「かわいいね」はダメ?男性が女性に言われて”嬉しくない”ホメ言葉
褒め言葉で使った言葉が、密かに男性をがっかりさせることがあります。自分が褒め言葉として使っていても相手が嬉しくなければ逆効果です。でも、ここでしっかり男性心理を分析しておけば嬉しい褒め言葉を使えますよ!

「細い」「痩せている」

女性は周囲に「細い」「スマート」だと言われるとそれを褒め言葉だと受け取ることが多いです。ダイエットが永遠のテーマのような女性にとって、痩せていること=良いと考えるのでしょう。しかし、男性に対しての「細い」「痩せている」は、褒め言葉にはなりません。

逆に「頼りない」「筋肉がない」と言うような感じで、男性がコンプレックスに思っていることを口に出すようなものです。男らしく筋肉質な身体に憧れるのが男性なので、「細い」ではなく「筋肉質でモデルみたい」という褒め言葉に変えるのがベスト。男性心理としては、モデルのような体型と言われる方が嬉しいのです。思ったことをストレートに表現しすぎないようにしましょう。

「良い人」「やさしい」

男性に対して「良い人」と表現することもあるでしょう。男性心理としては、良い人=ただの友達。良い人は、本当にただの友達だと思っている男性に使うのがベストです。相手がこちらに好意を寄せている場合は、良い人が嬉しくない褒め言葉になってしまうことを忘れないようにしましょう。

また、良い人と並んで「優しい人」という表現も実は褒め言葉にならない場合があります。「優しい人」という表現はそれ以外に褒めるところがない、目立った魅力がない場合に使いがちなのです。その他に褒めるところがないと、勘違いされることもありますよ。ただのお世辞と捉えられることもあるので、褒め言葉としては使わない方が良いですね。

「真面目」

「真面目」は、良いことです。しかし、褒め言葉としての真面目はその人に「面白みがないこと」を伝えてしまうので、真面目という一言だけで褒めないようにしましょう。真面目な部分を本心として伝えたい場合はもっと具体的に褒めること。例えば〇〇な部分が真面目だから気になるなど、もう少し掘り下げて褒めましょう。

また、その男性が真面目な結果として、どのような部分が好きなのかも伝えてみましょう。真面目で信頼できる、真面目で安心できるなど真面目だけが好きではないところも表現することです。ただの真面目は男性心理としてあまり良い褒め言葉になりません。女性から言われる褒め言葉なら、真面目にプラスαが欲しいと思っていますよ。

「かわいい」「若い」

一瞬で「かわいい」と思う男性もいますよね。思わず「かわいい」と口に出してしまう女性も多いのですが、この言葉は男性にとって褒め言葉にはなりません。男性は、かわいいより「恰好良い」と思われたいのが本音。かわいいと女性から言われると、男性として見られていないと思い込み馬鹿にされた感覚になってしまいます。

また、かわいいという言葉によって、恋愛対象から外れてしまったと受け取ることもあるので気を付けたいですね。「かわいい」に並んで「若い」も褒め言葉にはなりません。特に「若い」と言われると、仕事や日常で「未熟」だと受け取ってしまうことがあります。「かわいい」「若い」は、女性が言われて嬉しい言葉なのです!

◆男性が言われて嬉しい誉め言葉って?①外見編

男性は回りくどくない褒め言葉を好みます。例えば「かっこいい」「オシャレ」「〇〇でセンスがある!」などです。これらは、外見を褒めるときに使える褒め言葉で見た目をストレートに表現したもの。シンプルでかつ心に残る褒め言葉がベストです。

また、実際に話をしたら、「才能がある!」「面白くて好き!」などの褒め言葉も所々に入れてみましょう。男性が好む褒め言葉を実際に使うと男性はそれを聞き逃しません。褒め言葉を使ってくれた女性に対してますます注目するようになるので、さりげなく使ってみましょう。自分よりも「優れている」という点をプッシュするとリスペクトされた気分になり、ますます男性は嬉しくなります。

◆男性が言われて嬉しい誉め言葉って?②内面編

内面を褒める時に、ただ「優しい」のひとくくりにしてしまうと「それは他に褒めるところがないのかな」と勘違いされてしまいます。優しいよりも「気が利くから頼もしい!」「頼りになるからいつも安心する」などの言葉で、「優しい」をたくさん飾ってあげましょう。男性心理として、女性から言われる内面に対する褒め言葉は心に染みるものなのです。

仕事やプライベートで、普段ストレスを抱えることの多い男性なので、内面に対して褒め言葉を使われることほど、嬉しいことはありません。外見の褒め言葉は使いようによっては「社交辞令?」と思われることもありますが、内面に対する褒め言葉は、ストレートに受け取る男性が多いです。感じたことを素直に表現してみましょう!

◆LINEでの効果的な誉め言葉

最近は、LINEを使って気軽にコミュニケーションを取る機会が増えましたね。実は、このLINEを使って、効果的に男性を褒めることができます。LINEでは悩みや心配事などさまざまな事を話せますよね。話を聞いてもらった後、さりげなく「心がスッキリした」「〇〇君に打ち明けると、いつも心が軽くなる!」など、男性心理を揺さぶる言葉を入れましょう。男性は、聞いてあげてよかった、また相談して欲しいという気持ちになります。

片想いをしている場合には「〇〇君にだけ特別に打ち明けた」という感じもOK。そうすると、何とかしてあげたい気持ちから、恋愛感情へと発展していく可能性があります。LINEで「褒め活」を始めましょう!

◆年代別で褒め方を使い分けよう

年代別で褒め言葉を分けて使うことも効果的です。年上の男性にはモテ言葉の「さしすせそ」を。「さすが!」「しらなかった!」「すごい」「センスが良い」「そうなんですか!」は、年上男性が言われて嬉しい褒め言葉。この言葉を言われると、全体的に褒められているような気がして年上男性は上機嫌に。

年下男性には「頼もしい」「気が利く」「尊敬する!」など”年下とは思えない”という感じを表現するのがベスト。年下男性は年上から馬鹿にされたくないので、このような褒め言葉をかけられると安心します。女性から言われる褒め言葉に「男らしさ」が表現されていると、自分に自信を持ちます。年代別で分けて使ってみましょう!

まとめ

褒め言葉は自分が良いと思って使っていても、男性心理として嬉しくない場合があるので、内容やタイミングに注意が必要です。恋愛に踏み込みたい場合は、「あなただけが特別」という表現を使ってみましょう。「〇〇くんしか、これはできない!」「〇〇くんが居てよかった」など、相手が特別であることを認識させるのがポイントですよ。会話の中に少しずつ褒め言葉を盛り込んで、男性がこちらを気にするように仕向けられれば、脈アリサインを期待できます!

その他のおすすめコラム