「風邪引いた……」弱っている時に大げさにアピールしてくる男性の本音とは?

あなたの周りの男性で「風邪ひいた」とLINEなり電話なりで連絡してくる人はいませんか?
中には体調不良を大げさにアピールしてくる人もいるでしょう。ここでは風邪ひいたと言ってくる男性心理について詳しく見ていきますね。

アピール理由① かまってほしいから

風邪ひいたなど体調が悪いとすぐに連絡してくる男性心理として、かまってほしいというのがありますね。もともとさみしがり屋な男性であれば、このような行動をとりがちです。
かまってちゃん男子の場合、誰に対して風邪ひいたとアピールしているかがポイント。気になっている女性や彼女だけであれば問題ありません。ところが誰彼かまわず風邪ひいたアピールをしてくる男性もいます。

今だとLINEなどで複数に一気にアピールできますよね。この手の男性は、常にだれかと一緒にいないと気が済まない依存心が強めの可能性大。
このような男性とお付き合いをすると、ずっとかまってあげないといけなくなるので注意ですよ。冷たくすると拗ねるなど、面倒なことになるからです。

アピール理由② 甘えたいから

風邪ひいたとアピールしてくる男性心理の一つが、甘えたいからというもの。男性も時には女性に甘えたいという気持ちになります。
特に普段は男気のあるキャラの場合、なかなか女性に甘えられませんよね。そこで風邪をひくなど体調を崩したとき、この機に乗じて甘えようとする男性もいます。

もし気になる男性にこのようなLINEが来た場合、「頑張ってたから疲れが出たのかもね」と送ってあげるといいでしょう。
甘えたいという男性心理の裏には「自分の頑張りを認めてほしい」という側面があります。その頑張りを素直に認めてもらえると、男性はうれしく感じます。
結果的に「早く良くなってまた頑張って、あなたに認められたい」と思うようになるでしょう。

アピール理由③ 心配してほしいから

風邪ひいたとアピールしてくる心理として、「あなたに心配されたい」というものもあります。
特に風邪ひいたことを頻繁にアピールしたり、大げさに言ってきたりする場合には心配されたいという気持ちが強く働いています。

このような心理の場合、アピールの仕方が男性によって変わってきます。
誰彼かまわずアピールする人もいれば、気になっている女性や彼女にだけ心配してほしいという男性もいます。
風邪ひいたとアピールすることで、相手の気持ちを確認したいという男性心理もあるかも。もしあなたのことが気になっていて、心配してほしいと思っているのは可愛げがありますよね。
面倒だと思わずに少し心配してあげてもいいかもしれませんよ。

アピール理由④ どう思われてるか確かめたいから

風邪ひいたとアピールする男性心理として、自分がどう思われているか無意識のうちに確認したいというものもあります。
風邪ひいたとLINEして「大丈夫?」など心配されたいと思っています。心配されることで、自分は大切にされている、価値のある人間だと確認したいわけです。
このような心理で風邪ひいたとアピールしてくる男性は、もともと自尊心の低い傾向がありますね。もしあなた自身彼のことが好きなら、心配するだけでなく、普段から頼るなど相手を認めるような態度をとるといいですよ。
そうすれば、相手の自己肯定感が高まるので多少体調を崩しても頻繁に連絡することもなくなるでしょう。
面倒だと思わずに、しっかり向き合うことがおすすめ。

まとめ

体調を崩したときに、彼から「風邪ひいた」と電話がかかってきたり、LINEがきたりすると面倒だなと思うかもしれません。
でも彼がそのようなアピールをするのは、何らかあなたとつながりが欲しいという男性心理から。もしかすると、あなた自身彼に対して普段素っ気ない態度をとっているからかもしれませんね。
風邪ひいたアピールがウザいようであれば、普段相手にどう接していたか思い起こしてみましょう。そうすれば、彼との関係も今まで以上に良好なものになりますよ。