組み合わせなどで服を着ているのを見ると、「この人とは合わないな…」とすっと気持ちが引いていくのです。

そしてそういう気持ちになった時、おうし座の男性は何となくつまらなさそうな表情や不機嫌な様子を見せるでしょう。基本的にいつも上機嫌だったり、笑顔が絶えない彼がイライラした雰囲気を出してきたら要注意です。

ふたご座

ふたご座の男性は、自分の短所や行動をはっきりと否定されると冷めてしまいます。もちろん、自分に直したほうがいい部分があるのはわかっているのですが、それでも嫌な気持ちが高まるのを抑えられないのです。本人としても、何か足りない部分があれば、補っていこうという気持ちは抱いていますが、やはり言われ方によってはひどくショックを受けてしまうのがふたご座の特徴。

なんとなく自分を否定されているような気がしてしまうので、そういった相手とはなるべく話さないようになったり、関わらないようにしたりするように…。おうし座同様、友人としての交流は続けようとしますが、恋愛の相手としてその人を見ることはありません。ふたご座の男性はあなたが思っている以上に扱いにくく、傷つきやすい性格であると理解しておいてください。

かに座

かに座の男性は、女性が自己中心的なわがままを言っている時に、途端にウンザリしてしまいます。もちろん、中にはかわいらしいと思うわがままもあるのですが、やはり自分を含めて誰かを振り回すようなものだと気持ちが薄れてしまうのです。そこには、かに座の男性自身がとても気配りのできる人であることが影響しています。自分勝手な意見を言うことによって、周りがどれだけ困るのかをきちんと自覚しているからこそ、そういう相手とは恋愛ができないと考えるのでしょう。

実際にそういう相手を目にすると、かに座の男性は本来の気遣いや優しさが無くなっていきます。普段は、頼んだらやってくれていたり、「大丈夫?」と言ってくれるくらい何かとお世話を焼きたがるところが、「へえ」「そうなんだ」と無関心になってくることもあるかもしれません。

しし座

しし座の男性が冷めてしまうのは、女性がヒステリックに争っている姿を見た時です。どんなに素敵な人だったとしても、口ゲンカなどをしたり感情的になったりしている姿を見ると、一気に引いてしまいます。少なくとも、恋愛対象からは外れてしまうので注意してください。
しし座の男性は正義感が強いため、そういったネガティブな行動に対して敏感な部分があるのでしょう。特に、自分に対してそういう姿勢を向けられてしまうと、間違いなく恋愛感情は消えます。仮に自分に非があっても、反省はしますが好きにはなれません。

そしてそういう女性に対しては、極端に女性として扱わなくなっていく傾向があります。好意を抱く相手に対しては王子様のように接してくれるしし座男性ですが、そういった女性には反対にダメ出しや雑な扱いをするようになるのです。

おとめ座

おとめ座の男性は洞察力が鋭いので、女性に二面性があるのが見えてしまうと心が冷めてしまいます。裏の表情があるのを見抜いて、その人への評価を下げてしまうのです。特にそれを女性がひた隠している様子に気づくと、途端に気が引いてしまう所がありますよ。反対に、おとめ座の男性としては多少浮き沈みがあっても、普段から喜怒哀楽を明確にしてくれているほうがむしろ好ましいと思っています。「自分と接していても裏では違うんだろうな…」と相手に不信感を抱きがちに。

実際にそういう相手を前にした場合、おとめ座の男性は表面的な付き合いしかしなくなります。色々知りたいと思って質問しても、「別に…」などあまり自分のことを話さなくなったり、会話自体が長続きしなくなったりします。

てんびん座

てんびん座の男性は、必要以上に相手が自分に対して踏み込んできてしまうと冷めてしまいます。デリカシーのなさを感じてしまって、恋をする気分ではなくなっていくのです。それが相手の積極性だとしても、前向きには受け止めません。本人としては、本当に親しくなるまでは適度な距離のままでいたいと考えています。大人の恋をしたいという気持ちもありますし、そこまで情熱的な恋をするタイプではないというのも影響しているでしょう。

もし実際に踏み込まれすぎてしまった場合、てんびん座の男性は自己中心的な行動をとろうとしてきます。それまでは女性に色々合わせてくれていたところを、自分の都合に逆に合わさせようとしてきたり、意見を譲らなかったりしてくることもあるかもしれません…。

さそり座

さそり座の男性は、口が軽い女性を見ると冷めてしまいます。本来であればきちんと秘密を守れる人がつい口を滑らせてしまっただけだとしても、それまで持っていた恋愛感情を失ってしまう可能性も高いですよ。さそり座の男性は、自分が心の中に抱えている気持ちをとても大事にしています。そして、それを簡単に口に出すことはないため、反対にプライベートな話をしてきたらかなり脈アリと言えるでしょう。もちろん、他の人が隠していることに対しても、口外することはありません。

だからこそ余計に、言ってはいけないことを言ってしまう人が許せないのでしょう。実際にそういう人がいると、もうそれ以上自分に関する話題はしようとはせず、ただの世間話のような内容しか話さなくなることが多いですよ。

いて座

いて座の男性は、相手から束縛をされたり必要以上に干渉されたりすると冷めてしまいます。もともと自分の思いどおりに動きたいという気持ちが強い人ですから、妨害されたような気分になってしまうのです。そういう言動があった時点で、いて座の男性としてはその女性を恋愛対象から外してしまいます。口うるさくあれこれ言われて関わるという選択肢が本人の中にはなく、「制限されるくらいなら一人でいるほうが気楽でいい…」とさえ思ってしまいます。

またそういう相手については、積極的な行動をとろうとしてこなかったり、何かと非協力的になったりします。例えば、デートの予定などがあってもあまり相談に乗ってくれなかったり、適当な対応をしたりすることが挙げられますよ。

やぎ座

やぎ座の男性は、女性としてだらしない姿を見た時に冷めてしまいます。本人がかなりしっかり者ですから、どうしても相手を見る目が厳しくなってしまうのでしょう。もちろん、少しくらい油断をしている様子を見るくらいでは、場合によってはかわいらしさを感じてしまう程度で収まることもあります。しかし、やはり清潔感が感じられなかったり、一人の人間としての常識に欠けてしまうとダメなのです。

さらに、そういった言動が重なり目立ってくるようになると、どんなに好みのタイプでも気持ちは冷めていきます。恋愛相手として見れなくなったら、分かりやすく一緒の時間を減らしてきたり、付き合っていれば将来の話をしなくなるでしょう。やぎ座の男性は『恋愛=結婚』と結び付ける事が多いので、そういった態度は気持ちが離れているサインです。

みずがめ座

みずがめ座の男性は、女性がどっちつかずの曖昧な態度ばかりとっていると引いてしまいます。どんな内容であっても、自分の意見をはっきりと言ってほしいという思いが強い星座ですからね。遠慮や差し障りのない言葉は奥ゆかしさではなく、中途半端さとして捉えてしまいます。お互いに言い争いになったりするのも良くはありませんが、ただやはり肝心なところではきちんと意思表示をしてほしいと考えるのがみずがめ座。

仮にお付き合いをするとしても、表面上の付き合いになって前に進めないという気持ちが強いのでしょう。気持ちが冷めた女性に対しては、興味がない態度を示してきたり、深い仲であればスキンシップをとろうとしなくなることもありますよ。基本、誰に対しても平等に接することが多いので、そのサインは少し気づきにくいかもしれません。

うお座

うお座の男性は、女性が排他的な様子を見せると冷めてしまいます。誰かのことを完全否定したり、悪口を言っていたりするのを見てしまうと、一気にその人への魅力をまったく感じなくなってしまうのです。そこには、うお座の男性の社交性や心の細やかさが大きく影響しています。ネガティブな心境そのものは仕方ないと思っているのですが、それが人に対する悪意につながっているのを見るのが辛いのです。「いずれ自分にもその悪意が向けられるのでは…」とまで考えこんでしまいます。

もうこれ以上進めないなと思ったうお座の男性は、できるだけ早く距離を遠ざけたいため分かりやすく連絡や関わりを避けようとしてくるでしょう。好意のある相手には全力で尽くしたり、分かりやすい愛情表現をしてくるので、それがなければ要注意ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。星座ごとに男性が冷めてしまう相手の特徴とサインについてご紹介していきました。基本的には星座が持つ特性や元々持っている性格から反した行動を取ってしまうと、気持ちが離れていくと言えるでしょう。そして、それは他人にとっては意外な事だったり。思っている以上に細かい部分だったりするもの。外見はもちろん、言動についても注目されていることを忘れずにあなたらしく相性のいい相手と関わることができるといいですね!

その他のおすすめコラム