ずっと片想い…あなたが彼を忘れられない理由とは?
好きだった人をふと思い出してしまう……。 あなたにもそんな人、いるんじゃないでしょうか? 特別な思い出があるほど、何年経ったとしても忘れられないですよね。この記事では、好きだった人を思い出す理由と縁についてご紹介いたします。

思い出しちゃうのは、やっぱりホントに好きだったから?

好きだった人を今でも思い出すのは、あなたが本当にあの人のことを好きだったから。真剣に恋をして、思いを寄せていた証拠ですよ。ですから、もう会えないのに特別な気持ちを抱いてしまう相手がいるのであれば、あなたの人生に非常に影響を与えた人物だと言えるでしょう。 その人に恋をして、人生が変わったのではないでしょうか? また、その人を通して新しいことを見たり聞いたり、たくさんの人々との出会いもあったかもしれませんね。あなたが今、好きだった人を思い出すのはどんな時ですか? その人との思い出の品を見たとき、以前のメールを見たとき、部屋で1人でいるとき……。本来関わりがなくなった相手への気持ちは薄れていきがちですが、今でも思い出してしまうようであれば、本気の恋だったということですね。

その恋を忘れられないのにはいろんな理由がある

あなたが好きだった人のことを忘れられないのには、様々な理由があります。 これから詳しく説明していきますが、大前提として、あなたにとってあの人は、他の人では代えられないほどにかけがえのない存在だったということです。例えば、古くなったおもちゃを捨ててしまったあと、新しいおもちゃを買ってもらえたとします。新しいおもちゃで楽しく遊んでいるうちに、古いおもちゃのことは忘れてしまいますよね。もし何かのキッカケで思い出すことがあったとしても、離れ離れになった当初よりは思い出す頻度は少ないでしょう。 ところが、あなたは昔の思い出……つまり、好きだった人のことをいまだに忘れられないんですね。 「また昔に戻りたい」なんて思ってしまうときもあるのではないでしょうか?

一目ぼれだったから

あなたが好きだった人を忘れられない理由としては、一目ぼれの相手だったからかも。一目ぼれをしたときって、とても衝撃的ですよね。相手を見た瞬間に電撃が走ったかのようになり、「この人こそ私の運命の相手に違いない!」と思ってしまう。親密になるにつれてだんだんと好きになっていく恋愛が多い中で、初対面から恋をするというのは余程理想的な相手だったのでしょう。ですから、忘れられないのも当たり前。 加えて一目ぼれなんて滅多にありませんから、好きだった人と別れたあともその人以上に素敵な相手には出会えていないかもしれません。その場合、より一層好きだった人への思いが強くなっていくんですね。 他の異性と比べていくうちに「やっぱりあの人しかいない」と思ってしまうのではないですか?

急な理由で離れ離れになったから

好きだった人とは急な理由で離れ離れになってしまったため、あなたは今でも後悔している可能性があります。 例えば、転勤や引っ越し、親の都合などで2人の住む場所が離れてしまい、もう会えなくなってしまった。もし付き合っていたのに別れてしまったのであれば、2人が喧嘩をして別れるよりも気持ちが残りやすいでしょう。 まだ片思いの段階だったとしても、あなたはこれから頑張ってアプローチをしていこうと思っていたんですよね。もしくはもう少しで2人は両想いになりそうな雰囲気だったかもしれません。 「離れ離れになるなら、もっと積極的にアプローチしておけばよかった」なんて思ってしまうのではないでしょうか。2人が離れてしまった理由があなた自身ではどうにもならないことほど、忘れられないんです。

本気だったのに、フラれたから

あなたはあの人のことを本気で好きだったのに、振られてしまった。しばらく忘れられそうにないですよね。 「振られた悲しみは時間が経てば忘れられる」とは言いますが、本気で好きだった人のことはいつまでも思い続けてしまうもの。 たとえあなたが別の人と結ばれたとしても、好きだった人のことは忘れられないかもしれません。でも、それだけあの人のことを好きだったということですよね。あなたはあの人とお付き合いをしたら、やってみたいことがたくさんあったはず。 2人で色々なところへ出かけたり、家でゆっくりと過ごしたり……。それが今でも叶わないとわかっているからこそ、忘れられないんですね。特に、好きだった人が別の異性と付き合っているのを見ると、思い出してしまうでしょう。

人間的に尊敬していたから

相手を人間的に尊敬していたから、今でも思い出すことがあるのかも。「人間的に尊敬する異性」なんて、そうそう現れません。実は「人としての魅力」を感じることは、「異性としての魅力」を感じるよりも難しいんですよ。ですから、あなたが好きだった相手は非常に人間的にできた人だったのでしょう。周囲からも尊敬されていたかもしれません。 そして、あなたはそんなあの人と一緒にいるのが好きだった……ところが、2人は何らかの理由で離れ離れになってしまったんですよね。 それからあなたは何人もの異性と出会ってきたでしょう。しかし、あの人以上に人間的に尊敬できる相手はおらず、今でも思い出すことがあるんです。 「こんな時、あの人なら助けてくれるのに」と何度も思ったことはありませんか?

これって……宿縁? その人との繋がりについて

好きだった人と離れ離れになってから長い年月が経ち、あなたも他の異性とお付き合いをしてきたかもしれません。それでもあの人のことを今でも思い出す……という場合、2人は宿縁で繋がっている可能性があります。 本来であれば、ある程度時間が経てば、過去の人に対しては気持ちが薄れていきます。新しく恋人ができたのであれば、なおさらあの人に対する思いは消えていくでしょう。しかし、それでもふとした瞬間に好きだった人を思い出す。 あの人だけは特別な気持ちがあるというのであれば、あなたが制御できないところで2人の絆が繋がっているのかも。もし特別な理由がないのに思い出してしまう場合には、なおさら宿命の可能性がありそうですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。 好きだった人を今でも思い出すのは、おかしなことではありません。それだけあなたがあの人を本気で好きだったということ。誰かを本気で好きになるのは素敵なことですね。今のあなたの魅力があるのも、あの人のお陰かもしれません。ですから、無理に忘れようとするのではなく、大切に胸の中にしまっておいて下さい。 好きだった人との思い出を消してしまうというのは、あなた自身の今までの人生を否定することにもなります。