彼氏とのLINE……「それ、大丈夫!?」 重要な”頻度”と”内容”を大公開!
彼氏にをめんどくさいって思われていないかな……? 彼氏とのLINEって、どうすればいいのか難しいですよね。 そんなあなたのために、彼氏とのライン、その重要な”頻度”と”内容”についてご紹介いたします。

もともと、男女ではラインの使い方が違う?

実は、男女ではLINEの使い方が異なっているんです! まず女性は、LINEをコミュニケーションの手段として使っています。 あなたも、仲のいい女友達とは、普段からたくさんLINEをしているのではないでしょうか? そして女性は、LINEで雑談するときが多いです。 面白いスタンプを送り合っているだけで、楽しいですよね。一方男性は、LINEを連絡手段として使っています。 男友達同士で雑談としてLINEを使うことって、ほぼないんですよ。 「今から飯行こう」「明日〇〇持ってきて」など、必要なときに必要な内容だけ。内容だけ確認できれば、返信しないことも。 ……こんなふうに、男女ではLINEを使う手段が全く異なっているので、LINEの使い方に悩んでしまうカップルも多いんです。

彼氏がなかなか返信してくれない……それは”ベスト”な「頻度」じゃないからかも?

「おはよう」「今日もお疲れ様」……既読スルー。 彼氏にLINEを送っても、なかなか返信してくれない! 不安になっちゃいますよね。 でも、もしかしたらそれは、あなたがLINEを送る頻度が多すぎるのかもしれません。 先ほどお伝えした通り、男性はLINEを連絡手段として使用しています。 ですから、いきなりコミュニケーションとしてLINEを使うことを求められても、なかなか難しいんです。 ほとんどの男性は頻繁にLINEをする習慣がありませんから、あなたからのLINEが来ても、「返信する」という行動を取るまでには大変なんですね。 「ちょっとの手間じゃん!」と思ってしまうかもしれませんが、そのちょっとの手間でも男性は「めんどくさい」なんて思ってしまうんです……。

既読スルーやスタンプ返事は信頼の証

彼に連絡しても、既読スルーやスタンプばかり……そんなに好きじゃないのかな?と思ってしまうでしょう。 しかし、彼氏はすっかりあなたに心を許している証拠なんです。 なぜなら、既読スルーやスタンプだけというのが、「本来の彼」だから。 実は男性も、女性とLINEするときは気を使っています。 女性は長文やマメなLINEを求めるというのを知っているからこそ、なるべく期待に応えようとするんですね。 特に、まだお互いに信頼関係がない状態だと、嫌われないようにと一生懸命、当たり障りのないLINEをしてくるんです。 でも、「この子になら素を見せても嫌われないだろう」と思ったとき、普段のLINEに戻るわけですね。 付き合ってからLINEがそっけなくなったのは、信頼されている証なんです。

〈 GOOD! 〉 ユーモアのあるやりとりが大事

彼氏とのLINEをするときには、ユーモアのある内容が大切になってきます。 確かに付き合ってから日が浅い状態だと、ラブラブなLINEばかり送りたくなってしまいます。 「好き!」「俺もだよ」……なんてやり取りをしていると、ニヤニヤしちゃいますね。 でも、ラブラブなLINEばかりだと、いつか飽きられてしまうかも。 だからと言って、日記のようなLINEは「返信する意味あるの?」「めんどくさいな」なんて思われてしまう可能性があります。 たまにはやり取りしていて面白くなってしまうようなLINEをしてみて下さい。 例えば、面白い画像を送ってみると、彼氏も楽しい気持ちで返信したくなってしまいますよね。 「好き」の気持ちは直接会ったときに伝えるようにしましょう。

〈 GOOD! 〉  文章はなるべく短く

大好きな彼氏には、LINEで伝えたいこともたくさんありますよね。 でも、あまりにも長文を送ってしまうと、返信がめんどくさいと思われてしまうかも。 気軽に送れるLINEだからこそ、なるべく短い文章を心がけてみて下さい。 1回のLINEにいくつもの話題が含まれているのはNG。 忙しい時にズラーっと並んだ文章を見ると、「一旦寝かせておこう……」と既読スルーになってしまう原因にもなります。 1回の内容は少なくても、やり取りが続くほうがいいんです。 また、男性の中には彼女の文章量に合わせてくれる人もいます。 実は長文が苦手だった場合、だんだんLINEが苦痛になってしまいますから、あなたの方から思い切って短めの文章に変えてみて下さい!

〈 GOOD! 〉  返信しやすい内容を意識する

彼が返信しやすい内容を意識するのが大切。 「今日はこんなことがあったよ」「明日仕事嫌だな」など、日記みたいな内容はもってのほかです! ちなみにそういった文章を読んだ時の男性は、「へえ、そうなんだ」と思ってそのまま既読スルーのパターンが多いです。 気を使ってスタンプくらいは送ってくれるかもしれませんが、それでは続かないですよね。 ですから、彼が返信したくなる内容を心掛けてみて下さい。 王道のテクニックとしては質問形式。 「〇〇なの?」と質問で送れば、必ず返信してくれますよね。 あとは、彼氏が好きなものについての話題を振るのもオススメ。「好きって言ってた〇〇、テレビでやってたよ!」なんて写真付きで送れば、返信したくなるのは確実です!

〈BAD〉 返事の催促はNG!

彼氏とLINEをしているときのNG行動としては、返事を催促すること。基本的に男性は、1つのことしか考えられません。 仕事に集中しているときには、彼女とのことはもちろん、趣味や友人とのことも頭から抜け落ちてしまうんです。 ですから、忙しくて手が離せないとき、「あとでいいか」とLINEの返信を先延ばしするときがあります。 あなたからすると「どうして返信くれないの?」と不安になってしまうかもしれませんが、それで返事の催促をするのは逆効果。 「今は仕事モード」のときに追撃LINEが来ると、ますますめんどくさいと思ってしまうんです……。 ですから、彼氏とLINEをするときには、返信を気長に待つつもりでいて下さい。

〈BAD〉  深読みしすぎないこと

男性は、文章で気持ちを伝えるのが少し苦手。 ですから彼氏とLINEをしているときにも、モヤっとすることを言われるかもしれませんが、深読みはしすぎないようにしましょう。 例えば、いつもよりもそっけない内容だった場合。 「私のこと好きじゃなくなったのかな?」なんて考えてしまいますが、実は仕事が忙しいだけだったりします。 恋愛をしていると、相手の行動を深読みしてしまうことって多いですよね。 LINEの返事は来ないのにSNSは更新してる…とか、もう仕事は終わってるはずなのに連絡がない!とか。 でも、LINEの内容だけで彼の本心を探るのは意味がありません。なぜなら、男性はLINEをコミュニケーションツールとは思っておらず、気持ちとLINEの内容が一致しないことも多いからです。

不安になったら……電話や顔を合わせて話してみよう

でも、彼氏とのLINEで不安になってしまうこともたくさんありますよね。 そんな時にはLINEではなく、電話や顔を合わせて話をして下さい。不安になるとつい、LINEで思っていることを伝えて、話し合いたいと考えてしまうかもしれません。 しかし、彼氏と話し合うのにLINEを使うのは良くないんです。 文章だけだとお互いが本当はどう思っているのかわからず、ずっと勘違いが続いてしまうかも……。 LINEは気軽にやり取りができるものの、文章だけでは伝わらないことはたくさんあります。 ですから、大事な話は直接、もしくは電話で行うようにしましょう。 彼氏も、あなたがそれほどまでに悩んでいることに気づいていないかもしれません。

さいごに

そもそも男女でLINEに対する考え方が違っているので、彼氏とのLINEも上手く行かないのは当たり前。 でも、それを乗り越えてお互いが無理なくLINEを続けられるようになれたら、すごくいい関係を築けそうですよね。 会えない間も繋がっていられるLINEは、今後もぜひ活用していきたいものです。 ただ、LINEは気軽にコミュニケーションが取れる便利な手段ですが、くれぐれもLINEばかりに固執せず、彼との関係を上手く続けていって下さいね!

その他のおすすめコラム