「既婚男性」が部下の女性を好きになる心理と本命に送るサイン
「社内不倫」とはどのように始まるものなのでしょうか。そのほとんどは、上司である既婚者男性が部下である女性を口説くケースが多いとされていますよ。
そこで今回は、既婚男性が部下の女性を好きになる瞬間やサインについてご紹介します。

「かわいらしさ」がある

既婚者男性の好みの部下女性は、かわいらしさがあるかどうか。既婚・未婚問わず、外見や内面に女性らしさや守ってあげたくなるような雰囲気があれば、既婚者男性は好意を持ちます。例えば、仕事は一生懸命でもたまにおっちょこちょいな部分が見えたり、時には弱々しい態度を取るといったギャップにハマる男性も!

さらに、年下特有の素直な反応や若々しさ、華やかさに惹かれ、社内不倫に発展することも多いと言われています。仕事で接点が多かったり、会議や出張などで距離が縮まることで、お互いのプライベートを話す機会や些細な出来事を話すようになり、密接な関係になることも…。連絡先を交換すれば、仕事だけではなく個人的な付き合いにもなります。

ひたむきに仕事に取り組む姿

ひたむきに仕事に取り組む姿を見た時に、既婚者男性が部下の女性を好きになると言うのはよくあるケースです。最初はただの部下社員だったとしても、一生懸命だったり真面目に取り組む情熱に、最初は同僚としての好意だったのが恋愛感情に…。

例えば、「誰よりも早く来て仕事をする」「夜遅くまで残業を頑張っている」「意欲的に仕事をこなしている」などで、「頑張ってるな…」と気にかけてくれることも。

また、仕事についての悩みを相談したことがきっかけで、「守りたい…」「役に立ちたい」と思うようになるケースも少なくありません。ひたむきな姿やしっかりしている中での弱々しさが、女性への好意へと繋がるようです。

細やかな気配りをされて…

既婚者男性が仕事仲間である女性に好意を抱くきっかけの一つに、細かな気配りをされた時というものが挙げられます。例えば、「疲れている時にコーヒーを淹れてくれる」「仕事を手伝う」「過去に話した好きなものを覚えて、プレゼントしてくれる」といったもの。

ほかにも、男性が体調が悪かったり元気がない時に、「大丈夫ですか?」と声をかけられたのがきっかけというのもあります。つまり、ビジネス面でのフォローではなく、ちょっとした気遣いにドキッとするのです。

基本的に男性はリードする立場が多いが故に、ふとしたこういった優しさには弱いということですね。その女性に明るい笑顔や癒しを感じた時、仕事で一緒になる女性を好きになることが多いのです。

既婚者上司に好かれやすい女性の特徴って?

では、既婚者上司に好かれやすい年下女性とはどのような女性を指すのでしょうか?一つは、コミュニケーション能力が高いことです。ノリが良く、いつでも明るく接してくれる年下女性にはやはり好感を持ちますし、その分男性との関わり合いや接点が多いといったことも考えられます。

例えば、飲み会や会社のイベントなどでよく話す女性で、よく話が盛り上がれば「もっと一緒にいたい」「たくさん話したい」となるので、そのうち連絡先を聞かれたりプライベートな話をされる可能性も高くなるでしょう。

また、基本的な事ですが、挨拶を欠かさず愛想の良い女性も、好かれやすいですよ。加えて、仕事を一生懸命頑張っている姿や結果を残していると、自然と興味を持たれる対象に。

既婚者上司が部下に見せる好きサイン①やたらと話しかけてくる

既婚者男性は好みの部下女性に対して、周囲の女子社員よりもたくさん話しかけることでアピールしてくることがほとんど。「仕事を頼んでくる回数が多い」「ちょっかいをかける」など、交わる機会を既婚男性から持ち掛けてくるようなら、それは脈アリサイン。

また、多少いじってくるのも男性上司にはよくあるパターンで、そこで女性の反応を伺っていたりもします。ほかにも、業務以外のプライベートな話をやたらと聞いてくたり、仕事面に関してはたまに無茶な仕事をふってくることもありますよ。

ただし、仕事を振ってくることに関しては、部下として信頼しているというものも考えられます。その場合は、その後の差し入れや感謝の気持ち、フォローなどがあるかどうかで判断するようにしましょう。

既婚者上司が部下に見せる好きサイン②二人になろうとしてくる

既婚者男性は好意を持った部下の女性に対して、やたらと二人きりになろうとする場合があります。プライベートな誘いだとすぐばれてしまうため、自分の出張や外出に同行させるパターンが多いですよ。

また、仕事関係なのに社外で会おうとしたり、デスク経由で話しかけるといったことも!ほかには、自分のチームに積極的に入れて仕事上での関わりを増やそうとする既婚男性もいます。

さらに、会社の飲み会ではいつも隣もしくは近くにいて話しかけてくるのも、その女性に興味があってもっと距離を縮めたいから!近くにいることで自然と会話できますし、お酒の席だからこそ、何となく物理的な距離も近くなりますからね。他の男性社員と話していると会話に入ってくることもあるでしょう。

既婚者上司が部下に見せる好きサイン③特別扱いする

社内不倫をしたいと考える既婚男性は、部下の女性に特別扱いをし始めます。例えば、やたらと特定の女性にだけ厳しく説教するようなことも。ただしその後のフォローは欠かせません。反対に、その人を強調するような評価や褒め方をしてくるといった場合もありますよ。

こういったアプローチをする男性の多くは、実は奥手なタイプが多いですよ。そもそもコミュニケーション能力が高い男性なら、比較的ストレートなサインを送るもの。しかしそうでない場合は、仕事を通して何等かの接点を持ちたいと思っています。

ほかの人がいる時と二人っきりの時とで態度を変えるのも、プライドの高い男性がよくする行動パターン。あなたの周りにみんなの前では厳しいのに、2人になると褒めてくれるなんて男性はいませんか?

部下に手を出しやすい既婚者男性の特徴って?

では、こういった社内不倫をしやすい男性とはどんな特徴を持っているのでしょうか。分かりやすい例としては、いかにもモテそうな外見やスペックを持った既婚者男性や、常に女性社員と話しているような男性。こういったタイプの男性はきっかけさえあれば、すぐに不倫関係に発展しやすいので要注意です。

また、「社内でも仕事ができると評判の人気者タイプ」や「ある程度高いステータスや稼いでいる」男性も、時間的・金銭的余裕があるので、そもそも不倫することに罪悪感を持たないといったことも。なんなら女性の方から歩み寄ってくることもあるかもしれません。

加えて、表面的には家族円満をアピールしながらも、「実はうまくいっていないんだ…」などと持ち掛けて社内不倫をしようとする既婚者男性もいます。

まとめ

既婚者男性が社内でタイプだったとしても、社内不倫は後に大きなリスクとして自分に降りかかってきます。既婚者男性が部下の女性を好きになる瞬間は、些細なきっかけがほとんど。何気なく行動したことが、既婚者男性の心を掴んでしまうこともありますよ。

社内不倫では、バレると最悪の場合、相手も自分も会社にいられなくなる可能性も充分あります。不倫のリスクはどんなものか?ということをしっかりと考え、慎重に行動するようにしましょう!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム