「人として好き」と言ってくるのはどういう意味?男性の心理を大解明

「人として好きだよ」って……どういう意味!?
気になる彼から言われると、脈アリなのかどうか気になってしまいますよね。
この記事では「人として好き」と言う男性の心理と、言われた際の対処法をご紹介します。

「人として好き」と言う男性の心理 ①遠回しに交際を拒否している

「人として好き」という男性心理の中には、残念ながら相手の女性に交際を諦めてもらうために言っている場合があります。「人として」と言われてしまうと、「異性として」は何とも思ってないの?と不安になってしまいますよね。彼はワザと「人として」を強調して、恋愛対象外だということをあなたに察してほしいのかも。

見極め方としては、あなたの好意が彼にバレているかどうか。バレバレではあるものの、あなたが彼からの告白を待ってはいませんか?
彼からしてみると、「たぶんこの子、俺のこと好きだよな……」とは思いつつ、告白もされていないのに断るなんておかしいよな、と思っているんですね。
ですから、確信がないけど可能性がないことを伝えたいときに「人として好き」という言葉を使うんです。

「人として好き」と言う男性の心理 ②尊敬している

もしかしたら彼は、純粋にあなたのことを尊敬して「人として好き」と言っているのかも。彼に「人として好き」と言われたとき、あなたは心当たりになるような行動をしていましたか?
例えば仕事で困っている人を助けてあげたり、あなたの人生観を話したり……。彼は深い意味はなく、本当にすごいと思ったからこそ思わず「人として好き」とあなたに伝えてしまったのでしょう。

好意を持っている側からすると、真意がわからない言葉で困ってしまいますよね。
彼はあなたの好意に気づいていないか、もしくは相当な鈍感なのかもしれません……。ただ、尊敬の気持ちで言ったのであれば、まだまだお付き合いできる可能性はあります!むしろ人として尊敬してくれているので、脈アリにさせるのも簡単かもしれません。

「人として好き」と言う男性の心理 ③駆け引きをしている

彼はあなたに恋愛感情を抱いているものの、勇気が出ないので「人として好き」という言葉を使って、あなたを試している可能性があります。
好意を持っているあなたからすれば、「人として好き」なんて言われてしまうと複雑ですよね。
「異性としては好きじゃないのかな……」とガッカリしてしまうかもしれません。そんなあなたの反応を見て、彼は自分に好意を持ってくれているのか判断しようとしているのかも。
今の彼とは、お互いに何となく好意を感じられている関係ではないですか?ただ、ハッキリとはわからないのでこれ以上近づけない状態。
社内恋愛だったり、どちらかに恋人がいたりするような、真っすぐに好意を伝えられないときに駆け引きをしてくることが多いです。

「人として好き」と言う男性の心理 ④友達のままでいたい

「人として好き」って、悪い言葉ではありませんよね。ですから友達として、これからも関係を続けていきたいと思った場合に使うこともあるんです。
あなたが告白のような行動をしたときに言ってくることが多いですね。
酔った勢いなどに、告白ともとれる言葉を伝えたときに言われたのではないですか? きっと彼は、付き合えないけど友達関係が壊れるのは嫌だ、と思ったはず。
そして今ハッキリと拒否してしまうと今後の関係が悪くなってしまうかもしれないので、最小限で済む「人として好き」という言葉を使ったのでしょう。
恋愛対象外なら、そんな曖昧な言葉で断るよりもハッキリ言って欲しいですよね。
ちなみに「付き合えないけどキープしておきたい」みたいなときにも使ってくるので、遊ばれないように注意して。

「人として好き」と言う男性の心理 ⑤本気で好きだが照れ隠ししている

本気であなたのことが好きなのに、つい「人として好き」という言葉を選んでしまったのかもしれません。
本当は「好き」と言いたかったんですね。しかし、そのままストレートに伝えてしまうと恥ずかしいので「人として」という言葉を付け加えてごまかしたわけです。
ある程度彼からも好意を感じられている場合に言われたのであれば、脈アリの可能性は高いでしょう。
ただ、言われた方は喜んでいいのかわからず、困ってしまいますよね。
本来「人として好き」という言葉は、本気で好きな相手には使ってはいけないもの。
もしかしたら彼は、恋愛に奥手な可能性があります。
一緒にいても、なかなか関係を進展させてくれないので、もどかしくなったことはありませんか?

「人として好き」と言われたら……①必要以上に落ち込まない

「人として好き」……言われた方は複雑ですよね。
「人として」って何?「異性として」はどうなの!?と問い詰めたくなってしまうかもしれません。ただ、必要以上に落ち込まないようにしましょう。
確かに「人として好き」という言葉は、恋愛対象外の女性に対して向けられる場合もあります。
ただ、一概にそうとは言えないことも忘れないでいて下さい。もしかしたら彼は、本当はあなたを異性として意識しているのに、素直になれなかっただけかもしれませんよ!
彼の本当の気持ちは、あなたがいくら悩んでもわかりません。
彼自身も言うつもりはなかったのに、緊張しすぎて思わず出てしまった言葉かもしれませんからね。
あなたも彼の前で、言うつもりがなかったことを言ってしまうときもありますよね。

「人として好き」と言われたら……②自分磨きをする

「人として好き」ということは、普通の人よりは好印象を持たれているという意味。それなら異性としての魅力を磨こう!と前向きに考えてみましょう。
今度は彼に「異性として好き」と言ってもらうために、自分磨きをしてみて下さい。
人として好きだと言ってくれたということは、内面はバッチリ。
あとは女性らしい外見を身に着けることに注力するといいですね。
髪型を変えてみたり、メイクを研究してみたり。
服装を彼好みに変えてみてもいいでしょう。
また、体型が気になるのであれば運動やダイエットを始めてみるなど。
彼に振られたわけではありませんから、まだまだアプローチしてもいいんですよ!
今以上に素敵になってからアタックをしてみて下さい。

「人として好き」と言われたら……③気負わずに接する

彼があなたに「人として好き」と言ったということは、これからも関わりを持っていたいと思っているということ。
全く興味のない人や嫌いな人には「人として好き」なんて言いませんからね。ですから、今後も気負わずに接して大丈夫。
むしろ気を使って彼を遠ざけないようにしましょう。
「人として好き」という言葉だけでは、彼があなたを恋愛対象として見ているかどうかはわかりません。
ハッキリと気持ちを聞くまでは可能性があると思っていていいでしょう。
また、今は恋愛対象外だったとしても、これから何があるかわかりません。
もしかしたら状況が変わって彼が意識してくれるようになるかも。
彼から「人として好き」と言ってもらえたあなたは、他の女性より一歩リードしていると思っていて。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
「人として好き」という言葉は、脈アリとも恋愛対象外ともとれるので悩んでしまいますよね。ただ、悪い印象を持たれているわけではありませんから、自信を持ってこれからも彼との関係を続けて行きましょう!
彼の真意がわからないうちは、しばらくあなたからのアプローチは控えて様子を見てみるのもいいですね。
脈アリならきっと彼の方から行動を起こしてくれるはず。
あなたの恋が上手く行くよう、願っています。

その他のおすすめコラム