本当に好きなの……? 好きか分からなくなる瞬間と自分の気持ちを確かめるポイント

あの人のこと、本当に好きなのかわからなくなってきた……。自分でも自分の気持ちが理解できないときってありますよね。
この記事では、相手のことが本当に好きかわからなくなる瞬間と、自分の気持ちを見つめ直す方法についてご紹介します。

本当に好きかわからなくなる瞬間 気になる人が他に現れたとき

あの人のことが1番好きなはずだったのに、どうしても他に気になってしまう異性がいる。そんな時、あの人を本当に好きかわからなくなるようです。 あの人を好きになった当初は、この気持ちは永遠に続くと思っていましたよね。これ以上魅力的な人は絶対に現れないと確信もしていたでしょう。しかし、最近になって他の異性が気になる……。 もしかしたら、その異性はあの人とは全く異なるタイプなのではないでしょうか? あの人とかけ離れているからこそ、余計に気になってしまうんですよね。あの人と比べてしまうときもあるかもしれません。もしその異性があなたのことを好きでアプローチをしてきているのであれば、あの人との間で気持ちが揺れ動いてしまう可能性も。

本当に好きかわからなくなる瞬間 すれ違いが増えたとき

あの人とのすれ違いが増えてきたとき、本当に好きなのかわからなくなってしまうでしょう。好きな人のためなら、何でもしてあげたいと思いますよね。 そして、あの人からも好きでいてほしい、いい関係でいたいと思うのは当たり前。でも、関係自体が上手く行っていない状態では、好きの気持ちも薄れてきてしまうかも。 普段なかなか会えない、会ってもあの人は素っ気ない……このまま好きでいる意味ってあるのかな?と考えてしまいますよね。環境や立場が変わって今まで通りに関わりが持てなくなってくると、本当に好きなのかわからなくなってしまいそう。距離も時間も離れてしまうと、昔と同じような気持ちで居続けるのは難しいですよね。

本当に好きかわからなくなる瞬間 恋愛をしている自分を客観的に見てしまったとき

恋愛をしている自分を客観的に見てしまったときに、「本当にあの人のこと好きなのかな?」と悩んでしまうことになるかも。 好きになるのはあの人じゃなくてもいいのかも、と気づいたときですね。例えば仕事ができる人ってカッコいいですよね。自分の仕事をこなしつつ、周りのフォローもきっちりとしてくれる上司のことを気になってしまうかもしれません。 ただ、もしかしたら「仕事ができて、あなたを助けてくれる人」が好きだったわけで、実は改めて上司を見てみるとただのオジサンだった、と冷めてしまうかも。 他にも、恋人がいる人を見ていると、恋愛に慣れていそうでドキドキするときがあるかもしれません。でもそれは、他の人のものを奪いたいと思っているだけの可能性も。

本当に好きかわからなくなる瞬間 不満が募ってきたとき

あの人との関係を続けていく上で、不安が募ってきたとき。本当に好きなのかわからないと思ってしまいますよね。 恋をした当初は見えていなかったあの人の欠点や現実的な部分が、今は気になっているのではないでしょうか? 一度気になると、他の問題点もボロボロと出てきますよね。今ではあの人の長所よりも短所ばかり目についてしまうようになったら……もう、前のように真っすぐに好きとは言えなくなってしまうでしょう。 これは、ある程度気持ちが落ち着いて、あなたが現実をしっかりと見られるようになったから。 現実を見据えつつ相手を好きでい続けることは可能なのですが、あなたは今、あまりにも問題点が多すぎて不安になっているのかもしれませんね。

自分の気持ちを確かめるためのポイント 一緒にいて心地良いか

あなたがあの人のことを本当に好きなのか確かめるポイントとしては、一緒にいて心地良いかというのが1つの判断基準となります。好きという気持ちにも、種類があります。 確かに今は、好きになった当初の新鮮な気持ちはないかもしれません。ただ、一緒にいて落ち着く、癒されるという安定した「好き」もあるんですよ。 あの人と一緒にいるとき、あなたは自然体のままでいられるでしょうか? 何だか落ち着かない、常にイライラしている……という場合、もしかしたらすでに気持ちは失われているのかもしれません。ちなみに「何とも思わない」というときだって、心地良いということですからね。 すでにあなたとあの人は、家族のようにお互いがいて当たり前の関係になっているのかも。

自分の気持ちを確かめるためのポイント 将来2人暮らしている想像がつくか

あなたがあの人を本当に好きなのか確かめるために、将来2人で暮らしている想像をしてみて下さい。 ……具体的に想像できましたか? 2人はどんな生活を送っていたでしょうか。もしあなたにとって理想的な家庭を想像できたのであれば、大丈夫、あなたはあの人のことを今でも好きですよ。 家庭を作るには非常に苦労しますし、あなたの今後の人生は、全てその家庭にかかっているわけです。そんな重要な場所をあの人と一緒に作るイメージができれば、今後もあの人とは一緒にいるべきです。 ただ、2人で暮らす想像が全くつかないという場合、あなたとあの人との絆はまだそれほどまで深くはないかもしれません。 「2人では暮らしたくないな」と思ってしまったのであれば……あなたが描く今後の未来にはあの人がいないということになります。

自分の気持ちを確かめるためのポイント 身近な人に紹介したいと思えるか

あなたがあの人を身近な人に紹介したいと思えるのであれば、本気で好きだという判断はできそうです。 親や友人に紹介するというのは、相手にあなたのプライベートも知ってほしいという意味があります。 あなたが今までどんな人に育てられてきたのか、どんな人と遊んできたのかを見せられる相手というのは、かなり信頼していないとできません。それに、あなたの身近な人々には、危害を加えたり、嫌な思いをさせたりする人とは会わせたくないですよね。 また、あの人の評判がそのままあなたの評価となっていきますから、不安なままでは紹介はできないでしょう。安心して周囲に紹介できる存在かというのが、本当に好きなのか判断する基準となってきます。

自分の気持ちを確かめるためのポイント 欠点も愛せるかどうか

今からあの人の欠点を思い浮かべてみて下さい。……それらの欠点も一緒に愛することができますか? もし欠点も愛せるのであれば、あなたのあの人への思いはかなり強いですよ。それほど気持ちが強くないうちは、欠点を見るとたちまち冷めてしまうでしょう。 もしかしたらあなたも、あの人の欠点を見てガッカリしたことがあるかもしれませんね。 しかし、もしショックだったとしても、その欠点を許せるでしょうか。 嫌だと思っても、あの人に指摘して一緒に直せる覚悟はありますか? あの人にどうしても許せない欠点があるのであれば、これからの関係はあまり長く続かないかもしれません。1つの欠点が、2人を引き裂く原因にもなりうるんですよ。

自分の気持ちを確かめるためのポイント 一緒なら困難が有ってもいいと思えるか

あの人と一緒なら困難があってもいいと思えるなら、あなたは本当にあの人を好きだと思っていいでしょう。 お付き合いは楽しいことばかりではありません。時には喧嘩をしたりすれ違いが起きたり、辛い思いをすることもあります。 また、例えばですが、あの人が遠くへ引っ越してしまうかもしれません。急に仕事を辞めて、無一文になってしまうかもしれません。そんな時にあなたは、今後もあの人と関係を続けられそうでしょうか。 楽しいことしか起きないのであれば、大抵の人はずっと相手のことを好きでいられます。 相手を本当に好きなのかどうかを判断するためには、困難や苦労を一緒に乗り越えられる相手なのか、ということが重要なんですよ。

自分の気持ちを確かめるためのポイント スキンシップを受け入れられるか

あなたは今、あの人からのスキンシップを受け入れられるでしょうか? 急に触れられたり、抱きしめられたりしたら……思わず拒否してしまうようだと、すでにあなたはあの人を生理的に受け付けていない状態にあるのかもしれません。スキンシップは、お互いの関係を良好に保つための重要な手段です。相手が好きだと自然と触れていたいと思いますよね。 たとえ何年一緒にいたとしても、本当に好きであればスキンシップは苦ではないでしょう。 もし嫌だと思ってしまったら、遺伝子レベルであの人を拒否している可能性があります。我慢して受け入れているだけでは改善はしなさそうです……。 あなたがあの人を受け入れられない原因となった出来事があるはずですよ。

さいごに

「本当に好きなのかわからない」と悩んでいる時点で、もしかしたらあなたの気持ちはすでに薄れているのかもしれません。 このまま無理してあの人のことを好きでい続けようとしても、余計に気持ちは離れていくばかり。 もし今後もあの人と関係を続けていきたいのであれば、まずは根本的な原因を解消させることから始めてみましょう。あなたが悩むキッカケとなった出来事が必ずあるはずです。 最終的にはあなた自身が納得できる答えを出してみて下さいね。
カテゴリーから探す