【不倫?】既婚者同士の片想い…見逃せない相手のサイン5つ
お互い既婚者同士だけど、好きになっちゃった……。 諦めるべきか思い続けてもいいものか、迷ってしまいますよね。 この記事では、既婚者同士の片想い……あなたにできる行動と相手のサイン5選をご紹介いたします。

①まずは相手の気持ちよりも、自分の気持ちを整理する

気になる彼は既婚者、私のことどう思っているのかな? 気になりますよね。でもちょっと待って下さい!相手の気持ちを考えるよりも、まずはあなた自身の気持ちを整理することから始めましょう。まず、本当にあなたは彼のことが好きなのかどうか。例えば旦那さんと上手く行っていなかったり、マンネリ化していたりするせいで、新鮮な関係に憧れているのではないでしょうか?

また、既婚者同士の禁断の片想いという事実だけでドキドキしているということはありませんか?そして、このまま思い続けるというのは最終的に両想いになりたいということ。それはすなわち、不倫関係になるということですよね。あなたは彼と不倫をしたいのか、それとも今の関係のままでいたいのか、よく考えてみて下さい。

②アプローチして様子を見てみる

やっぱり彼が好き!と思った場合、まずはアプローチをして様子を見てみるのも1つの手です。本来であれば、既婚者同士の恋愛はいけないこと。ただ、正直な話、男女の関係になりさえしなければ、まだ戻れそうな気がしませんか?ですからアプローチをするだけなら自由だということ。あなたが彼を好きだとしても、もしかしたら彼のほうはその気が全くないかもしれません。その場合、今これほどまでに悩む意味はありませんよね。関係性を考えるのは、彼にも脈がありそうに思えてからでもいいかもしれませんね。

それに、アプローチをしていくうちに、あなた自身気持ちの変化があって、諦められるかもしれません。ただ、くれぐれも周囲に迷惑がかからないようにアプローチしてみて下さいね。

③彼以外の魅力的な人を探してみる

もしかしたらあなたは、片想いをする相手は彼じゃなくてもいいのかもしれませんよ。今の環境やあなたの家庭状況のせいで、彼が魅力的に見えてしまうのかも。例えばですが、仕事ができるというだけでカッコよく見えてきますよね。

でもプライベートで出会っていれば、ただのオジサンとしか思わなかったかも……。彼以外の異性にも目を向けてみることで、客観的に彼がどれだけ素敵な人なのか、判断してみて。身近な人でなくとも構いません。アイドルやアニメのキャラクターでもいいんです。むしろそういった手が届かない人に恋をすることで、彼を諦めることができるかもしれませんよ。夫婦生活が長くなってくると、刺激がなくなってしまいます。あなたは片想いのドキドキを味わいたいだけかも。

④もしかして、向こうも脈アリかも?

彼が脈アリかどうかを知る方法をいくつかご紹介していきますね。基本的に既婚者だったとしても、普通の男性と同じような脈アリサインが多いです。例えばよく目が合うという場合、彼はあなたのことを意識しているかもしれません。

また、頻繁に話しかけてきたり、食事に誘ってきたりと、とにかく関わりを持とうとしてくるでしょう。そして、これは既婚者の男性だけに言えることなのですが、「奥さんの愚痴をよく話してくる」というサインがあります。好意を持っている女性の前では、奥さんとラブラブな様子を話そうとはしないんですよ。むしろ悪く言ってきたりします。奥さんの愚痴を言ったあとに「君はそんなことはないのに」と、あなたを褒めてくるようであれば、ほぼ確実に異性として狙っています。

⑤思い切って気持ちを打ち明けてみる

どうしても彼のことを好きで仕方がない場合、思い切って気持ちを打ち明けてみてもいいかも。あなたが諦めると決めたとしても、ずっと気持ちを隠し続けるのは辛いですよね。ダメだとわかっているとなおさら、彼のことで頭がいっぱいになってしまうのではないでしょうか。それならばいっそ彼に告白をして、今後の関係を決めてもらってもいいでしょう。

もしお互い両想いだったとしても、彼は不倫をするつもりはないかもしれません。また、そもそもあなたに対して気持ちはない可能性だってあります。彼がどう思っているのかは、告白してみないとわからないんです。あなた1人ではわからないことを延々と悩んで生活に支障をきたすよりは、思いを告げてスッキリさせるという方法も考えてみて下さい。

さいごに

結婚していたとしても、別の人を好きになってしまうこともあります。時期や環境によって人の気持ちは変化していくので、仕方がないことだとも言えるでしょう。
ただ、たとえ既婚者同士で片想いをしてしまうのは止められないとしても、不倫関係に発展するかどうかは、くれぐれもよく考えてから判断してみて。あなたや相手の家族のことがあるというのはもちろんですが、あなた自身が辛い恋となってしまわないかどうかを重視して下さいね。

その他のおすすめコラム