【正直ウザい!】彼氏面してくる男性の特徴&対処法
『付き合ってないのに彼氏面してくる男性』っていますよね。彼氏面してくる男性に困っている方は、その男性の特徴や心理から対処法を導き出してみましょう!本命の相手に勘違いされたりしたくないですよね。

彼氏面してくる男性の心理って?

「いつから私達は恋人だったの⁉」と思うくらい、彼氏面してくる男性がいますね。付き合ってないのに彼氏だと思われていたり、両想いだと勝手に思い込まれているとなればかなり厄介です。彼氏面してくる男性の特徴に、付き合っても良いと思う女性をキープしておきたいという心理があります。とりあえず彼氏のようなふりをして女性の反応を伺ったり、周囲へのアピールで女性を他の男性にとられないようにしておきたいのです。

キープすることに対して悪気がない男性もいますし、複数の女性に同じことをしている男性もいます。付き合ってないのに勝手なことをされて迷惑な場合には、丁寧に断る勇気や「私達付き合ってないよね」と説明する行動力も必要です。

彼氏面してくる男性の特徴①報連相を強要してくる

付き合っている恋人に対しては、お互いに様々な報告をしたくなるでしょう。今日どこに行っていたか、何をしていたかなどの「報連相」は恋人との会話でありがちな話題です。しかし、付き合ってないのにその報連相を強要してくる男性は要注意。そんな男性こそ、まさしく勝手に彼氏面してくる男性と言えますね。報連相を強要することで女性の行動を把握して、彼女のように扱いたいと考えているのです。

その場合、LINEの返事などが遅いことでいちいち男性は気にしてきますし、他の男性と会ったり話したりすることに対しても苦言を呈したり機嫌が悪くなったりします。女性への愛が大きすぎるがゆえに束縛したくなるのでしょうね。

彼氏面してくる男性の特徴②束縛・ボディタッチ

「束縛がひどい」「ボディタッチが多い」といったことも彼氏面してくる男性の行動に多い傾向にあります。そのような男性は、交友関係などプライベートに関してもいちいち首をつっこんできて、アドバイスしようとします。フレーズとしては例えば「〇〇と話さない方が良いよ」「〇〇と仲良くしないでほしい」などが挙げられます。対して深い仲でもないのにそのようなことをされるとうんざりした気持ちになりますよね。また、頼んでもいないのに家まで必ず送り届けるような行為があったりすると、思わず「付き合ってないよね?」と言いたくなります。

男性としては「好きだから時間の許す限り一緒にいたい…」という気持ちでいるのですが、付き合ってないければ女性側は困るだけです。さらに、男性の方から頭ポンポンや腕・肩に触れるなどのボディタッチを頻繁にしてくるといった行動も恋人だと錯角している可能性大なので気を付けましょう。

彼氏面してくる男性の特徴③分かったようなことを言う

彼氏面してくる男性の中には、女性のことを分かりきったようなことを言うような素振りをする人もいます。恋人や長い付き合いの友人であれば、自分のことを親身に考えてくれた結果だと思いそこまで悪く思うことはないでしょう。しかし、付き合っているわけでもなくそこまで仲良くもないのに「君はいつもそうだよね」などと分かったようなことを言われると、「私の何を知っているの?」と複雑な気持ちになるでしょう。

彼氏面してくる男性には好きになった女性のことを勝手に相性が良いと思い込む心理があり、「俺といる時の〇〇が一番自然体だよね~」なんて言ってくることも。まるで自分が一番の理解者であると疑わないような振る舞いですよね。もし、周囲に対してもそういった発言をしている場合は、周りに付き合っていると思わせるための作戦である可能性もあるので早めに誤解を解いておきましょう。

彼氏面してくる男性の特徴④ファッションに口を出してくる

自分好みに女性を変えさせようとする男性には気を付ける必要があります。例えば、「ヘアスタイルはこうした方が良い」「服装はこっちの方が俺は好き」など、外見について細かくアドバイスしてくる男性。付き合っているわけでもこちらから助言を求めているわけでもないのに、そのようなアドバイスをされると困りますね。

また、「スカートではなくパンツにしてくれない?」「露出は控えて欲しい」などのアピールをしてくるケースも。周囲に、”この女性は自分の彼女だ!”とアピールしたいが故に外見へのアドバイスが行き過ぎてしまうことも。男性の言いなりになり過ぎると本当に勘違いしてしまうので、「ほっといてくれない?」とそこは自分の意志を貫いて下さい。

彼氏面してくる男性への対処法①「友人」であることをハッキリ言う

付き合ってないのに彼氏面してくる男性への対処は、自分の意志を強く伝えることからスタートさせましょう。勇気がいるかもしれませんが「ただの友達」であることを強調すること。まずは、二人きりの時よりも周りの人がいる時に「友達だから~」という言葉を使ってみましょう。仲良く見えるが私はあくまで友人として接しているということを強くアピールしてしまうことで男性は、引いてくれる場合があります。

曖昧な表現ではなくストレートに伝えることがポイント。それでも伝わらない場合、二人になった時に「私達はいい友達でいようね!」と思い切って宣言してみましょう。「友達」というワードを何度か相手に聞かせていくうちに男性も脈ナシだということに気が付いてくれるはずです。

彼氏面してくる男性への対処法②「彼氏ができた」と伝える

「彼氏が出来た」と報告するのも彼氏面してくる男性へのグッドな対処法です。彼氏が出来た、好きな人がいるなどのアピールは彼氏面してくる男性を遠ざけさせる行動に繋がります。特に彼氏面してくる男性が自分をキープしている場合には彼氏が出来たと伝えることで、思わせぶりな行動をキッパリ止めてくれるケースもあります。

たとえ、本当に恋人ができていなかったとしても構いません。それよりも彼氏面してくる男性に自分の意志を強く表現することの方が大切ですよ。この先も彼女のように扱われることを思えば、このような嘘は良い対処法です。共通の友人がいなければ、彼氏の有無の真偽は分かりませんからね。一番シンプルで男性を説得させやすい方法です。

彼氏面してくる男性への対処③他の女性を薦める

彼氏面してくる男性の心理には、「とにかく彼女を作りたい」ということもあります。その場合、他の女性を薦めてみるのも一つの対処法として有効です。もし、そういった男性を気になっている知人や友人がいれば、その女性をプッシュしたり二人きりで会う機会を作ってあげましょう。「彼女作ったら?」「合コンには行かないの?」など、他の選択肢を薦めて自分が彼氏面してくる男性に興味がないことをアピールするのも良いでしょう。

他の女性を薦めたり彼女を作ることに協力する姿勢があれば、男性は異性として見られていないと気が付きます。「自分は恋人として見ていないし、これからも恋人になるつもりがない!」ということを明確にしておくのが大事。そのうち諦めてくれるでしょう。

曖昧な対応をするとエスカレートするので注意!

男性の心理は根本的に女性の心理とは違います。特に、彼氏面してくる男性の特徴は、好きになったら相手の気持ちが見えなくなりがちなところがあるので、曖昧な対応をしないことが第一条件です。言い方が少しきつくなったとしても、恋人ではなくただの友達であることを伝えなければなりません。もし、言いにくい場合にはその男性との関係を完全に断ち、友人としても付き合わない選択をしてみることをお勧めします。

どっちつかずな対応は、時に彼氏面してくる男性の気持ちをエスカレートさせます。連絡を断つ勇気・近づかない勇気も必要だということを覚えておいてください。恋人関係になるつもりがないのであれば、強い態度をとることも優しさなのです。自分の気持ちをハッキリ表現してくださいね。

まとめ

彼氏面してくる男性がいる場合、その男性の態度を責めるばかりでなく自分の対応も見直さなければなりません。彼氏だと錯角させるような行動や言動はないか、友達以上のような関係性になっていないかなど今一度自分自身を振り返ってみましょう。そして、彼氏面してくる男性に対しては、常に「友達」であることを表現します。ハッキリした態度を示すことで、どう転んでも恋人同士にはなれないことをアピールしましょう。自分では収集がつかない場合は、周囲の協力も必要としてみて下さい。

画像出典:istock 

その他のおすすめコラム