【コレが原因?】あなたを不幸にしてしまうインテリアアイテム6選
「この頃、運が悪いのはなんでだろう…?」と感じたことはありませんか。もしかしたら、あなたの部屋が悪い運を引き寄せてしまっているかもしれません。そこで今回は、あなたを不幸にしてしまうインテリアの特徴を5つ紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

枯れた植物

悪い気を引き寄せやすくしてしまうアイテムとして、枯れた植物が挙げられます。こういった植物をいつまでもベランダに放置してしまうと、自分にとって都合の悪い異性や悪縁などを寄せ付ける原因に…。ベランダには野菜や果物、花などのイキイキとした植物を育てるようにするのがオススメですよ。

また、インテリアとしてありがちなドライフラワーですが、風水の観点で言うと生命力のないものは基本的にNGです。サボテンなどの棘のあるものも、ネガティブパワーを呼んでしまうとされていますので避けた方が良いでしょう。ですが、茎に棘のあるバラなどはOKです。うっかり枯らしてしまいがちな植物ですが、不運を呼び寄せてしまうので気をつけるようにして下さいね。

意外に思うかもしれませんが、鏡の置き場所にも悪運をひきつける原因になることがあります。鏡は、基本的に良くないものを跳ね返す効果があるとされています。けれども、寝室にそのまま鏡を置いておくと、孤独感が増して不倫や浮気に走りやすいと言われています。もし、寝室に鏡を置くのであれば、使わないときはカバーをしておくといいでしょう。

さらに、部屋の中にたくさん鏡を置いてしまうと、常に自分の姿が見えてしまうため、無意識のうちにストレスを溜めてしまいやすいので注意。たとえば寝室であれば、自分の寝姿が映らないようにベッドとは逆方向に鏡を置くといいでしょう。割れた鏡は不幸を招くのですぐに処分するようにしてくださいね。

古いもの・昔のもの

古いものや昔のものも不幸にしてしまうものとして有名です。たとえば、もう日付をかなり経た古いカレンダーは、過去の時間を思い出させてしまうため、人生が逆行すると言われています。また、子供がいる家では、子供のおもちゃなどがいつも散乱しているような状態は、「物事が思い通りにいかなくなる」可能性を高める原因に。

小さな頃に好きだったもので今は興味がないものなどもずっと置いていると、あなた自身の成長の妨げになるので気をつけるようにしましょう。基本的に古いものや昔のものは、使わないことが多いため処分するようにしたほうがいいかもしれませんね。

ぐちゃぐちゃなベット

あなたのベッドやその周辺はぐちゃぐちゃになっていたりしませんか?散乱したベッドもまた、あなたを不幸にしてしまうきっかけに。ベットメイキングなどを怠ると、その日一日の運勢に悪影響を及ぼすとされてします。たとえば仕事上のストレスや面倒事、疲れなどの大きな要因となってしまうなんてことも…。朝起きて、すぐに寝具を整えるのを習慣化しておくと良いでしょう。

ほかには、仕事場や自宅の机に山積みになった書類などがあれば、やる気の減退や不安の増幅、ストレスの原因となってしまいます。仕事中に目につくところは、できるだけキレイに整理整頓させておくことで自然と運気も高まっていくはずですよ。

好きじゃなくなったもの

昔はすごく好きだったのに今はもう好きじゃなくなったものを部屋へ置いておくのも、不幸を呼び寄せてしまうとされています。やり始めたはいいけれど途中で飽きてしまったもの、もしくは一度も全く手を付けていないものはありませんか?興味がなくなったのにずっと家の中に残しておいてしまうと、不安や罪悪感を煽る原因に…。

よくありがちなものの中に、書籍やコレクションが挙げられますが、こういったものも思い入れが薄れた途端、物理的にも邪魔に感じてしまいますよね。何もすべて捨てる必要はないのですが、メモや写真に残しておけば思い出は失わずに済むのでオススメの対処法です。

壊れたもの

壊れたものを部屋においておくことは不幸を呼び寄せてしまう原因となります。たとえば、食器は『富』や『家族』を象徴していると言われており、もし壊れてもう使えなくなってしまったのに置いていると、家族関連のトラブルや失敗を呼び込んでしまうことがありますよ。さらに、壊れたものが時計だとしたら、家族の誰かに不幸をもたらしてしまうかもしれません。

食器に関しては、実用ではなく飾るだけというのも不幸を呼び寄せてしまいます。『使わない=必要がない』ということなので、逆に不安やストレスの原因となってしまうのです。修理できるなら直すか思い切って処分する、趣味ではないからと使わないものは誰かにあげたりするといいかもしれませんね。

こんな口癖してない?①後悔したことを口に出す

あなたが無意識に発してしまう口癖が原因で、不幸を呼んでしまっている可能性があります。たとえば、「○○すればよかった」「○○だったらよかったのに」「○○していれば…」などと過去を気にするような言葉は、良い運気を遠ざけてしまいますよ。

また当然ですが、自分だけでなく周囲の人間や関係者を責めるような発言も、まわりまわって自分に悪運をもたらす原因になります。変えられない過去や他人を貶めるような言葉を何度も繰り返して言っていると、そのたびに古い記憶が呼び起こされ、あなたの前進を邪魔することに繋がります。前向きな言葉を使う人に、良運や素晴らしい出会いが訪れるものなのです。

こんな口癖してない?②ネガティブ発言

過去のこと以外にも避けるべき口癖はあります。中でも、自分にとって嫌なことや都合の悪いことが起きた時に「最悪」「あり得ない」「何なの!?」と言ってしまう人は要注意です。あなた自身がこういったことを言ってしまうのも良くありませんが、周囲にこういったネガティブ発言をよくする人がいれば、なるべく関わらないようにしたほうがいいでしょう。なぜなら、ネガティブな発言や雰囲気は伝染するから。

加えて、陰口や悪口などもNGです。友達と誰かの悪口を言っていると、負のオーラーを持つ者同士で不幸になっていく可能性があります。関わるなら、誰も傷つけないポジティブな言葉を使う人や愚痴などを簡単に吐かない人と行動を共にすると、自然とあなた自身にも運が回ってくるでしょう。

まとめ

あなたを不幸にしてしまうインテリアについて紹介しました。「これもいけないの?」と思ったものもあったかと思います。無理をしない範囲で少しずつ変えていくといいでしょう。基本的には壊れていたり、汚れていたりするものは良くない運を引き寄せるので、なるべく処分してしまいましょう。
いつでも快適に過ごしやすい部屋作りを心がけてみれば、自然と幸運を呼び寄せる部屋になることでしょう。インテリアだけでなく、あなた自身の行動にも気を遣ってみるとより運気アップには効果的ですよ!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム