長く付き合っているのに「結婚する気がない」男性の6つの理由
「付き合って長いのに、どうしてプロポーズしてくれないの?」と不安になったことはありませんか?そこで今回は、結婚をする気がない男性の心理や理由、さらに結婚する相手としては相応しくない男性の特徴についてご紹介します。

まだ結婚しなくてもいいと思っている

結婚する気がない男性は、「まだ結婚しなくてもいいや…」と考えている可能性が高いでしょう。一般的には女性の方が結婚に積極的で、男性はそこまで…といった傾向にあると言われています。ですのでよく、「交際期間が長いのにポロポーズがないのはなぜ?」と女性は思いがちですが、男性は交際期間の長さで結婚を考えているわけではないのです。

さらに男性にとってみれば、結婚には精神的・経済的リスクが伴うので、どうしてもすぐに答えを出せないのも理由の一つ。一方で女性は、仕事をやめて専業主婦に専念することもできるので、経済的な負担は男性に比べると軽くなります。そういったギャップにより、なかなか男性は結婚に踏み切れないのです。
また男性には出産がないため、どうしても「○○歳までに!」といった必死さがないのもあるでしょう。

自信がない

プロポーズをしない男性は結婚する気がないのではなく、養える自信がないということも考えられます。いくら女性の社会進出が進んだ現在であっても、男性が大黒柱になって稼ぐというイメージがまだまだま根強い世の中。収入も圧倒的に男性の方が上ということも少なくありません。

だからこそ、男性にとっては結婚という二文字は重荷であり、「今の自分の稼ぎで、奥さんや子供を養っていけるのか…」となってしまうのです。特に20代では稼ぎはそこまでないので、いくら恋人のことが好きで長く過ごしていても、結婚をしないことはよくあるパターンなのです。

もし、結婚願望があるけれども自信がないということであれば、しっかり話し合いをして待ってあげるのもいいかもしれません。また、自信の無さで言えば、「万が一、プロポーズして断られたらどうしよう…」という男性特有の不安もあるでしょう。

今の恋人と結婚すべきか迷っている

今の恋人と結婚すべきか迷っていることが理由で、なかなか結婚に踏み切れない男性もいます。男性から見て、これまでの交際相手の行動から、明らかに結婚生活に不向きに見えたり、家庭がイメージできなければ結婚は決められません。

例えば、「基本的な家事ができない」「メンタル面や金銭面で自立していない」「許せないだらしなさがある」など、結婚の決め手に欠ける要素はたくさんあります。さらに長い結婚生活でで一番大事なのが、二人の相性の良さや価値観の一致。こちらも「恋人の時点でケンカばかり」「お互いを許し合えない関係」なら、ますます男性は結婚から遠ざかるでしょう。

女性から見ればそろそろ…と思っていても、男性としては結婚相手として見極めるために、「もう少し様子を見たい」と思っていることもあります。

結婚する必要性を感じていない

残念なことに男性側に、結婚願望がないもしくは結婚する必要性が無いと思っているケースも少なくありません。

特に、すでに同棲をしているカップルに多いのですが、結婚生活を同じくらい時間を共有し何の問題もなく家事分担もしているのだから、「わざわざ結婚という形にこだわる必要はないのでは…?」と考えているのです。このように、結婚するメリットや必要性が分からないといった場合、自然と結婚という意識が向かなくなってしまいがちに…。

また、結婚する気がない男性の特徴には、「家族や親族との付き合いが面倒」だと考えるものも!そのような男性は、そもそも結婚に不向きであり、例え結婚できたとしても自分本位な行動しかとらなくなるでしょう。

一人でいる方が楽だと思っている

結婚する気がない男性のタイプには、一人の方が気楽だと思っているところがあります。結婚すると時間的にも縛られることが多く、なかなか独身生活のようにはいきません。

ある程度年齢を重ね、自身のライフスタイルが確立している男性にとっては変わる事が辛く、結婚に対する魅力を感じられません。実は30代になっても結婚願望がない男性は多いと言いますよ。

また、極度の潔癖症などこだわりが強い特徴の男性も、他人と一緒に過ごすイメージができないため、結婚を選ぶことは無いでしょう。自分のルールで生きる男性は、自分のテリトリーに他人が入るのを何よりも嫌がりますからね。自分のこだわりの強さや協調性のなさを自覚して、あえてプロポーズしないのかもしれません。

ほかにもこんな理由が!

交際期間が長いのになぜか結婚しようとしない男性の中には、女性から結婚に対するプレッシャーが原因となっている可能性もあります。

女性はどうしても出産や周囲の結婚ラッシュなどによって、結婚適齢期になるとあらゆる手段を使って、男性に結婚を意識させようとします。しかしそれが男性にとっては、全くの逆効果になっていることも。あまりにもアピールしすぎてしまうとよくないので、これは女性側も注意が必要でしょう。

さらに、遠距離などの物理的な問題がネックとなって、中々踏み込めないケースもあります。男性側に合わせるのか、女性側に合わせるのか、女性の仕事を続けるかどうかなども争点に。優しい男性こそ相手の負担を考え、躊躇してしまうこともあります。

こんな男性なら結婚しない方が良いかも…①

いくら相手のことが好きで結婚したいと思っていても、そもそも結婚に不向きな男性もいます。

例えば、いつも自分のことしか考えないマイペース人間な男性もその一つ。「デートより自分の趣味や都合ばかり優先する」「真剣な話をしているのに、全く取り合ってくれない」「約束や記念日を忘れる」といった男性は結婚には向いていません。結婚生活は二人で築いていくものであり、一方の都合にだけ合わせているのは疲れるだけですからね。

他にも基本的なところですが、浪費家やギャンブル好きといった金銭感覚の相違がある男性は、結婚すれば家計が苦しくなるでしょう。さらに「人間性や性格に問題がある」「浮気癖がついている」などの特徴も、モラハラや不倫に発展し離婚しやすいので要注意です。

こんな男性なら結婚しない方が良いかも…②

男性の中にそもそも、結婚したいという気持ちが無ければ、いくら頑張っても叶わない可能性が高くなります。例えば、長く付き合っているのに、男性の友人や家族の話を一切しないのであれば。あなたの事を結婚相手とみていないか結婚願望がない恐れが…。

また、自分以外に興味がない場合や周囲に関心がない人は、結婚しても気持ちのすれ違いや負担の大きさで辛くなることが想定されます。家族や親族との付き合いもありますし、子供ができたら二人で協力して子育てをしなければならないので、こういった男性は家事や育児に協力してくれないでしょう。
加えて、やたらとプライドやこだわりが強く頑固、何かしてもらったときに感謝ができないなども小さなところですが、後にストレスの原因になりますよ。

まとめ

交際期間が長いのになぜかプロポーズしない男性というのは、ひとえに結婚する気がないだけではありません。男性特有の結婚へのリスクや自信の無さ、経済的な理由なども考えられます。

また、どれだけ相手の男性が好きでも、こだわりが強過ぎたり、自分にしか関心がない男性は結婚に不向きです。結婚生活は二人で作るものなので、協力し理解し合える気持ちが無ければ、結婚しても上手くいきません。結婚に対する考えにギャップがあれば、別れて新しい人を探すのも一つですよ!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム