元彼と復縁できる「可能性」を高めるためのテクニック3つ
復縁するために恋愛テクニックがあることを知っていましたか。 実はヨリを戻すためにはコツが存在しているのです。今回は復縁するためにやるべきことや恋愛テクニックを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

復縁したい時にやるべき事①本当に好きなのか見極める

復縁したいときにやるべきこととして、「単なる寂しさや相手への執着心で復縁しようとしていないか」を確認することが大切です。寂しさや執着と相手を好きという気持ちを取り違えないようにしましょう。
そして、本当にその人でないといけない理由があるのか、考えるようにしてください。 理由を突き詰めてみると、意外とその人ではなくてもいいことに気がつくかもしれません。

また、何が原因で別れたのかを冷静に考えるようにしましょう。 別れの原因をきちんと把握しておかないと、復縁してもまた同じ理由で別れることになります。
ヨリを戻したいと考えるのなら、まずは自分の気持ちや別れた原因を徹底的に見直すことが大切です。

復縁したい時にやるべき事②覚悟が必要だと認識する

復縁したいときにやるべきこととして、復縁することに対して「本当に覚悟があるのか」を自分に確認することが大切です。ヨリを戻すには思っている以上の労力がかかります。 一度壊れた関係を修復するには時間もかかることになるので、その時間を新たな出会いのために使ったほうがのちに幸せになれる可能性もあります。

また、人はなかなか変われないものですから、相手の短所をすべて受け入れる覚悟が必要です。 別れたときに相手の性格で嫌な思いをしたのなら、また同じ思いをするかもしれません。 そして、また同じ原因で別れてしまう可能性もあります。
復縁しようとするのなら、相当な覚悟が必要であることを自覚し、その覚悟が自分にあるのか、見つめ直してみることをおすすめします。

復縁のためのテクニック①恋愛とは関係のない話をする

復縁のための恋愛テクニックとして、まずは恋愛とは関係のないことで、相手に近づくテクニックがあります。いきなり「復縁したい」とか「ヨリを戻したい」と言っても、相手に大きな負担になり、拒絶されるだけです。 復縁をしたいのなら、恋愛には関係のない話で相手にアプローチすることが重要になります。
例えば仕事上の相談や困っていることを相談することで、相手は抵抗感を感じずにあなたとコミュニケーションを取ってくれるはずです。 連絡を取っているうちに、またお互いの距離を縮めることができるかもしれません。

ヨリを戻したいのなら、慎重になることが大切です。焦らずにじっくり相手と距離を縮めていきましょう。

復縁のためのテクニック②ある程度の期間を空けて連絡する

復縁するための恋愛テクニックとして、ある程度の冷却期間を置くことがあります。
別れた直後は相手も少なからずショックを受けていますし、あなたに良い印象は持っていないかもしれません。 冷却期間を置くことによって、あなたも冷静になることができますし、相手の中のあなたの印象も良くなり思い出も美化されていくかもしれません。
冷却期間の間は連絡を一切取らないようにして、できるだけ相手の前から姿を消すことを意識してみましょう。中途半端に連絡をしてしまうと、このテクニックの効果が薄れてしまい、ヨリを戻すことができなくなるかもしれません。 寂しい思いをするとは思いますが、ヨリを戻すためだと思って我慢してみましょう。

復縁のためのテクニック③自分磨きに勤しむ

復縁するためのテクニックとして、徹底的に自分を磨くことがあります。
もし冷却期間を置き、相手とはしばらく会わないのなら、その間に自分磨きをすることをおすすめします。 ダイエットに励むのもいいですし、ファッションを変えてみるのもいいでしょう。 肌や髪の改善はプロの手を借りてみてもいいかもしれません。

また、外見はもちろんのこと内面を磨くのも忘れないようにしましょう。普段読まないジャンルの本を読んでみたり、資格取得に励んでみるといいかもしれません。 今度相手と会うときには一回り成長した自分をアピールできるように、外見や内面を磨くことにぜひ取り組んでみてください。 きっと相手もあなたのことを見直してくれるはずです。

まとめ

復縁したいときにやるべきことや恋愛テクニックを紹介しました。
相手と復縁したいときはその気持ちが本物であるかどうか、まずは冷静に確認しましょう。ヨリを戻したい気持ちが本当であると確認できたら、今回紹介した恋愛テクニックを使ってみてください。 復縁は難しいものですが、アプローチの仕方さえ間違えなければ難易度は下がります。
自分の外見や内面を磨くことも忘れず、ぜひ生まれ変わったあなたを相手にアピールしてくださいね。

その他のおすすめコラム