『社内不倫』に陥るきっかけって?シチュエーション別に紹介!
職場は、生活の中でも多くの時間を費やす場なので、そこから不倫に発展する人は珍しくありません。今回は、社内不倫に陥るシチュエーション&社内不倫をする人の特徴についてご紹介します。

お酒の席で…

お酒の席をキッカケに社内不倫をするパターンは多いと言えるでしょう。会社では忘年会や新年会、歓送迎会など職場の人とお酒を飲む機会がありますよね。

お酒が入ると、仕事では話さないようなリラックスした会話が飛び交ったり、物理的な距離も近くなるので心がオープンになってしまいがち。そんな中、普段の業務では知りえなかったプライベートに関することや魅力に気が付き、しかもアルコールが入った状態なので、一気に関係が深くなる可能性が!

会社の人同士での飲み会から二次会へ。さらに、気が合った異性同士が二人きりなどで飲み直すなんてことも…。普通の恋愛だけではなく、既婚者であれば不倫に繋がるきっかけにもなりやすいのです。

上司と部下・先輩と後輩

職場では、誰しも上司と部下・先輩と後輩などの上下関係となる人がいるはずです。そして、こうした関係は一緒にいる時間が長いことから、社内不倫に発展する場合も少なくありません。一般的には、上司が部下を口説くようなイメージを持つかもしれませんが、最近の社内不倫ではなんと、部下の女性から上司の男性にアプローチするケースも増えてきていますよ!

上司と部下である二人は仕事の都合上、やはり何かと相談したり教えたりと、二人きりで行動したり話す機会が非常に多いですからね。頻繁にかかわる相手だからこそ、恋愛感情に変わっていくなんてことも珍しくないのです。また、たとえ二人きりで一緒にいたとしても、社内不倫だと周囲からはバレにくいといった利点もありますよ。

出張・社員旅行

社内不倫は、出張や社員旅行がきっかけとなるケースもあります。特に家庭を持っていれば、基本的に家族以外の他の異性と宿泊をすることはないので、こういった会社つながりのものが、自然な形で不倫への扉を開くことも…。

旅行であれば、家族の監視からは逃れますし、さらに宴会などお酒を飲む場面にもなりやすいですよね。いつもとは違う開放的な気分になることで、職場が一緒というだけの関係から、男女の関係に発展する可能性はかなり高いと言えるでしょう。

出張や社員旅行で不倫をしやすい人というのは、そもそも相手の異性に少なからず好意を持っていることが考えられますよ。男女のうちどちらかが好意を持っているだけで、社内不倫に火が付きやすくなります。出張先では家族からは、少なくとも疑われることはありませんからね。

同期・同僚

職場の同期は、お互いのことを知り尽くしているという仲間意識から、不倫を伴う恋愛関係に発展しやすくなります。一緒に行動することも多いですし、相談や愚痴を言やすい間柄なので、自然と男女の関係になることも少なくありませんよ。特に同期同士はプライベートで集まることも多く、職場以外の場所で親密になるチャンスもたびたび発生します。

さらに、職場では一緒に食事をしたり、残業するなど一緒にいても、周囲からは「同期だから仲が良いんだな」と不審がられることもありません。たとえ、どちらかが既婚者であっても、同期としての接し方が変わることはほとんどないですし、子育てや結婚生活について話している内に…なんてことも。

『社内不倫』をする人の特徴①仕事ができる

社内不倫をしやすい人の特徴についてお話しします。基本的に社内不倫をする人は、『仕事が出来る』ことが多いとされています。職場で活躍出来る人は、社内でも常に注目される存在にもなりやすいですし、自然と外見も内面も魅力的に見えてしまうのでしょう。はじめは「傍にいてサポートしたい、」「一緒に切磋琢磨したい」という気持ちから、いつの間にか社内不倫に…というパターンも。

社内不倫はバレるリスクが高いとされていますが、仕事が出来る器用な人ならリスク回避もお手のもの。家庭と仕事、さらに不倫相手との線引きをしながら上手く切り替えてやれる人は、不倫も長続きしやすい傾向にあります。
また、コミュニケーション能力が高い人ほど、フットワーク軽く相手との関係も深めやすいとも言われていますよ。

『社内不倫』をする人の特徴②家庭が上手くいっていない

よくあることですが、家庭が上手くいっていないからこそ社内不倫をする人もいます。奥さんとの関係が上手くいっていれば、そもそも他の異性になど興味が湧くことはありませんからね。家庭で感じるストレスを発散したり、パートナーとは違うタイプの異性と恋愛したいといった下心のある人は不倫をしやすいのです。

中には、家庭円満であっても不倫する人はいますが、このような人は自分の魅力を再確認したいといった気持ちが隠されていることも…。「結婚していてもモテる自分でありたい」「いつまでも現役でいたい」と思っている人は、不倫に走りやすい傾向がありますよ。
さらに、社内不倫する人には、既婚者であることを隠す人もいます。まるで独身のように装い、相手が自分に夢中になってから、実はパートナーがいた…とカミングアウトするパターンも。

『社内不倫』をする人の特徴③押しに弱い

不倫をする人は、何も自身の欲に奔放なタイプばかりではありません。押しに弱いといった人もまた、社内不倫をしやすいとされています。特に、流されやすい・断れない性格の人は、「不倫は良くないことである」「バレると大変なことになる」と分かっていながらも、つい相手に合わせてしまうのです。ちょっとした相談など些細な事がきっかけで、いつの間にか戻るに戻れない関係になっていくケースも多いでしょう。

また、相手が自分よりも立場が高い上司だからこそ、脅迫に近い形を取られたり、何となく断りにくい状況を作られたりして、社内不倫を強要されることも考えられます。自分は社内不倫をしたくなくても、相手が積極的だとその押しに負けて、関係を続けてしまいやすくなるので

『社内不倫』はバレやすい!

社内不倫が絶対にバレることはないと思っていても、予期せぬきっかけからバレることはあります。特に、「職場で所属が一緒」「常に行動を共にする仕事関係」では、周囲から疑われるやすいと言えるでしょう。自分たちでは気を付けているつもりでも、なんとなくよそよそしい雰囲気があるなど、ちょっと勘のいい女性などであればすぐに察します。

社内不倫がバレると、社内の風紀が乱れたという理由から最悪の場合解雇されることも。さらに、社会的な制裁も加わり、自分だけでなく相手や相手の家族など、たくさんの人を巻き込むことにもなります。ですので、不倫は多くの周りの目がつねにあることを忘れずにいたいですね。自分たちだけの問題ではないことを理解しておきましょう。

まとめ

社内不倫する人には、絶対にバレることがないという自信や、「もっと自分の魅力を確認したい」などの欲求を持っていることが挙げられます。そして、最近では男性からではなく、女性からのアプローチも珍しくないものとなています。
不倫とは、自分や相手だけではなく、本当に大切にするべき存在を傷つけてしまいますので、一時の感情に流されてしまわないよう、慎重に行動しましょう。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム