男性が思う、「理想の奥さん」に共通するポイントって?
実は、男性には「理想の奥さん像」というものがあるのをご存知でしょうか?どんな女性を目指せばいいかが分かれば、意中の人との結婚も夢ではありませんよね。
そこで今回は、男性が求める「理想の奥さん」の共通点と、逆に結婚相手にはなりにくい女性についてまとめてみました。

①料理上手

男性が考える理想の奥さんの特徴の一つに、料理上手なことが挙げられます。あるあるですが、家庭的な面を持った女性はやはり「奥さんにしたい人!」。プロのような料理ではなく、余りものでパパっと料理が出来れば、なお男性はその女性に好感を抱きますよ。同棲している時や男性の家にお呼ばれした際などに、冷蔵庫の中にあるものでさっと作って、家庭的なところをアピールしてみましょう。

また最近では、男性でも料理にハマっていたりするので、女性と一緒に料理をして楽しみたいと思っている人も!はじめはそこまで考えていなかった男性もそういった部分を見ると、途端に将来を意識します。
奥さんにしたい人は、臨機応変な対応が出来るかどうかも大切。男性の体調に合わせた料理や、時短料理などで心を掴みましょう!

②精神的に自立している

結婚相手に選ぶ基準として、精神的に自立しているかどうかは大事なポイント。恋人であれば多少頼りない部分が多かったり、だらしない所があっても「そこが可愛い」と思ってもらえるかもしれません。

しかし奥さんとして考えると、ある程度はしっかりして欲しいと考える男性は多いですよ。夫婦になって子供を持てば、𠮟るべき時に叱れる芯の強さが必要ですし、長い結婚生活では予期せぬトラブルも発生します。そのような時にしっかり問題から目をそらさず、一緒に乗り越えられそうな女性に対して、男性は「この人となら結婚したい」と考えるのです。流行や何かに依存することなく、ブレない意志を持っているかを交際時にチェックしている可能性も!

③どんな時にも寄り添ってくれる

どんな時も寄り添い味方でいてくれる存在を、男性は奥さんに選びやすい傾向にあります。男性は外のストレスで落ち込んだり弱った自分を、家に帰って安心できる女性にしか見せませんからね。つまり理想の奥さんにするポイントとは、男性が自分の弱さを見せられるかどうか。

例えば、男性が疲れている時や落ち込んでいる時に褒めたり、寄り添える女性には特別な感情を持ちます。恋人との違いは守るだけではなく、男性側の甘えたい気持ちがしっかり出せるほど包容力があるか。反対に、男性よりも不安定な状態が多い女性だと、簡単に甘えられないどころかそもそも癒しを感じません。

さらに、自分だけでなく子供にも深い愛情を注いでくれそうか、友人などをから恨みを買うような人物でないかも見ています。つまり、周囲の評判やイメージも重要ということですね。

④倹約家・常識がある

結婚相手にする条件として、倹約家で常識があるかどうかは外せないでしょう。やはり家庭を維持していく上で、お金の管理は必要不可欠になってきますし、外で仕事をする男性は家計を全て奥さんに委ねることも珍しくありません。ですから、こうした管理がしっかり出来るのが条件の一つだと考える男性は比較的多いと言えますよ。

一方、「身の丈に合わない買い物ばかりする」「一般常識やマナーが身についていない女性」はどうしても恋人止まりになってしまいます。恋人との違いはこうした要素があるかどうかで、金銭感覚があまりにも男性と合わなかったり、常識外れな行動ばかりするのはNGです。やはり将来を共にすることを考えれば、貯金意識のある女性を奥さんにしたいと思います。
加えて、お金の管理だけでなく、教養の有無や基本的な礼儀作法、親との関わり方なども同じように重視します。

「恋人」と「結婚相手」との違いって?

理想の奥さんと恋人との違いは、安心して家庭を任せられるかどうかが重要ポイント。恋人なら、「可愛い」」「美人」といった外見の良さで付き合うことがあっても、奥さんにするにはそれだけでは不十分なのです。甘えられるだけではなく、女性から癒されたいとも思いますし、時には頼れるような面もほしいですからね。一緒に様々な困難を乗り越えられそうな相手に将来性を感じます。

さらに男性は、なるべく自分と同じような価値観を持っている相手と共に過ごしたいと思うため、あまりにもかけ離れた考えをする相手とはたとえ見た目が好みでも結婚相手とはならないでしょう。やはり視覚的に満足させるだけでは結婚相手に選ばれないので、内面も同じように磨いていきたいところですね。

結婚したいと思わない女性の特徴①自分勝手・依存しがち

男性が結婚相手から外す女性とは、自分勝手で男性に依存してしまうタイプ。女性の中には、自分の意見が通らないだけで感情的になったり、他人への気配りが全く出来ない人っていますよね。そんな女性はたとえどんなに男性が優しくても、いつかは離れていってしまうので注意して下さいね。

結婚生活では、様々なトラブルが起こる可能性があるので、その度に荒れてしまっては解決にはなりませんからね。結婚を意識するポイントとして冷静な話し合いが出来るかどうかも、実はかなり男性的には大事なところなのです。

加えて、依存し過ぎて精神的・経済的に自立していない女性もNGになりやすいですよ。男性の稼ぎをあてにしすぎている、交際時に嫉妬や束縛が多いといった女性には、将来性を感じられません。

結婚したいと思わない女性の特徴②浪費癖がある

金銭感覚が男性とあまりにも合わなさすぎるというのも、恋人止まりになりやすいポイントになります。なかなか難しいところでもありますが、中でも「浪費癖」がある女性は特に警戒します。例えば、「ブランド物で全身を着飾っている」「明らかに収入に見合わない高額な商品ばかり身に着けている」と、浪費家だと思われる要素になるので、普段の身なりにも注意が必要です。

また、結婚後は家計を共有するケースが多いため、高給取りの男性やハイスペックな男性から見れば、「自分の稼ぎ目当てで結婚したいのかな」「やたらと贅沢しそう」というようなマイナスイメージに…。同時に「貯金感覚がない」とも思われてしまうので、しっかりとした貯蓄意識を持っていることをアピールして、将来性を感じさせるようにしましょう。

結婚したくない女性の特徴③他にはこんな女性も…

清潔感を感じられない女性は、結婚相手としてだけではなく恋愛対象にもなれません。「見た目を着飾ることに無頓着」「女性らしさを感じない振る舞い」などは男性にとってNG。
例えば、持ち物が汚れていたり、いつもスッピンのような顔でも平気といったことはありませんか?男性には、「結婚しても女性には美しさをキープして欲しい」「いつまでも女性らしくいてほしい」といった気持ちがあるので、交際時や交際前の時点でそう感じられないのは論外だと言えるでしょう。

また男性は、ポジティブな考え方をもつ、明るい性格の女性と将来を共にしたいと考えています。ですので、反対に「いつも愚痴や悪口ばかり言っている」「つねに物事を悪い方向に考える傾向のある女性」は、恋人として守りたくなることはあっても、結婚相手としては意識されないでしょう。

まとめ

男性が思う理想の奥さんは、「一緒にいて安心出来る」「なるべく自分と似た価値観を持っている」ことが大切なポイントに。一方、恋人だけで考えると「外見が好みか」「刺激的な経験が出来そうか」が挙げられ、多少性格や価値観が異なっていてもそこまで問題視しないケースが多いですよ。

もし、あなたが男性に結婚相手として見られたいなら、家庭的な面やしっかりした部分をアピールすると良いかもしれません!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム