ライトワーカーとは?
ライトワーカー(Lightworker)とは、他者を明るい方向へ導き、人や地球の「発展、成長、癒し」に貢献することを使命として感じている人のことを指します。「光の仕事人」とも呼ばれています。

ライトワーカーは、「天からのメッセンジャー」としての役割を持っているものの、社会に溶け込めるように記憶がリセットされた状態で生まれてきます。生活をする中で「光の仕事人」としての使命に目覚める人もいますが、自覚がないまま自分の役割を果たそうとする人もいるそうです。

無意識に困った人々を救おうと活動している人は、もしかしたらライトワーカーなのかもしれません。

では、いったいどのような人のことをライトワーカーと呼ぶのか、一緒に詳しく見ていきましょう。

ライトワーカーの種類
  1. ヒーラー
  2. 言葉やエネルギーを使い、傷ついている人や動物を癒すための使命を持って生まれてきている人は、ライトワーカーの中でも「ヒーラー」に分類されます。恐怖や不安を取り除き、人々を癒すために看護師やカウンセラーとして活躍している人も多いでしょう。
  3. メッセンジャー
  4. メッセンジャーはミュージシャンや作家など、芸術家に多いタイプです。天からのメッセージを人々に伝える使命を持っているので、その影響力は計り知れません。必要なメッセージを作品として世に送り出し、人々を良い方向へ導く使命を担っています。
  5. トランスミューター
  6. 人々に希望を与える役割を持って生まれてきている存在です。お笑い芸人や起業家などに多く、ポジティブでパワーがあるため人々の心を癒し、良い方向へ導きます。エネルギーの変換が得意であり、人々を笑顔に変える力を持っています。
ライトワーカーとライトウォーリアーの違い
ライトウォーリアーとは、苦しむ人々を助け、守ることを使命としている人のことを指しています。ライトワーカーと同様の役割を担っていますが、大きく異なるのはそのアプローチ方法です。

ライトワーカーは共感力や包容力を備えているので、相談役として相手の悩みに寄り添い、人々の苦しい気持ちを受け止め癒す力を持っています。

一方でライトウォーリアーは立ち向かい、そして戦うようなパワーと能動性を持っているので、人々を導き改変するような力が強いといわれています。

アプローチ方法は大きく異なるものの、人々の不安や恐れを払しょくし、導くための役割に変わりはありません。どちらのライトワーカーも、お互いを補完し合って人々に光と愛を与えているのです。
ライトワーカーの特徴
  1. ポジティブ思考
  2. 不安を感じる人を癒し良い方向へ進めるためには、自身も前向きなパワーが必要です。人々を導くために自分の力を強く信じているからこそ、何事にも常に前向きです。お笑い芸人や活動家など、ポジティブでパワーのある職業に多いでしょう。
  3. 共感力が高い
  4. 人々を癒し不安を払拭する役割を担っているため、相手の気持ちに寄り添う力に長けています。共感力が非常に高いため、人々の悩みを受け止め、導くようなカウンセラーやセラピストなどに就いている傾向があります。
  5. サービス精神が強い
  6. ライトワーカーは、自分よりも他者を優先する傾向にあります。人々を献身的にサポートするため、看護師や弁護士など、ホスピタリティを持って他人と触れ合い癒すようなお仕事に就いている人が多いとされています。
  7. 直観力が高い
  8. ライトワーカーは宇宙と同調しているため、直観力の高さが特徴の1つです。第六感を持つことで、天からのメッセージを人々に届ける役割を担うのでしょう。占い師やヒーラー、スピリチュアルカウンセラーなどが当てはまるとされています。
  9. 目的意識が高い
  10. 生まれたときからライトワーカーとしての使命を背負っているため、自分の役割や目的をハッキリと認識している傾向にあります。音楽家や小説家など、高い目的意識を持って取り組むような職業に就いていることも多いでしょう。
  11. 自然や動物への関心が高い
  12. ライトワーカーがサポートする対象は人々だけではありません。動物や自然をこよなく愛し、癒すことも使命の1つです。そのため、獣医や飼育員、お花屋さんなど自然や動物と触れ合う職業に就いていることも多いです。
  13. ひどく苦労した経験がある
  14. 生まれながらに「光の仕事人」とされているライトワーカーは、普通の人とは違う困難の多い人生を歩んでいる傾向にあります。その経験を活かし、警察官や弁護士など、人を助け、守る職業に就くことが多いとされています。
ライトワーカー覚醒の前兆
  1. 体調不良
  2. ライトワーカーとして覚醒するときは、波動の上昇が行われます。原因不明の頭痛や吐き気などの体調不良に見舞われることも多いでしょう。理由が分からない体調不良が続くときは、覚醒が近づいているサインなのです。
  3. 眠気
  4. ライトワーカーが覚醒するときは、波動の上昇と共にたくさんのエネルギーが使われます。その量は膨大になるため、回復が追いつかずに疲労感が蓄積されることも少なくありません。少しでも回復しようと、強い眠気に襲われることも多いです。
ライトワーカーに覚醒するとどうなる?
  1. 使命を自覚する
  2. 覚醒すると自分が今、何をするべきかを直観的に感じることができるようになり、ハッキリとした目的意識を持って進めるようになります。ライトワーカーとしての使命を自覚するからこそ、第六感が研ぎ澄まされ、さまざまなことに気が付けるようになります。
  3. 気の合う人達に出会える
  4. 覚醒時は強いエネルギーが発せられるため、膨大なエネルギーを受け止めきれずに人が離れていくことも少なくありません。しかし、同時に波長が合う人たちに出会えるため、交友関係が広がるといわれています。
  5. 好みが変わる
  6. ライトワーカーとして覚醒したあとの分かりやすい変化として、食べ物や持ち物の好みが変わることがあります。ジャンクフードを受け付けなくなったり、好きだったものが苦手に感じてしまったり、まるで生まれ変わったような感覚になることも多いようです。
まとめ
あなたがもし、無自覚に人々を助けようとしたり、動物や自然を愛しているのであれば、ライトワーカーとしての使命を持って生まれてきたのかもしれません。その能力を活かすため、こちらの記事が参考になれば幸いです。
その他のおすすめコラム