お金の「扱い方・考え方」で変わる!お金と良い関係を築く方法をご紹介!
お金を貯める事ができる人と、貯めることができない人には「扱い方・考え方」に差があるのです。だからこそ、その考え方を身に付けることで、金運を上げることができます。あなたが今からでもできる事をここで紹介していきますので、是非チェックしてみてくださいね。

金欠病を卒業する

お金のない人に限って、お金をほんの少しでも貯金しようという気持ちがなぜがないのです。「今月もいくらか余ったら貯金でもしようかな…」「こんな少ない給料じゃ貯金は無理だな」「給料が上がったら貯金をしよう」という具合なのです。
その考えこそが、いつまでたってもお金とご縁がない原因なのです。そして、「今月も金欠だ」といって苦しむことになるのです。
人生でお金を確実に蓄えていける人は、収入がたとえ少なかったとしても、その少ない金額の中で工夫して貯金をし、「少なくとも、これだけは毎月貯金しよう」というお金を確保する策を最初から考えているものなのです。

最初に”余裕”を考えるから、現実に”余裕”が生み出されるのです。最初から「少なすぎる」「無理」という発想をしているから、「たくさん給料がもらえるようになったら貯金しよう」と考えて、お金を貯えることを後回しにしてしまっているのです。「

人生では、それがお金のことであれ、何であれ、あなたが優先的に考え、大切にしたものがあなたの現実になるのです。

貯金専用の通帳をつくる


いつでも「お金があり余ってる」人でいたいなら、自分の富裕生活へといざなうためにの”貯金専用通帳”を作ることです。
貯金するための専用通帳をつくることは、お金に縁のある人になるための必須条件です!
というのも、専用通帳を持っていないと必要に迫られてお金を引き出してしまったり、「これだけあるし、使ってもいいか」とズルズル無計画に使ったりしてしまいがちです。優先的にお金を貯蓄に回ると決めたら、と多恵それが月々1,000円であれ、10,000円であれ専用通帳にきちんと入金していくことです。

「ちょっと痛い!」と思うぐらいの金額を入金していったほうが、たくさん貯めている気がしてわくわくするものです。そして、貯金の額が大きくなればなるほど、金運パワーが大きくなっていって、あなたは次第にお金の心配とは無縁になっていきます。

「金運波動」を持つまでお金を寝かせる

波動をしっかり身に付けたいなら、蓄えはじめて育ち始めてたお金を崩したりしない事です。ある程度まとまった一束のお金になるまで、ちょっと寝かせておくことが大切です。
途中でちょろちょろ使ったり、お金を持った気になって大盤振る舞いしたりせず、お金がそこで増え続けようとするのを喜んで助ける事です。貯金したことのない人に限って、あるいは多額の財産を持ったことのない人に限って、自分の中で「凄く貯金できた!」というところまできた時、なぜが使いたくなってしまうのです。

お金のほうに大きな”富気”ができた時には、お金があなたに物を申すようになり、お金をより良い形で育む術、さらに大きくする方法を何かと知らせてくれるようになるものです。
育んだ金運は、正直にあなたの人生の金銭事情に表れるようになってきます。

思いっきり買い物をする

金運を今よりも良くしたいと思うのなら、引き寄せ、貯めるのもいいことですが、時にはいい形で思い切り使うことも大切です。というのも、お金というのはただ貯め込むだけで循環させないでいると、気がよどみますし、新たな富気が入ってこず、金運が高まらないからです。
ですから、時には金運を喜ばしい形で刺激して、いい気を高め、お金の循環をよくすることを積極的にしたいものです。あなたが貯めたお金を余裕をもって使えるようになったら、一度自分のほしかったものを我慢せず使ってみるのも良いでしょう。

あなたが嬉しい気持ちで、楽しいで買い物をすると、その度にあなたは新しい品物と新しい気持ちと高まったエネルギーと、一新された運気を手にすることになります。それと同時によい形で金運を刺激したことになり、喜ばしくお金が入ってくるのです。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム